建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

土台伏せ
DSC09928_R.jpg
基礎型枠取外し、埋め戻しが終わり土台伏せとなりました。
基礎天端に墨を打ち土台伏せ時の基準線とします。

DSC09942_R.jpg
基準線を基に土台にアンカーボルトの位置を写し取り、ボルト穴を開け土台を設置します。

DSC09920_R.jpg
プレカット工場にて加工された土台材料が搬入されています。
寸法、材種、加工状況など確認しました。

DSC09931_R.jpg
土台伏せ前に設備床下配管、電気配線を行っておきます。

土台伏せ後は建て方前に床断熱材敷き込み、床構造合板張りを先行して行います。
10/17~建て方開始となります。
スポンサーサイト
アンカーボルト・型枠検査
DSC09916_R.jpg
立上り型枠とアンカーボルトが設置できたので、型枠及びアンカーボルトの検査を行いました。

DSC09913_R.jpg
型枠検査は鉄筋と型枠の被り寸法の確認です。
鉄筋が型枠に寄りすぎていると規定のコンクリート被り寸法が取れません。
配筋検査と同じに重要な検査です。

DSC09895_R.jpg
アンカーボルト位置の確認と型枠幅の確認を行いました。

DSC09911_R.jpg
ホールダウン金物の固定位置の確認を行いました。

明日、立上り基礎コンクリート打設になります。
型枠解体は来週初めの予定です。
プレカット施工図打合せ
DSC09881_R.jpg
元請け業者㈱津久井工務店さんの会議室にてプレカット施工図の打ち合わせを行いました。
プレカット施工図は事前にチェックし検討事項や打ち合わせ事項を書き出しておきます。
今日は現場監督さんとプレカット業者さんと3名で詳細打合せを行いました。

工程の打ち合わせも行い、10月11日土台敷き込み予定、10月16日から建て方の予定で進めます。


配筋検査
DSC09861_R.jpg
外周部型枠入れ後鉄筋工事が終わったので配筋検査を行いました。

DSC09853_R.jpg
基礎立上り位置の確認や配筋状況などを確認します。

DSC09862_R.jpg
基礎種類ごとに鉄筋径・間隔、継ぎ手の状況などの検査を行います。

DSC09864_R.jpg
内部配筋も同様に検査します。

瑕疵担保保険現場検査も受け特に問題なく合格です。
明日ベースコンクリート打設です。
来週立ち上がり部の型枠検査とアンカーボルトの検査を行います。


丁張検査
DSC09817_R.jpg
敷地造成が終わり丁張が掛かりました。
丁張はこれから始まる基礎工事の位置や高さの基準になる定規のようなものです。

DSC09818_R.jpg
建物位置のと外周部寸法をテープを当てて確認しました。

DSC09820_R.jpg
根切底の確認です。
丁張天端に糸を当てて、糸からの下がり寸法を確認します。

今日から根切開始、砕石敷き込み、防湿シート張り、レベルコンクリート打設、墨出を行い来週末頃から鉄筋工事予定です。
鉄筋工事が終わると配筋検査を行います。