建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

屋根板金工事が始まりました
1階屋根 板金工事の下葺きが始まりました。
通常アスファルトルーフィングが一般ですが、横葺きで勾配が緩やかなため接着性ゴムアスルーフィング(ガムロン)を下葺きとしました。剥離紙を取りながら野地板に接着していきます。
屋根寸法を取り工場加工後、来週から葺き始めます。

1157041364.jpg

1157041459.jpg

野地板が貼り上がり板金取り合い部分の木工事を行っています。
室内部分と下屋部分では壁断熱材、通気の方法が異なるので場所により板金立ち上がり方法が異なります。



スポンサーサイト
1階屋根 木工事
1階屋根、木工事が進んでいます。
軒天は、垂木・化粧野地板が表しになります。ベンガラを先塗した部分が外部に表しになります。
軒の出を揃え軒先淀(軒先の板)を通します。
淀は、化粧野地板よりも厚く仕上げた方がしっかりしますので、垂木先を欠き込み厚さを調整します。

1156852684.jpg

1156852743.jpg


瓦工事 下屋木工事
屋根瓦が棟瓦残しで葺き上がりました。
棟瓦は、破風板金巻き後に取り付けます。
緩勾配対応の平瓦ですが、和瓦葺きにも見えるので建物に合っていると思います。

1156599242.jpg

1156599314.jpg

勝手口兼物干し場にトップライトが取り付きました。
トップライトから隣の竹林上部が見えます。

建築士会講習会
群馬建築士会渋川支部主催の建築関連講習会に出席してきました。
渋川市が限定特別行政庁として、建築確認申請の手続き業務の説明と、渋川消防本部による住宅用火災警報装置の設置義務についての説明を受けました。

1156525711.jpg

屋根瓦工事
屋根瓦が葺き始まりました。
緩勾配対応の平板瓦です。
瓦専用ステンレス雪止め金物を取り付けながら軒先から葺いていきます。

1156452287.jpg

1156452339.jpg

木工事は、1階屋根が取り付く部分を先行して構造合板を貼っています。
1階屋根下地工事も室内部分は垂木取付野地板貼りに進み、室外部分は断熱材、透湿シート貼り、通気層を設けて垂木掛けを取り付けます。
1階屋根が出来ると雨養生がぐっと楽になります。

瓦工事 外壁下地工事
瓦を屋根に載せています。
瓦下地、ルーフィング2重葺き状況です。
ゴムアスルーフィングの確認・流し桟・瓦桟の確認をします。
けらば捨て水切り、軒先水切り、棟部分ルーフィングの巻き込みを確認します。
瓦葺きの場合、瓦下に水が回る事を前提とし、下葺き、端部水切り部分の施工を確認します。

1156339069.jpg

1156339214.jpg

1156339331.jpg

1156339453.jpg

木工事は、外壁構造合板貼りです。
釘種類、間隔、めり込みのチェックをします。
構造合板継ぎ手部分に気密シート貼りを行います。



瓦工事に入りました
瓦工事が始まります。
ブルーシートの養生をはがし野地板の清掃をしています。
瓦工事職人さんと現場で納まりの打合せ、製品の確認を行いました。瓦工事は5日間予定です。

1156245228.jpg

1156245280.jpg

木工事は、1階屋根下地を作るために外壁工事を先にします。
間柱入れ、構造合板張りから始めます。

屋根下地工事
今日で2階屋根瓦下地が終わります。
蒸暑い中、屋根上での工事ご苦労様でした。
台風や夕立の雨養生ブルーシートがけにより木組みもあまり濡れずに済みそうです。
破風板も取り付き屋根の形が見えてきました。
垂木上の化粧野地板から始まり6工程でようやく屋根瓦下地になります。

1156173108.jpg
1156173191.jpg

軒先換気金物が野地板下に見えます。
ここから外気が入り屋根断熱材と瓦下地野地板の間、通気層を抜け棟換気から出ます。

屋根通気工事
屋根外断熱仕様のため、化粧野地板(天井兼用)張り後、気密シート、断熱材敷き、透湿シートを貼り、通気胴縁を外断熱専用のビスにて留付け後に、ようやく屋根下地野地板張りが始まりました。
野地板が張り終わると瓦下地ルーフィング貼りになります。
ルーフィングが貼り終るまでは、雨で化粧野地板が濡れないようにブルーシートをかけて置きます。

1155918169.jpg

1155918744.jpg

続きを読む
夜の室内
夜の居間からキッチン方向を見たところです。
昼間の感じとは異なり電球の暖かい光が落ち着いた空間をつくっています。
蛍光灯だけの明かりでは、白茶けた室内になってしまいます。
特に食卓テーブル上は、電球の明かりが料理をみずみずしく映します。

1155840513.jpg

1155840572.jpg

一段上がった畳コーナーからキッチンを見たところです。