建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

計画案提出
計画が始まると敷地と周辺の模型を作ります。
周囲の建物の位置や大きさは現地測量の時におおよその位置と写真を撮ってきます。
写真と測量時のデータを元にボリューム模型を作り配置してみます。
そうすると、敷地周辺の建物の大きさや配置が分かり、周辺環境と計画する建物の関係が少し見えてきます。

1392809900.jpg

計画案Aの配置です。
敷地と道路の高低差の解消のため、建物配置を道路から距離を取る事にしました。
吹抜けを含んだ2階建てです。

1392809868.jpg

道路南側からです。
道路から距離を取る事により、一段上がった敷地に建つ2階の圧迫感をなくします。
道路側に妻壁を持ってくることにより、地域の景観になじむようにしました。

1392810050.jpg

道路北側からです。
北側は隣地建物により道路側の一部が見えます。

1392809856.jpg

計画案Bの配置です。
B案は一部2階の大屋根作りです。2階の居室と1階の居室が吹抜けを通してつながる案です。

1392809880.jpg

道路南側からです。
道路側の軒先を下げる事により圧迫感をなくします。また、道路側から見ると平屋のようにも見えます。

1392809890.jpg

道路北側からです。
屋根の一部が見えるのでこちらからは平屋に見えます。

1392810060.jpg

計画案Cです。
平屋案は1階の床面積が広くなり、建物配置が敷地に対して東西にいっぱいになります。

1392810077.jpg

道路南側からです。
平屋のため道路側に近接しても圧迫感はありません。
道路と敷地の高低差をどこで解消するのか、色々な検討事項が出そうです。

1392810083.jpg

道路北側からです。
こちら側からも平屋のため屋根の一部が見えるだけです。

計画案の検討は間取りが中心ですが、室内の間取りだけ考えるのではなく、周囲の建物や周辺環境なども一緒に考えると、その敷地にとってどのような形・間取りが住みやすいか見えてきます。


スポンサーサイト
厨房
1363681455.jpg

キッチンは畳コーナーに向って対面式の配置です。キッチンに立つと畳コーナーでくつろいでいる家族が見え、窓の外には一面緑になった芝庭が見えます。
キッチンに平行してダイニングテーブルが並んでいるので、配膳や片づけは最短距離で行えます。

キッチンはレンジフードと共にメーカーのシステムキッチンとしました。
システムキッチンにするかオーダーキッチンにするかは、建て主さんの希望と平面計画によって決まってきます。
システムキッチンを採用する場合は、キッチンにそれほど予算を掛けないでその分を他に回す場合と、システムキッチンの至れり尽くせりの収納が建て主さんの使い勝手に合っている場合です。
太陽光の家の場合は、太陽光パネルをなるべく多く乗せたいために、設計当初からキッチンや浴室は既成システムで対応することにしました。

設計中にキッチンメーカーショールームにて仕様を決めてもらいます。キッチンのあまり予算を割けない場合、廉価グレードの仕様にしてもらいます。
工事途中で予算に少し余裕が出来た場合、キッチン発注前にもう一度ショールームへ行って、最初はあきらめていた物など復活することが出来ます。

1363681439.jpg

食器棚と家電調理器具収納はキッチンの反対側、写真左の扉の中にあります。
9尺の長さを3本引き戸とし、2本分を食器棚と家電調理置き場、残りの一本分は収納になっています。
3本引き戸としているので、扉の厚さは出ますが2本分6尺の幅がフルオープンになります。

食器棚の考え方は建て主さんの好みにより、全て隠す場合と食器のみ隠し調理家電は棚上に置く場合に分かれます。
全て隠す場合、扉の中は棚だけとなり扉を開くと食器から調理家電まですべて見えます。
調理作業中はオープンにして使いますが、その他の時間は扉を閉めてしまえば見えなくなります。
床から天井までの扉になり壁のように感じますので多少圧迫感はありますが、閉めると生活感が目に入らなくなります。

建築士のための総合研修講習会
1331973183.jpg

昨日は前橋にある群馬県建設会館ホールにて「すべての建築士のための総合研修」講習会を受けてきました。
午後1時から5時20分まで建築基準法や建築士法などの法制度の講習と木造2階建て住宅の構造についての講習でした。
耐震偽装からめまぐるしく変わった法関係の説明と木造住宅の構造について力の流れ方など説明を受けました。
日常の業務に少しでも役に立てるように眠い目をこすりながら聞いてきました。

食堂から厨房
1329564816.jpg

食堂から厨房方向です。
ダイニングテーブルとアイランド形のキッチンが隣り合って、食事の支度や片付けに大変便利です。
食卓の向こうにはキッチンから並んで、食卓で直ぐに使用する調理家電を置く場所になっています。
棚下の収納は、家のこまごまとした収納場所になっていて、食卓を机代わりに作業をするときなど便利なようです。

1329564842.jpg

ダイニングテーブル越しにキッチンから水廻り方向です。
水周りと個室への動線は、右のキッチン側をまっすぐ行くと洗面コーナーから脱衣・浴室になり、左のキッチン前を進むと本棚収納を通り、脱衣か個室方向に向かいます。
動線の要にキッチンと食堂があり、家族が集まるところとなっています。

1329564872.jpg

引越し前の夜の雰囲気です。
土間側の障子を閉めると照明の明かりが反射してより明るくなり、より囲われた空間が暖かさを感じます。
夏は土間まで開放した広い空間で食事が気持ちが良いと思いますし、冬の夕食は障子を閉めてお鍋など囲めばより一層温かみが増すような気がします。


木工事 軒天張り・床板張り 電気工事
1301757601.jpg

外部木工事は軒天杉板張りが始まりました。
軒天板は12月の基礎着工時から建て主さん実家の倉庫で塗り始めました。節有りの1等材を塗る前に、節の多い板と少ない綺麗めな板に分けてから塗り始めました。
節の多い板を目立ちにくい軒天に張り、中間の板を外壁に、綺麗な板は室内用にしました。
仕分けする場所とストック場所がある場合は、先塗り前に仕分けすると節の少ない板が室内に使用できます。

1301757608.jpg

無垢床板が搬入されたので、床板張りが始まります。
大工さんと床張り方向や敷居溝加工や床見切りなどの打合せを行なった後に床張り準備に入ってもらいました。
通常の工程では天井張り後に床張りを行なうのですが、垂木間に入れるグラスウール断熱材の納期が未定のため床張りを先行させます。

1301757673.jpg

電気工事は給気口や排気口の位置打合せを行いスリーブ入れを行ないました。
外壁透湿通気シート施工後から外壁材施工前のこの時期にスリーブや外壁貫通配線を行なうと、気密や防水処理がきちんと出来ます。
内部が間柱の状態で位置を決めるのは、設計図面の時から高さなどを検討しておかないと出来ません。