建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ロフト
1198506005.jpg
ロフトに上った所です。
4畳ほどのスペースですが階段・通路とつながった空間のため広く感じます。
床は2階天井と兼用の厚さ4センチの杉板を張りました。
柔らかい木なので傷がつきやすいですが、ごろんと横になると気持ちが良いです。
障子を開けると2階和室につながり、和室の通風に役立ちます。
ロフトにはトップライトを設け、星を見ながら寝ることも出来ます。 

1198506020.jpg
ロフト奥から階段、通路吹き抜け方向です。
このロフトは個室に設けるのと異なり共有のスペースにあるので、少し距離を置いて一人になりたい時、兄弟で使う時、家族皆で使う時など色々な使い方が出来ます。

スポンサーサイト
ロフト階段
1198011871.jpg
ロフトへの階段です。
ロフトは2階廊下の上につくり、家族の共有のスペースです。
1~2階階段の上部空間に階段をつくったので、部屋のスペースが無駄になりません。
ロフト階段の場合は梯子形式につくることが多いですが、この場合は固定式のしっかりとした階段としました。
力桁と段板の階段は空間が抜けて広く感じると共に階下に明かりが回ります。

子供部屋
1197706787.jpg
2階子供部屋です。将来仕切れるように入り口は2つあります。
間仕切り方はその時の考え方により、家具で目隠し程度に仕切る、カーテン等で簡易に仕切る、壁でしっかりと仕切るなど色々な方法が考えられます。
壁で仕切った場合は、多少傷が残る事がありますが取り外せる方法が良いでしょう。
床板は桧無垢厚板、やわらかい木なので傷は付き易いですが、素足の感触は最高だと思います。
腰壁は天井板と同じ杉板、壁は他の部屋と同じ漆喰壁としました。

2階通路
1197394909.jpg

階段を上がると2階各室への片引き戸入り口が見えます。
室内建具はなるべく引き戸になるように設計します。
片引き戸になる訳ですが、そで壁の納まりなど現場加工が多く手間が掛かるようで、作る側としては片開きドアの方が楽なようです。
既製品のドアの場合は、ドアと枠がセットになっていて大工さんが取り付けると木工事、建具工事、塗装工事まで完了します。
既製品はどうしても同じ雰囲気になってしまうので、建具屋さんにその家ごとにデザインした建具を作ってもらいます。

無垢の家は、合板・外材は使わないので建具も全て国産無垢材で作りました。
オーダーで国産無垢材と聞くと高価に思えますが、鏡板の杉板(秋田杉)は天井板と同じ木材ルートにて直接購入し建具屋さんに支給しました。
事前に使用坪数(枚数)を割り出す必要がありますが、建具屋さんに全てを頼む場合と比べ安価になります。
これは分離発注で行う事と、設計者が事前に数量拾いをしなければ出来ません。

階段
1197103118.jpg

2階から下りる階段とロフトへの階段を見ています。
階段を下りた正面に見えるのは本棚です。
本を持って寝室・子供室に行く、階段途中の飾り窓近くに腰掛て本を読む、階段を下りるときに本が目にとまるなど、生活に階段と本棚が生かされると思います。
 また、本棚としてだけでなく絵を飾ったり、お気に入りの小物を置いたりとギャラリーとしても使用できます。