建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ミニミニキッチン
1296807463.jpg

建て主さんからお子さんのために、ままごと用キッチンコンロをDIYしたいと希望がありました。
「現場で使用した板の残り材を使えますよ」と話したところ、「このような形を作りたいのだけれど」とスケッチを見せてもらいました。
建て主さんの手作りでも出来そうでしたが、丸くコンロの形に切るのが難しそうだと思い大工さんに相談した所、「いいよ、部材は作るよ」と言っていただきました。
建て主さんが部材を接着し蜜蝋を塗って出来上がりました。

お母さんが厨房で食事の準備をしているそばのカウンターに置いて調理実習です。
小さな時からコンロ扱いに慣れておけば、将来料理好きなお嬢さんになるでしょう。

スポンサーサイト
飾り棚
1296635150.jpg

洗面所は毎朝身支度をして鏡の前で「今日もがんばるぞ」と気合を入れる?場所となっています。
洗面台の隅に置かれた一輪挿し、朝の忙しさにほっと心を和ましてくれます。

1296635165.jpg

玄関から居間に入った時に最初に目に留まる飾り棚です。
趣味の小物や旅先の思い出の品物などがセンスよく並べられています。
建て主さんの生活を楽しんでいる様子が伝わってきます。

ピアノ置き場
1296464556.jpg

建て主さんから「新築したら実家にあるピアノを持って来たい」と要望がありました。
ピアノを置く場所はいつも悩みます。
本格的に弾くならば防音室を作りますがほとんどの方は子供のお稽古やたまに弾くぐらいという事なので、居間の一角に計画する場合が多くあります。
ピアノは割りと大きく約1間幅の壁がある場所が必要となります。
また、直射日光のあまり当たらない所の方がピアノにとって良い環境です。
居間の一角に適当な場所を作るのがこれが結構難しく、他の部屋の入り口やテレビ、収納や飾り棚との関係が悩ます所です。

長~い家は南に大きな連続した開口を取るため、耐力壁の部分も必要になってきます。
居間の南に1間幅の壁を設けピアノを置く場所としました。ピアノ脇は袖壁を設け、日差しを避けるとともに居間側からみてピアノの側面が見えないようにしました。
ピアノ前には楽譜置き場を兼ねた本棚、飾り棚を壁付けにし、上部は照明器具を組み込む幕板を回しました。
この幕板は居間とピアノ部の仕切りを兼ね、ロールカーテンや布を下げればピアノを隠す事が出来ます。
居間の一角にあることで、いつでも気が向いた時にピアノに向かう事が出来ます。

居間から手洗い・トイレへ
1296202353.jpg

居間から見ると左の建具を開けると玄関になり、右側に進むと手前に手洗い、奥にトイレがあります。
脱衣洗面がクローゼットを通り奥にありプライベート色が濃いため、来客の手洗いは居間空間の近くに気兼ねなく使える場所としました。
日常はトイレの手前にあるのでトイレ用の手洗いとして使用しています。

1296202368.jpg

建て主さんが選んだ信楽焼きの手水鉢です。
洗面台も建て主さんが購入したケヤキ無垢板を使用、タオル掛けもシンプルなデザイン性のあるカワジュン製品を選んでいただきました。
正面は鏡があり居間側からは袖壁で隠れているため化粧直しの場所としても使えます。

1296202376.jpg

トイレの飾り棚と小さな収納です。
紙巻器は杉材で作ったもので、これも建て主さんが直接購入されたものです。
飾り棚の上に一輪挿し、気持ちの良い空間になっています。

分電盤 床暖房コントローラー
1296029582.jpg

電気盤関係の位置はいつも悩む所です。
引き込み位置から遠くない所でブレーカーが落ちた時など復帰操作がし易い所、またあまりカッコ良い物ではないので日常は目に触れないところなどを探します。

長~い家は玄関下足入れの一部に分電盤と深夜電気蓄熱床下暖房の電気盤とコントローラーを入れました。
下足棚は1間半の長さがあり中間飾り棚より下で十分な収納があるため、上の3尺幅の収納を電気盤関係を収納する事にしました。扉が閉まっていると下足棚が大きい風にしかしか見えません。

1296029572.jpg

内部は分電盤と床下暖房盤とコントローラー、電話やインターネットの接続機器なども収納してあります。
床下暖房のコントローラーは頻繁に操作するのではなく、秋から冬に掛け電気を入れ徐々に設定温度を上げ、春先になると下げ始め
ます。最初の一年はコントローラーの操作を多めにするようですが、慣れてくると余り操作しないようです。
暖房時期は常時電気を入れて深夜電気の安い電気料で基礎スラブに蓄熱し、放熱によって床下を暖め室内の暖かさを保ちます。
蓄熱暖房はON・OFFを繰り返すより常時入れといたほうが断然電気代が安上がりになります。
また深夜電気の場合年間を通して割引があり、年間の電気料金は驚くほど安くアパートに住んでいたときよりも光熱費が安くなったという話も聞きます。