FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

軒天張り、天井断熱、水切り取付
DSC05018_R.jpg
軒天張り工事が始まりました。
破風板の溝が板材の乾燥により幅が狭くなったところがあるので現場で溝を広げる作業をしています。

DSC05016_R.jpg
軒天ボードを張った所です。

DSC05027_R.jpg
室内は天井断熱材入れに入りました。
雨の日は外部で工事が出来ないため、室内の工事になります。
天井断熱材入れが終わると天井板張りに入ります。

DSC05014_R.jpg
外部板金工事はサッシ上水切り取付が終わりました。

DSC05006_R.jpg
左官工事に取りつける水切りや梁笠木板金なども取り付けが終わりました。
スポンサーサイト
外観・庭
IMG_9845A_R.jpg
外構と植栽工事が終わり建物と道路との視覚的な距離感が生まれました。
駐車スペースは設計時建て主さんから居間から車が見えない位置に駐車したいとの希望要望がありました。
ポーチ近くで居間から見えない位置に駐車スペースを配置し、アプローチのスペースを確保した建物配置としました。

IMG_9857A_R.jpg
南へ伸びる道路からです。
南道路からは正面に居間の開口部が見えますが、植栽の無い時でもガラスの反射で室内の様子はほとんどわかりませんでした。
植栽が出来、緑の葉が出ると木々がガラスに映り一層室内が見えにくくなります。

一年目の植栽は枝葉を詰めて植えるのでまばらですが、根が張り始めるとぐんと成長するので木々の間から建物が見えるようになります。

IMG_9846A_R.jpg
南東側からです。
南東には来客用の駐車スペースを設けました。
また、東に薪置き場があるため薪搬入時の駐車スペース用でもあり、将来薪運搬用の軽トラック置き場にもできます。
基本設計模型2
IMG_5290_R_201803210910487aa.jpg
南西側からです。
道路から見ると1.4m位上がった所が室内床の高さになります。
床が上がることにより平屋ですが全体を見上げるような外観になります。

IMG_5288_R.jpg
南道路東側からです。
東西に長い敷地のため南面した部屋が並び長い平屋になっています。
奥行きは一番長い東面で3間半、西に向かってだんだん狭くなり1間の奥行きになりますが、細く見えないようにポーチや外物置を回し同じ3間半の奥行きにしています。

IMG_5279_R.jpg
北東方向からです。
北は現在使用されていない店舗があり、どのように変わるかわかりませんでした。
北側は明るさを必要とする部屋は無いので、家全体の風通しと暗くならない程度の開口部で良いため小窓をなるべく高い位置に付けました。
屋根のすぐ下についているのは風通しを主な目的とした窓です。
高い窓ののため夏の夜間開けておいても防犯や覗かれるなど心配いりません。