建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

天井下地
DSC00419_R.jpg
1階は天井下地野縁組が終わり、造作材取付準備に入りました。
天井裏の設備配管、電気配線工事も終わっています。

DSC00432_R.jpg
2階は各室の天井下地組が進んでいます。
各室が終わると廊下天井下地に入ります。
2階も天井下地組が終わると造作材取付工事に入ります。

DSC00434_R.jpg
2階各室の天井下地です。
天井上の電気配線、設備配管もほぼ終わっています。

DSC00430_R.jpg
ユニットバス組立が終わりました。
下地工事中の現場の一角だけ仕上がっている状態です。

木工事は加工場にて造作材加工を進めており、仕上がり順に現場搬入し取付が始まります。
スポンサーサイト
床板張り工事 屋内配線配管工事
DSC00313_R.jpg
1階は床板張りが終わり床養生に入ります。

DSC00321_R.jpg
2階は床板張りが進んでいます。
無垢板のため1枚1枚張っていきます。

DSC00312_R.jpg
造作材加工が終わり現場に搬入されました。
造作材も無垢板のため現場加工取付前に加工場にて寸法を揃え削り仕上げを行ってきます。
床板張りが終わると造作材取り付けに入ります。

DSC00315_R.jpg
設備工事は屋内の配管工事に入りました。
電気工事は屋内配線が進んでいます。
防火間仕切壁・ラスモル下塗り
DSC00151_R.jpg
室内木工事は防火間仕切壁のボード2重張り工事が進んでいます。
2階は天井上と階段周りのボード2重張りが終わっています。
電気配線の貫通部処理が始まりました。

DSC00150_R.jpg
1階は天井上の防火間仕切壁工事が進んでいます。

DSC00163_R.jpg
外部は軽量ラスモルタル塗りの下塗りが北面を残して終わりました。
北面は暖かい日に行う予定です。

木工事は1階の天井上防火間仕切りが終わると2階の床張り工事に進みます。

外部:ラス網張り、腰板金 室内:防火間仕切壁
DSC00087_R.jpg
外壁、左官工事ラス網張りが進んでいます。
ポーチ側は下屋の屋根葺き完了後にラス網張りを行い、軽量モルタル下塗りに入ります。

DSC00097_R.jpg
腰壁、ガルバ鋼板張りが終わりました。

DSC00092_R.jpg
下屋の屋根は屋根工事によるルーフィング葺きが終わり、今年中にガルバ鋼板葺きを終える予定です。

DSC00089_R.jpg
木工事は外部が終わり室内に入りました。
天井裏の防火間仕切り下地、ボード2重張り工事が始まりました。
通気縦胴縁
DSC00048_R.jpg
外壁外張り断熱、タイベックシルバー張りが終わり通気縦胴縁留め付けに入りました。

DSC00060_R.jpg
ポーチ屋根は通気縦胴縁施工後に屋根下地施工に入ります。

DSC00051_R.jpg
室内は電気配線が進んでいます。
木工事が室内間仕切りボード張りが進む前に配線を行っておきます。

DSC00054_R.jpg
給排水設備は床下地合板上に給湯・給水配管と排水管の立ち上げを行い、隙間の無いように発泡ウレタン吹きを行っています。