FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

軒天張り 天井断熱材
DSC05109_R.jpg
外物置はラス板張りが終わり、軒天やポーチ天井に先塗りした杉縁甲板張が進んでいます。

DSC05112_R.jpg
住宅部分は軒天ボード張りが終わりました。

DSC05122_R.jpg
室内は天井断熱材張りが進んでいます。
垂木間に高性能グラスウールを充填し、垂木下にネオマフォームを張り上げます。
ネオマフォーム継ぎ手と木部取り合いは気密テープ貼りを行います。

DSC05127_R.jpg
床下は設備配管の立上り部を行いました。

木工事は外部が終わると室内の天井断熱と天井板張りに進みます。
外部は左官工事のラス網張りに入ります。
スポンサーサイト
天井杉板張り
DSC05096_R.jpg
天井杉縁甲板張が始まりました。
居室や玄関などの天井板は節の少ない上小材の杉縁甲板を張ります。
現場で張る前に建て主さんに蜜蝋ワックスを先塗りしてもらいます。
先塗り時に白太の板と赤白の混ざった板に分けながら塗り、白太の奇麗な板を居間・食堂・畳コーナー・厨房の天井に使うようにしています。
赤白の板は腰壁に使用します。
先塗りしながら仕分けることで、統一感のある奇麗な天井に仕上がります。

DSC05098_R.jpg
造作工事が始まりサッシ枠が取り付きました。

DSC05097_R_2018120817383590f.jpg
建て主さん工事で断熱材の切断した残材を壁に付加断熱として貼っててもらっています。
断熱材の残材は産業廃棄物として処分する所を、建て主さん工事として室内側に貼れば断熱性能も高まります。
間柱間に両面テープで貼っていきます。
両面テープは建て主さんが直接建材として購入しているので、不足になったら追加すれば良いので自由に使ってもらっています。
これは分離発注だから出来ますが、一括発注の場合元請け業者さんの物なので何事も自由には出来ません。

軒天張り、天井断熱、水切り取付
DSC05018_R.jpg
軒天張り工事が始まりました。
破風板の溝が板材の乾燥により幅が狭くなったところがあるので現場で溝を広げる作業をしています。

DSC05016_R.jpg
軒天ボードを張った所です。

DSC05027_R.jpg
室内は天井断熱材入れに入りました。
雨の日は外部で工事が出来ないため、室内の工事になります。
天井断熱材入れが終わると天井板張りに入ります。

DSC05014_R.jpg
外部板金工事はサッシ上水切り取付が終わりました。

DSC05006_R.jpg
左官工事に取りつける水切りや梁笠木板金なども取り付けが終わりました。
通気縦胴縁、畳下地荒床、棟板金
DSC04997_R.jpg
木工事外部は通気縦胴縁留め付けが進んでいます。
サッシ周上の通気溝付き胴縁や防虫網取付、通気胴縁留め付けビスの間隔など確認しました。

DSC04976_R_20181204114907370.jpg
室内は畳下地荒床張りになりました。
木工事の室内での作業スペースになります。

DSC05001_R.jpg
屋根板金工事は棟換気部の工事に入っています。
軒先から入った空気が暖められ自然に上昇して棟部分から排出されるので、熱を逃がすと共に湿気が溜まらないようになります。

DSC04979_R.jpg
室内床下は配管工事が済みました。
青い配管は給水管、赤が給湯管です。
排水管の工事も立ち上げ近くまで行っておきます。
キッチン排水は耐熱塩ビ管を使用し、熱湯を流しても配管の劣化が進まないようにしてあります。
システムバス設置
DSC04967_R.jpg
システムバスの組立、設置を行いました。

DSC04972_R_2018120114245771a.jpg
事前にシステムバス回りの負荷断熱(建て主工事)を先行していただきました。

DSC04959_R.jpg
大工工事は屋根断熱工事が進んでいます。

DSC04968_R.jpg
外部の工事は養生中です。