建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

家づくり・リフォーム 相談会
「原価でつくる家づくり」の説明 住宅相談会のご案内

8月26日(土)10:00~ 14:00~
8月27日(日)10:00~(予約済み) 14:00~

無駄が削れる、価格が見える 建て主のメリットを最大化する家づくり

品質が見える、価格が見える、過程が見える、作る人の顔すべてがわかる家づくりを実例を交えながらご紹介します。
リフォームや店舗、事業所等にも対応しています。

分離発注(オープンシステム)で完成した家
IMG_5907A_R_201708221733241d8.jpg
金山の家 外観

IMG_8470_R_201708221733263a1.jpg
金山の家 居間から厨房方向

IMG_8547_R_20170822173327c21.jpg
金山の家 食堂から厨房・居間方向

IMG_8529_R_20170822173329000.jpg
金山の家 オーダーキッチン

IMG_8590_R_20170822173330fbb.jpg
金山の家 和室

参加費無料です。
予約制となりますので申し込みは電話かメールにて前日までにご連絡ください。
内容は省エネ住宅、家づくりのコスト、工事への参加、分離発注等です。
スポンサーサイト
アプローチ
IMG_9266_R_20170822084036696.jpg
アプローチを進むとポーチ入り口手前に建て主さんの心づかいが暖かく迎えてくれます。
自転車のオブジェはご主人の実家から譲っていただいたそうです。
オブジェと手入れをされている花がポーチのコンクリート壁をバックにセンス良く置かれています。
家に入る前から楽しんで生活している様子がうかがえます。

自転車オブジェ上の四角は郵便ポストです。
コンクリート型枠組立時にポストの大きさ+コーキング幅の開口を開けてコンクリート打設を行いました。
ポストを取り付けたのは竣工間際に左官工事で固定、その後周りにコーキング工事を行いました。
ポストの選定は設計時に購入予定の機種を決め、施工方法や使い勝手の検討を行い外部から見てバランスの良い位置に検討しました。

ポスト上の丸は建て主さんが地元の作家さんにお願いしたオリジナルの表札です。
四角いポストに自転車オブジェの車輪と合わせたように、さりげなくセンス良く取り付けられています。

IMG_9268_R.jpg
駐車所とポーチコンクリート壁の間は花壇用のポットが埋め込み出来るようにしてありました。
埋め込まれていると地面にそのまま花が咲いているようで奇麗ですし水やりや花の手入れも楽そうです。
また、花の時期が終わったら次の花の入れ替えも楽そうです。

原価でつくる家づくりセミナー
納得のいく仕様の建物が予算内で、賢く建てるオープンシステム(分離発注)の家づくり
建て主のメリットを最大化する建築手法

8月26日(土)10:00~ 14:00~
8月27日(日)10:00~(予約済) 14:00~

品質が見える、価格が見える、過程が見える、作る人の顔すべてがわかる家づくりを実例を交えながらご紹介します。
内容は省エネ住宅、家づくりのコスト、工事への参加、分離発注等です。

IMG_7839A_R.jpg
趣の家

IMG_8081A_R_20170817095527d96.jpg
趣の家 ポーチ

IMG_8049_R_2017082113353916e.jpg
趣の家 2階居間・食堂

IMG_8043_R_2017082113353840a.jpg
趣の家 2階居間・厨房方向

リフォームや店舗、事業所等にも対応しています。

参加費無料です。
予約制となりますので申し込みは電話かメールにて前日までにご連絡ください。
外観3
IMG_6398A_R.jpg
竣工時、南側夕景です。
カーテンを閉めた場合でも、うっすらと漏れる明かりが室内の温もりを感じさせてくれそうです。
居間前のデッキには外部スポットライトを設けました。
あたりが暗くなってからでも居間や食堂の明かりとデッキのスポットライでバーべキュウなどできます。

IMG_6243_R.jpg
南西側からです。
南西方向は隣家の庭と家庭菜園があり、隣家との距離はある程度離れているため視線が気になるという事もありません。
2階のベランダ方向外壁は西日除けと雨じまいを考えベランダ先端まで袖壁を付けました。
袖壁下の1階は西日除けと目隠しの他に風通しを考え木製格子としました。
西側の濡れ縁は休日には洗濯物干し場として活躍しますので、東から南に掛けての風が通りやすいようにしました。

外観2
IMG_6360A_R.jpg
竣工時の北東方向からです。
北東角にはポーチから出入りする食品庫兼勝手口があります。
ここは外張り断熱で囲った後に、室内との仕切り壁にも断熱材を入れ外部と室内の中間領域のようにしました。
冬季の室内は高気密高断熱の家づくりによって、床下暖房により家全体が温度差なく温まります。
そうすると、土物の野菜や果物が傷みやすくなるため室内ほど暖かくなく、氷点下まで下がる外部ほど寒くない場所が必要になります。
厨房の隣に勝手口を兼ねて暖房区分の外に食品庫を設けると便利です。

IMG_9271A_R_20170818083158249.jpg
南東側からです。
竣工後、隣地擁壁や駐車場工事、造園工事が終わり新緑と共に庭の芝が奇麗な色になってきました。
1階食堂と居間南側の掃出し窓を出ると長さ3.75間、奥行き1間の濡れ縁があります。
屋根はさらに1メートル出ているので、風が強くなければ雨の日でも濡れません。
この場所は居間や食堂の延長として食事やお茶をしたり、お子さんの遊ぶ場所としても活躍しそうです。