建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

オープンシステムについて
1137433471_201408251520086ad.jpg
製材所にあった5寸角桧通し柱
1138709328.jpg
黒かった柱が、削ると白い桧の肌を見せます。

設計では5寸角杉通し柱でしたが、材木屋さんから「桧5寸角6~8m材がストックしてあるので使用しませんか」との提案がありました。
杉材が桧材になる事、8m材は棟木まで通し柱に出来る事など、建て主と一緒に見に行きましたので、即決で変更しました。(勿論金額は変更なしです)

一括請負の場合は、下請け業者は元請業者にこのような提案をしづらいのが現状です。
オープンシステム(分離発注)の場合、建て主と専門工事業者が直接契約を結ぶため、このような提案も出やすく、より良い建物が出来上がります。


スポンサーサイト
木材検査2
1138640984.jpg

1138640991.jpg


木材検査2回目(梁材)をし、その後棟梁と木組み打合せをしました。

梁材は全て注文材のため丸太より選別し製材後、乾燥機に入れます。(2週間かけます)
木材を全て広げ1本々検査します。
乾燥による大きな割れ、大きな抜け節、虫食い跡など構造上、意匠上問題になりそうなものは、返品しました。


1138641000.jpg

1138641017.jpg

吹き抜け部分に使用する梁材です。目積みの良質材が入りました。

桧通し柱です。前回検査で見たときは黒かったですが、綺麗になりました。
手前の節の少ない柱を吹き抜けに使います。
後の材料は7m・8mの長さがあるので棟木、母屋まで一本で通します。建て方が見ものです。

続きを読む
感謝状
1138535361.jpg

2年ほど前に竣工したお宅の娘さんから頂いたクリスマスカードです。
分離発注の工事ではありませんでしたが、一緒にオイル塗りをしました。

事務所には大きな工事の感謝状もありますが、一番良い場所にあります。
私の宝物のような感謝状です。

基礎コンクリート打設

1138455727.jpg
1138455708.jpg


コンクリートミキサー車から直接ネコ車にとり人力打設です。
水分量を少なく、固めのコンクリートで打設します。

前もって配合報告書の提出、納入伝票で設計強度、スランプ、時間などを確認します。

ミキサー車から出てくるコンクリートの流れ方をみてコンクリートの固さ(スランプ)をある程度判断します。(打設量が多い場合は現場でコンクリート品質試験を行ないます)

1138455737.jpg

1138455688.jpg

コンクリート打設状況
バイブレーターをかけながら丁寧に打設します。

打設後コテ押さえを行い水が引き始めたらレベルクリートを流し水平にします。

続きを読む
アンカーボルト検査
1138374864.jpg

1138374887.jpg


基礎立ち上がり型枠が入りました。明日コンクリート打設です。
ホールダウン用アンカーボルトを所定の位置、高さに固定しておきます。
土台アンカーボルトも打設前に型枠に固定し、位置・高さを正確にだします。
事前に棟梁とを打合せし、土台継ぎ手上木近くにアンカーボルトをセットします。

1138374892.jpg

1138374881.jpg

コンクリート打設時にアンカーを埋め込む(田植えと言われています)方法では正確な位置・高さが出ません。
また、硬化途中のコンクリートに無理に埋め込もうとするとアンカーボルト周りに空隙が出来、強度が発揮出来ません。

アンカーボルトはL=450としました。(通常L=400)
L=400の場合、土台4寸角+基礎パッキン工法ではアンカー埋め込み深さが不足するためです。


オープンシステムによる分離発注について
1138262198.jpg

箱階段の家はオープンシステムによる分離発注にて工事をしています。
オープンシステムは特別な工法でも方法でもありません。
建て主と建築家がパートナーとなり、建て主の直営工事をサポートする方法です。
オープンシステムのメリットは上記写真にもありますが、詳しく知りたい方はオープンシステム ホームページを見てください。
当事務所でも説明会を随時しております。

基礎型枠
1138188089.jpg

1138188079.jpg

基礎墨出し後、基礎立ち上がり型枠入れが始まりました。
鉄筋の型枠からの離れ寸法の確認。

1138188110.jpg

1138188089.jpg

ホールダウンアンカーボルトM16-L-700確認。
アプローチ布基礎砕石ランマー突き固め状況です。
赤城山 夕景
1138125553.jpg

事務所から見える赤城山です。
上毛カルタ(群馬県民はだれでも知っているカルタです。)に「裾野は長し赤城山」と呼ばれ群馬の象徴的な山です。
毎日、事務所の窓からこの雄大な景色を眺めています。
今日は夕焼けがとても綺麗だったので写真撮影をしました。

続きを読む
ベースコンクリート打設
1137844442.jpg
1137844449.jpg
1137844432.jpg

基礎ベースコンクリート打設をしました。今日は土曜日で家族で見学です。
コンクリートミキサー車、ポンプ車など珍しい車があり子ども達は興味津々です。
コンクリート打設後、全面シート養生を行いジェットヒーターで凍結防止に備えます。

続きを読む
配筋検査
1137768396.jpg
1137768409.jpg
1137768403.jpg

基礎配筋検査を行ないました。
鉄筋、径・ピッチ・継ぎ手、定着長さを検査しました。