FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

開口部窓台入れ
DSC03853_R.jpg
サッシ取付部の窓台入れが進んでいます。
窓台入れが終わると開口部の上下に構造合板張りとなります。

DSC03868_R.jpg
子供室の腰窓開口部です。
南側は建物が出来る事は無く、開放的な景色が広がります。

DSC03867_R_201809221348066ca.jpg
居間の南側の大きな開口部はトリプルガラスのサッシが入るため、窓下の補強に間柱を倍間隔で入れてもらっています。

スポンサーサイト
外張り断熱材張
DSC03824_R.jpg
外部は構造合板張りが進みネオマフォーム断熱材張りに入りました。

DSC03831_R_20180920120036efb.jpg
ネオマフォーム断熱材張状況です。
継ぎ手は気密テープ張りを行います。

DSC03827_R.jpg
下屋屋根上の断熱材と気密テープ施工状況です。

DSC03834_R.jpg
室内は間仕切壁の間柱や筋交いが取りついています。
構造合板耐力壁や筋交いの確認と金物の検査を行いました。

DSC03816_R_201809201200390da.jpg
小屋裏収納の構造合板床張りも終わり、釘種類と留め付け間隔の確認を行いました。

木工事は開口部の高さを決めた後にまぐさ入れを行い、窓上下の構造合板張りに進みます。
屋根ルーフィング 壁構造合板張り
DSC03703_R.jpg
下屋の屋根下地工事が終わり、壁の構造合板張りが進んでいます。

DSC03644_R.jpg
大屋根は木工事でアスファルトルーフィング葺きが終わりました。
屋根葺き工事は10月1日に予定しています。
木工事で葺いたルーフィングの上に屋根工事でルーフィング葺きを行いますので、2重の下葺きになります。

DSC03660_R.jpg
下屋部分は壁構造合板と断熱材を張ってから気密テープ張り、その後にタイベックシルバー張りを行い通気胴縁留め付け後に垂木取り付けになります。
垂木取り付け後、野地板張りを行いルーフィング葺きとなります。

DSC03695_R.jpg
西側下屋です。
こちらも壁下地後に屋根下地工事を行い、ルーフィング葺きまで行っています。
野地板張り
DSC03515_R.jpg
垂木上にタイベックシルバーシートを張り気密テープで一体にした後に通気垂木を留め付けます。
通気垂木は軒先から入った空気が棟部で外部に出るように野地板と垂木間に通気層を取る役目です。
通気層は室内から漏れた湿気を断熱材間に溜めないで外部に放出する役目と、屋根の熱気を外に出し室内になるべく入らないようにするためです。
また、野地板下に絶えず空気が回っているので乾燥を保つ役目もしています。

DSC03513_R.jpg
野地合板張りです。
継ぎ手を交互にし太め釘で留め付けます。
釘の種類や留付け間隔など確認します。

DSC03529_R.jpg
小屋裏収納の床は厚24㎜の構造合板張りです。
仮止め後に指定の太め釘を持ちい指定の間隔で留め付けます。

DSC03523_R.jpg
屋根野地板が張られると屋根の形や大きさが見え、家の形が分かってきます。
上棟式
DSC03479_R.jpg
昨日は夕方から上棟式を行いました。
雨が降ったりやんだりで上での式は危険なため下で行う事になりました。
棟梁の仕切りで上棟の儀式が行われました。


DSC03487_R.jpg
上棟式の最後に鳶の頭の音頭で三本締めを行いました。
建て方が終わった室内に景気の良い手拍子が鳴り渡りました。

DSC03497_R.jpg
上棟式後の直会です。
建て主さんの挨拶の後、建て方に参加した職人さんの紹介を行いました。
昔の上棟式は職人さんの苦労をねぎらい現場で直会を行うのですが、現在は車出来る方がほとんどなので持ち帰ってもらうようになりました。