建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基本計画模型
1231780200.jpg

間取りと平行して断面計画・外観計画を進めます。
屋根勾配や梁組みなど考えながら天井の高さや窓の位置・高さなど検討しながら進めます。
設備の配管の事、電気の事などもある程度この時に検討します。
計画案がほぼ決まると、室内の間仕切りまで作る模型作成に入ります。
この模型は屋根や2階の床が外れて室内の様子まで分かるので、建て主さんにとって平面図(間取り図)だけでは分からなかった事が、模型を見ることで外観の雰囲気や室内の様子が分かり、動線や収納計画が再度検討が出来ます。



スポンサーサイト
計画案模型
計画の初期段階で、敷地周辺の調査を行い近隣建物のボリューム模型を作ります。
計画敷地の日当たりや風通し、眺望などを把握すると共に、建物ができる事によって隣地への影響なども考慮しながら計画をします。
家並みや町並み、地域の環境にどのような影響があるのかも考えておきます。
また、道路を通る人に圧迫感を与えないように、空があまり狭くならないようになども頭の隅に入れておきます。

1231442447.jpg
計画案A

1231442453.jpg
計画案B

1231442460.jpg
計画案C

この段階では、車2台の駐車スペースと既存樹木をなるべく残す事は共通していますが、個々の計画案により形状も異なっています。




寝室
1231333543.jpg

寝室には室内物干し用の木棒を付けました。
ステンパイプも考えたのですが、吹き抜けを通して見えることもあるので木棒としました。
物干しとして使用する場合に中間で吊らないと垂れてしまうので、大工さんと相談して木板に穴を開け吊る事にしました。

計画時に室内物干しの希望もありましたが、洗濯物の量と使用頻度や延べ床面積が増える事など考え、使用時間帯が異なる寝室と兼用する事になりました。
この部屋は日も良く当り風も通るので、朝干すと夕方には取り込むことが出来便利に使用しているそうです。

飾り棚2
1231059150.jpg

居間の飾り棚には人形が一つ、引き締まった空間をつくっています。

1231059051.jpg

玄関ベンチには隅のほうに、かわいらしい表情のこけしが訪れた人を和ましてくれます。

1231058990.jpg

トイレには、手掛けを兼ねた収納棚の上にかわいらしい置物と絵がさりげなく置かれています。

飾り棚だけではなく、収納の上や本棚の一角など・・・どこでも絵や置物、花一輪で楽しい空間が出来ます。


飾り棚
1230671992.jpg

建て主さんの趣味の物、思い出の物が色々な場所に飾られています。
書斎コーナーの棚、居間の飾り棚、本棚の一角など色々な場所に可愛い置物がセンス良く並べられています。
また、壁にはさりげなく絵が掛けられ来訪者を楽しませてくれます。
生活を楽しむ、家を楽しむという事を教えてくれます。

1230672009.jpg