建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外部足場  ベンガラ塗り
今日は、午前中に内部土間コンクリート打ちを行い、午後外部足場掛けが始まりました。
外部足場前に設備先行配管、内部土間コンクリート打ちと木工事前に出来る事は行いました。

土台化粧部分に使用する材料を柿渋・ベンガラ塗り(すり込む感じ)を行なっています。

1154363373.jpg

1154363421.jpg

明日からいよいよ木工事が現場で始まります。4日の建て方始めに向けて土台伏せ、地組みを行ないます。


続きを読む
スポンサーサイト
玄関 漆喰塗り
玄関漆喰塗り工事です。
玄関部分で漆喰壁塗りは終わりです。遠くの壁から始め最後が入り口部分の壁になります。
左官工事が済むと内部仕上げはほとんど完了します。
この後に、木製建具はめ込み、設備機器付け、電気機器・照明器具付けなどが残ります。
内部木製建具は、すべてオーダーでつくります。木工事の終わった箇所から寸法測定をし、現在加工場にて製作中です。

1154363312.jpg

漆喰塗りは、下こすり後直ぐに上塗りを行い、コテで平滑にしながら水が引け艶が出るまで、なで押さえします。

掲示板コルク貼り
今日は、掲示板コーナーの壁のコルク貼りを皆で行ないました。
内部仕上げが、全て漆喰と板貼りなので、内装工事業者は入っていません。
少量の工事の場合業者さんに頼むと割高になるので、ホームセンターでコルク板と両面テープを購入し現場で寸法に合わせながら貼りました。
職人さんに負けない位、良い感じに出来たと思います。

1154179999.jpg

1154180040.jpg

子供たちが、お父さんの作業を真剣なまなざしで見ています。
職人さんのように作業している姿はカッコイイと感じていると思います。
最近は、お父さんが仕事をしている姿を見せる機会が少なくなったので、家づくりは父親の仕事をしている姿を子供たちに見せる良い機会だと思います。



設備先行配管 埋め戻し
基礎断熱材の保護モルタル塗りが終わり外部設備配管を建て方前に先行して行ないます。
足場組み立て前に外部掘削工事を済ませておくと竣工間際に建物際を掘り返す事が無く外壁や周囲がよごれ難くなります。
先行配管の場合は、配管位置や高さをこの時点で決めておかなければなりません。

1154092849.jpg

1154092911.jpg

基礎工事 埋め戻しを行なっています。
傾斜地の場合、設計するときに時に基礎地盤高さをどこに合せるか迷います。

掘削土を埋め戻しに使いちょうど良い高さに埋め戻されるように計画する事が多いですが、この工事では高い地盤面にあわせ基礎高さを決めました。敷地内の土を低い地盤の埋め戻しに利用できるので、搬入土が無く(工事費が余分に掛かりません)埋め戻せます。


基礎外断熱 モルタル塗り
今日は、ようやく天気も回復し雨予報も無いので基礎外断熱材に樹脂モルタルが塗れそうです。
コンクリート打ちから雨続きで差し水があり掘削部分に泥水が溜まっていました。
水中ポンプで汲み出しながら、断熱材を水洗いし樹脂モルタルを塗っていきます。

1153913331.jpg

1153913375.jpg

基礎断熱材の保護モルタルは、完成間際に塗ることも多いようですが、その場合は地面下約10cm程度しか塗れません。
埋め戻し前に塗れば、断熱材全てに塗れる事や設備配管周りにもしっかりと塗れます。
先塗の場合は、これから建て方で振動が加わる事や、その後色々な業種が入るのでひびや汚れは付きます。(軟らかい断熱材の上にモルタルを塗るので、ひびはいつ施工しても入る可能性は大です)
建て主さんと打合せを行い「見た目よりも機能重視をしましょう」と言う事になり、埋め戻し前に保護モルタル塗りにしました。


塀工事に入りました。
今日は、雨が上がったので大工さんは外部塀工事に入りました。
栗のパッキンを敷きコンクリート基礎から浮かし土台を備え付けます。
木材には建て主さんが大工さんの加工場で予め外部用塗料を塗ってあります。

1153846052.jpg

1153846065.jpg

内部は、引き続き漆喰塗りが進んでいます。
漆喰塗りは前日下塗りを行い半乾きの状態で仕上げ塗りになるので2日間で仕上がる面積の壁を塗っていきます。

箱階段その1
もう一つの箱階段を紹介します。工事中ですが木工事はほぼ終わり最後に建具屋さんが扉をつけます。
この箱階段は、居間にある階段状の収納家具です。
低い段はテレビ台を兼ね下はビデオやDVDの収納になります。他の箱は、居間で使用するこまごまとした収納になります。一番高い段の下は客用玄関からの入り口になります。

この収納箱段は階段として登って登れない事はありませが、上り下りの行為よりも2階とつながっている感じをより強く出したいと思い計画しました。

居間の吹き抜けに面した2階に家族のオープンスペースがあります。一人でいても居間(家族)とつながっている感覚を空間だけでなく動線としても続いている安心感を出せたのではないかと思います。

1153462948.jpg

1階漆喰塗 レンジフード取り付け
今日から1階漆喰塗りが始まります。
吹き抜け部分の足場の確保を行い、柱・梁のチリ周りに養生テープ貼りを行なっています。
養生が終わると下こすり下塗りに入ります。

1153750613.jpg

1153750661.jpg

大工さん工事、内部はほぼ終わり棚板や雑工事を行なっています。
レンジフードの取り付け状況です。
内部が終わると、外部塀の木工事に入ります。

基礎断熱 設備配管
基礎外貼り断熱材の上を基礎天場に合わせて切り揃えます。
その後、目地部分に念のため防蟻シールを再度打ちます。

1153587010.jpg

1153586980.jpg

設備配管を基礎より少し伸ばしておきます。
この後に、左官屋さんが断熱材の保護を兼ねて樹脂モルタル塗りで仕上げます。
ボード系の断熱材は紫外線による劣化があるので、何ヶ月も現しにしないように早めにモルタルを塗るかシートをかぶせて紫外線を避けます。

壁塗り 慣れてきました
今日は、寝室の壁塗りです。
段取りも上手になり、塗り方もだいぶ慣れて左官屋さんの手つきになってきました。
慣れた頃に終わってしまうのが残念ですが、もう少し塗っても良いかなと思う位が楽しい思い出として残ると思います。

1153586933.jpg

1153586879.jpg

お母さんの隣でちょっとお手伝いです。
子供のときに左官屋さんから借りたプロ用のコテで塗れることは、貴重な体験だと思います。

続きを読む