建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

家づくりの記念に
1353059277.jpg

家づくりの記念に薪ストーブ裏の防火壁にご家族の手形を記しました。
ご家族が揃う日に合わせて左官屋さんに珪藻土塗仕上げ日を合わせてもらい、仕上げコテ押さえ後一発勝負で手形を付けました。
薪ストーブが入ると影になり居間側からほとんど見えませんが、覗き込むと新築した当時のお子さんの小さな手形が見えます。
壁に空いている穴は薪ストーブ用の給気口になっています。ここに金属製のレジスターガラリを入れ給気の調節を行います。給気口も薪ストーブ裏側になっているため居間側からは見えません。

スポンサーサイト
寝室 子供室
2階は子世帯の寝室と子供部屋とトイレ、洗面となっています。
吹抜けを挟んで東側に子供室、西側が寝室です。

1352899973.jpg

寝室は玄関と畳コーナーの一部上に配置し、階段からも遠く割と静かな場所にあります。
6畳の広さと押入れスペースがあり、屋根勾配に沿った天井が北側に向けて高くなり、上部は7.5畳の空間となり広さを感じます。
腰壁に杉板、上部壁は天然素材の「モイス」を素地仕上げてしています。

1352900001.jpg

子供室は厨房と勝手口の上に配置し、上下階の音などあまり気にならない場所としました。
南にある子供室からは収納を兼ねたロフトが設けられています。
ロフトからは「そよ風」の本体部分のメンテナンスが出来るように天井裏へ出入りが出来るようになっています。


キャットウォーク
1352726787.jpg

吹抜けの南に面した開口部の開け閉めと窓拭き用にキャットウォーク(メンテ・掃除用通路)を設けました。
キャットウォークは建築基準法上の床面積に入るかどうかについては、確認申請提出先の行政庁や検査機関の判断となります。
そよ風の家では、窓の開放のためだけの通路とし他の用途に使用しないこと、通り抜けできないこと、床の開口面積が1/2以上などの条件で床面積外になりました。

1352726759.jpg

床面積の1/2以上の開口部の規定を満たすため、床は面格子と同じように隙間を格子寸法以上開けた状態になっています。
床格子とした事で、居間に付けた照明の明かりが格子を通して吹抜け上部を照らしています。

1352726843.jpg

お子さんが小さいので、キャットウォークから吹抜けを通して落ちないようにと、床格子の隙間に足を挟まないように、出入り口に格子の扉を付けました。
通常は閉めている状態のため、隣の手摺格子と同じデザインとして扉をあまり意識させないようにしてあります。
またお子さんンが自由に開閉できないような工夫も必要です。
鍵を付けると開けたい時に何時も鍵を持っていなければならないのは面倒です。
そこで、吹抜け側の扉上部にフランス落としを横方向に付けました。
扉上部に手を回しフランス落としを作動出来るような年齢になれば、キャットウォークに出ても危険は少なくなります。

吹抜け
1352290219.jpg

居間食堂・畳スペースは吹き抜けとなっており2階からロフトへつながっています。
「そよ風」の空気循環と薪ストーブの暖気循環用にに吹抜けを通して、家の中を空気が回るようになっています。
冬季の晴れた日中はそよ風で集熱した暖気を床下に送り込み、夜間や曇天の日には薪ストーブの暖気をそよ風循環用の換気扇で天井近くに溜まりがちな暖気を床下に送り循環させます。
夏季は天井近くに設置した「そよ風」換気によって室内の熱を強制的に排気します。

1352290234.jpg

夜間は家族が集まる居間の明かりが吹抜けを通して2階を照らします。
同時に居間の雰囲気が2階の子供室にも伝わり、家族で生活している一体感を感じられます。

階段~2階通路
1352191243.jpg

階段は居間スペースにありますが、トイレや脱衣洗面及びクローゼットから近くにあり、居間を通らずに2階へ上がれます。
居間と階段は格子壁となっているので、上り下りの気配は居間からわかるようになっています。
また、格子を通して居間の明かりが階段を明るくし、反対に階段照明の温もりのある明りが格子の隙間から居間側へこぼれます。

1352191310.jpg

2階通路の階段側は手摺を兼ねた本棚となっています。
本棚奥行きは文庫本程度ですが、壁厚さ内では奥行き不足のため通路側に少し出ていますが、通路が広くなっているため通行に支障がありません。
また通路が広くなっている場所は読書スペースにもなります。