FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

2階トイレ
2階トイレは1畳の広さです。
場所は階段を上って各居室に行く通路の最初にあり、寝室や子供室から近く使いやすい場所です。
床は30㎝角のサーモタイル、素足でもヒヤッと感じないタイルは水回りの床に使用します。
腰壁は杉縁甲板、壁と天井は珪藻土塗りです。

IMG_8177A_R.jpg
トイレ背面は飾り棚とトイレットペーパー入れや掃除具入れ用に棚が組み込まれています。
床がタイルの場合は便器奥の壁を2重壁にしてタイルを割り付けます。
2重壁になった部分を給水の配管スペースと、便器脇の棚にしています。

スポンサーサイト



小屋裏収納
IMG_8223A_R.jpg
小屋裏収納は階段を上がって直ぐの所から入ります。
全体平面計画にもよりますが、階段近くにあり居室を通らないで入れる場所に設けると便利です。
収納するものはお雛様やお節句などの季節の行事物、夏冬の一時期しか使用しない物などは、1階で使用する物が多いので階段近くが動線が短くて済みます。

IMG_8185_R_202002190913520c5.jpg
小屋裏収納は6畳の広さがあります。
天井の高さは建築基準法により1.4m以下、床面積は使用する階の1/2以下、その他開口面積や階段などの規制がある場合があります。

収納内は物を置くだけなので、床は構造を兼ねた合板表し、壁は石膏ボード表し、天井は化粧石膏ボードの仕上げです。
床の構造合板は表し仕上げのため釘も表しになります。
気になる建て主さんは、以前使用していた敷物を敷いたりしています。
2階通路
IMG_8220_R_20200218095303af0.jpg
階段を上がると直ぐに、吹き抜けに面したオープンスペースになります。
奥に進み突当りの壁を右に入ると寝室、左は子供室になります。

通路の照明は突き当りの壁近くにダウンライトが1ヵ所あり、その他は階段照明だけです。
階段から寝室や子供室に進む方向の壁が明るいと全体が明るく感じます。
また、壁を照らす照明になるので、小さな絵を描けて楽しむ事も出来ます。

IMG_8215_R_20200218095304193.jpg
通路奥側から階段方向です。
正面奥の引き戸は小屋裏収納入り口、右奥は階段になり手前はトイレ入口の引き戸です。
左側は奥から居間吹き抜けに面し階段を上がると居間が見下ろせます。
手前は吹き抜けに面してオープンスペースになります。

階段・階段下収納
IMG_8173_R_20200217091732b95.jpg
階段は居間からクローゼットと脱衣への通路の途中にあり、居間食堂からも近く脱衣からも居間空間を通らずに2階へ行けます。
階段は1坪のスペースですが、1坪内で段を割り付けると急な階段になってしまいます。
そこで2段分を通路側に出して緩やかな階段としました。
2段分が通路側に伸びると1階の天井が頭が当たるようになってしまうので、階段部分のみ上げるようにしました。
天井だけ高くすれば良いのではなく、梁の組み方や大きさ、電気配線の経路も検討しなけらばなりません。

IMG_8171_R.jpg
階段下は1.5畳の収納になっています。

IMG_8182_R.jpg
2階から階段方向です。
屋根下に通気層を設け断熱材を張り上げ、その下に天井を張っているので低い方は天井高1.94メートルほどです。
階段は低い方に向かって下っているので、天井高さを気にせず上り下りが出来ます。
室内物干し室
室内物干し室は3畳の広さがあり、脱衣洗面と厨房のどちらからも出入りが出来ます。
厨房の隣にあるので食品庫も兼ねており、食器や調理器具などの普段使い出ない物の収納場所にもなっています。

IMG_8389_R.jpg
正面は勝手口になり、厨房からの生ごみの搬出や家庭菜園への出入り口用にサンダル等を置く土間と家族用のサンダル掛けがあります。

IMG_8169_R.jpg
洗濯機は脱衣室ではなく室内物干し室に置くことにしました。
洗濯槽と干す場所が近いのは作業効率が良く便利です。
洗濯機上にはピンチを下げられるように物干しフックを付けています。
また、洗濯機脇の壁には洗剤置き場用の棚を設け、洗濯機種類によって棚の高さを変えられるようにしています。

物干しは天井に手動で上下する物干しを2ヵ所設けました。
端部から下がっているロープを回すと物干竿が掛けやすい高さまで下りてき、洗濯物を掛けた後に天井近くまで上げることが出来ます。
壁側には干す場所が不足のとき用に引き出すと物干し竿掛けになる器具を付けました。
天井物干し竿と壁側の竿受、洗濯機受けの物干し受けで大量の洗濯物にも対応できます。