FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

室内造作工事 ボード張り
DSC02011_R.jpg
外部は来週から外壁張り工事に入ります。

DSC02017_R.jpg
遊戯室は天井吸音板張りが終わり、室内建具の造作工事に入っています。

DSC02018_R.jpg
倉庫は天井下地ボード張りが終わり、壁の針葉樹合板張りに進みました。
倉庫壁は物が当たっても壁に穴が開いたり凹まないように厚12ミリの合板仕上げです。

DSC02021_R_20191023172949548.jpg
事務室も天井下地ボードが張り上がり、造作工事に入っています。

DSC02028_R.jpg
加工搬入された造作材です。
無垢板の場合、材料を大工さんの加工場に入れ、仕上げ削りや溝加工など行った後に現場に搬入します。
現場では、取付場所に合わせて切断し組立取付を行います。


スポンサーサイト



床板張り 内装ボード張り
DSC01978_R.jpg
外部はサイディング張下地まで進みました。
サイディング材料は現場に搬入されいつでも張れる状態です。

屋根はポーチ屋根まで葺き終わりました。

DSC01981_R.jpg
機能訓練室から遊戯室方向です。
床板が張り上がり、室内建具の枠を入れるとボード張りに進みます。

DSC01992_R.jpg
機能訓練室は梁を表した勾配天井になっています。
天井は吸音板張りが終わっています。

DSC01983_R.jpg
倉庫から遊戯室方向です。
遊戯室天井も機能訓練室と同じ吸音板が張り上がっています。
内法材が入ると壁ボード張りに進みます。

DSC01986_R.jpg
事務室は天井ボード張りまで終わり壁ボード張りへ進みます。
下屋屋根葺き 天井ボード張り
DSC01917_R.jpg
外部はサッシが取り付き、タイベックシルバー張り後通気胴縁留め付けまで進んでいます。

DSC01908_R.jpg
大屋根は葺き上がり棟や破風巻きなどの役物取り付けも終わっています。

DSC01909_R.jpg
ポーチ屋根の屋根葺きが始まりました。
軒天張りも進んでいます。

DSC01916_R.jpg
室内は天井ボード張りが進んでいます。
事務室は天井下地組が終わり、ボード張りに進みました。

DSC01928_R.jpg
機能訓練室は事務室との防火間仕切壁が天井裏の屋根下地まで施工後、天井ボード張りに進んでいます。

DSC01931_R.jpg
遊戯室と倉庫は天井ボード張りが仕上がりました。

天井ボード張り後は大工さん加工場で加工中の造作材取り付けと床張り工事に進みます。
軸組検査・上棟式
DSC01753A_R.jpg
建て方後屋根下地が終わり、外壁の間柱やサッシ枠も入り建物の形がはっきり分かるようになりました。

DSC01717_R.jpg
屋根はゴムアスルーフィング葺きが終わり、採寸し屋根材発注になりました。
屋根葺きは来週後半の予定です。

DSC01719_R.jpg
筋交入れが終わり筋交い箇所の確認を行いました。
筋交い材の寸法確認や欠けの有無の確認も一緒にします。
DSC01720_R.jpg
筋交い取付金物の確認を行いました。
金物のビス取付状況などの確認や柱の上下の金物、梁接手金物の確認をしました。

DSC01718_R.jpg
床断熱材が入り床合板張りが済んでいます。
床合板の仕様や釘種類や留め付け間隔の確認を行いました。

1階の床で建物関係者の皆さんと津久井工務店工事関係者の皆さんで上棟のお祝いをしました。

屋根上垂木
DSC01658_R.jpg
屋根上垂木取り付けが進み屋根の形が分かるようになりました。
上屋根の野地板張りが終わると、ポーチ屋根下地工事に入ります。

DSC01647_R.jpg
下垂木上に野地合板を張り、断熱材を2重に敷き詰め気密テープ貼り、その上にタイベックシルバー張りし継ぎ手に気密テープ貼りを行い、上垂木留付けになります。
屋根から下がっているタイベックシルバーは壁の同材の上に重ねます。

DSC01651_R.jpg
上垂木施工状況です。
この上に杉野地板を張り、屋根工事のルーフィング葺きになります。