FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

「2018ぐんまの家」設計建設コンクール表彰式
IMG_5753_R.jpg
先週の土曜日「2018ぐんまの家」設計・建設コンクールの表彰式が群馬会館のホールで行われました。
建て主さんご家族と専門工事会社代表として木工事を担当された内藤建設さんと一緒に出席してきました。

IMG_5749A_R.jpg
県庁32階展望ホールにてパネル展示を行っております。
スポンサーサイト
「2018ぐんまの家」 設計・建設コンクール 特別賞を頂きました。
「2018ぐんまの家」設計・建設コンクールにて「高床の家」が特別賞を頂きました。

10月27日から11月1日まで、群馬県庁32階展望ホールにて受賞作品のパネル展示を行っています。

受賞作品
http://www.pref.gunma.jp/04/bi01_00025.html

特別賞「高床の家」
http://www.pref.gunma.jp/contents/100082423.pdf


IMG_0253A修正_R

IMG_0070A_R.jpg

IMG_8474_R_201810201117202d7.jpg

IMG_8466_R_20181020111721236.jpg

完成予想模型と竣工後外観
IMG_5258_R_20180622082431976.jpg
基本設計完了時の完成予想模型です。

基本設計は平面計画が決まり、外観や断面計画、外部や室内の仕上げ材や仕様なども決まった段階です。
建て主さんには基本設計模型で外観のイメージや室内の空間、外とのつながりなど確認していただきます。

IMG_9845A_R_20180622082433092.jpg
竣工後植栽工事が終わり、木々の中に建物が見えるようになりました。

IMG_5290_R_201806220824327b8.jpg
南東側の外観模型です。

IMG_9857A_R_20180622082435fbe.jpg
植栽があると視線が木々に集まり建物の開口部が見えにくくなります。
また、窓ガラスに反射した植栽や空が建物と道路との距離を感じさせてくれます。

これから木々の成長と共にご家族の思い出がたくさん増えていくと思います。

今回で「高床の家」の設計から竣工までを終わりにします。
居間から庭方向
IMG_9827A_R.jpg
居間の薪ストーブを挟んで西側開口部からの景色です。
2間幅の大きな開口部は片引き+FIXの木製サッシです。
片引きの可動部でも1間幅で2.3mの高さがあり、ペアガラスなので相当な重量ですが浮き上がる機構で軽く開け閉めが出来ます。
閉じると気密性が高くなり、外の音がほとんど入らなく静かな室内になります。

日中はプリーツスクリーンを上げ開放的な暮らしをしています。
室内からは外部が良く見えますが、外からはガラスに映る植栽や空が見え室内の様子はほとんど見えません。

IMG_9829A_R.jpg
薪ストーブ東側開口部からの景色です。
東の開口部も1.5間幅の高さ2.3mなので相当大きい開口部ですが、西側の2間幅の開口部と比べると小さく感じます。
キッチンに立つとこちらの開口部からの景色が主に見えます。
南へ伸びる道路があるので遠方まで見渡せると共に空が広く感じます。
こちらも外部から室内は見えないので日中は手前の植栽と奥に広がる景色を楽しんで生活しています。

ポーチと玄関から庭
IMG_9885A_R.jpg
ポーチを玄関ドア前まで進んでいくと植栽が段々と近づいてきます。
視線が植栽に向くことにより、デッキを囲む格子や寝室小窓の格子の存在が気にならなくなりました。

IMG_9808A_R.jpg
玄関に入ると地窓から見える庭です。
ベンチに腰かけると植栽の間から遠方まで見えます。
立っている時は植栽の足元が見え、その上の木々はどのようになっているのか想像が膨らみます。