FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

レベルコンクリート 墨出し 外型枠
DSC03723_R.jpg
土間防湿シート重なり寸法の確認です。


DSC03725_R.jpg
地中梁の高さを土間ベースコンクリート下の砕石と地中梁レベルコンクリートの段差寸法にて確認しました。

DSC03740_R.jpg
レベルコンクリート上の墨出し位置の確認です。
通り寸寸法、ベース型枠幅、立ち上がり型枠の幅などを確認しました。

DSC03741_R.jpg
外回り型枠の高さの確認です。
外回り型枠はベースコンクリートと立上りコンクリートの間に止水版を入れるため、塗装型枠合板を用いてセパ止めにします。

DSC03742_R.jpg
外回り型枠施工状況です。

9/20~21に鉄筋工事を行います。
9/25瑕疵担保配筋検査
9/26ベースコンクリート打設予定です。

スポンサーサイト
基礎工事が始まりました
DSC03558.jpg
先行工事の北側のブロックや外部設備配管が終わり、いよいよ基礎工事が着工となりました。

DSC03566.jpg
建物位置や高さの基準、建物対角長さを確認します。

DSC03575.jpg
基礎の根切底の位置や深さ、幅などの確認です。

DSC03627.jpg
砕石転圧後の状態も確認します。

DSC03613.jpg
砕石厚さも確認します。

建物奥側から順よく根切、砕石転圧と工事を進めていきます。
建て主参加工事 塗装開始
DSC03445_R.jpg
建て主さん参加工事の外部塗装と蜜蝋ワックス塗り工事が始まりました。
あまり寒くない時期に作業を終わらせたいとの希望から早めに開始しました。
現場で使用するのは11月末位になる予定です。

初めての塗装作業ですが、だんだんと慣れて工事終盤には塗装業者さんに間違われるくらいになるようです。

DSC03440_R_20180908135214ff8.jpg
外部塗装開始と同時に室内で使用する杉縁甲板に蜜蝋ワックス塗りの作業を始めました。
杉板は節の少ない上小板ですが、白い板と赤白混ざったいたがあります。
蜜蝋ワックス塗りをしながら仕分けを行い、玄関や居間・吹き抜けに白い板を使用します。
赤が混ざった板はその他の部屋や腰壁に使用すると、普段居る部屋の天井が白い板で統一されます。
どの位の割合で仕分けするかは、事前に使用する場所の坪数から割り出しておきます。

ご家族での作業は家づくりの思い出の一つになると思います。
隣地境界ブロック積
DSC03359_R.jpg
基礎工事着工前に北側擁壁の上にブロック積を行います。
宅地分譲前に行われた造成工事で擁壁に鉄筋が出ていますので、鉄筋を利用してブロック積を行います。
ブロックの割り付けと鉄筋の間隔をどの様に合わせるか打ち合わせを行いました。

DSC03368_R.jpg
北側ブロック積は今日で終わります。

来週から基礎工事が始まります。
外部設備先行配管
今日から工事が始まりました「個の家」新築工事の工事状況をお伝えします。

DSC03320_R.jpg
建物と敷地境界のコンクリート擁壁の間がそれほど広くないため、基礎工事前に設備の先行配管を行います。
配管の距離や勾配を測り埋め戻しを行います。

DSC03322_R.jpg
雨水配管の敷設状況です。
雨水配管の他、雑排水管、給水管が埋設されます。
ガス配管は仕上がり前の工事になります。

DSC03325_R.jpg
水上側の配管は埋め戻しが行われました。

9月中旬頃から基礎工事が始まり、10月末に建て方予定です。