建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

深夜電気土壌蓄熱暖房
基礎工事掘削が終わり、山砂敷き転圧を行いサーマスラブ設置地盤が出来ました。
サーマスラブ発熱体を並べ各パネルを結線していきます。結線後回路ごとに通電検査を行い通電が確認されれば、ジョイント部分をコーキングし防水します。全てのパネルが結線され通電検査が終わると山砂で埋め戻します。(来週初め予定です)

1159537642.jpg

1159537649.jpg

スポンサーサイト
サッシガラスが入りました
サッシガラス、引き違いサッシが入りました。
サッシの重さは、ほとんどがガラスの重さになります。ガラスの大きさと厚さ、枚数(ペアガラスならば2枚分)で重さが異なります。
掃き出しサッシでペアガラス以上の重いサッシは、取付部分下枠補強をします。
サッシが入ると一段と家らしくなります。

1159537665.jpg

1159537671.jpg

破風板、ガルバリウム鋼板巻きです。

基礎工事 掘削が始まりました。
基礎下の漉き取りが終わりベース外周部の掘削中です。
オートレベルで測りながらバックホウ(ユンボ)で、掘削地盤深さ近くまで掘り進め最後は手堀で整地します。
この後、地盤転圧、厚30山砂を敷き込み転圧し、サーマスラブ設置地盤を作ります。

1159444654.jpg

1159444646.jpg


ユニットバス完了 木工事サッシ内法入れ
ユニットバス組み立てが終わりました。
工事中の現場の中で一角だけが出来上がりました。
竹林と庭が見えるように窓は低めに大きな窓としました。
サッシを2重とし外側サッシは透明ガラス、内側サッシは型ガラス(不透明ガラス)で竹林を眺めたい時は、内側サッシを開きます。

1159443775.jpg

1159443769.jpg

木工事は、サッシ取り付けのための敷居・鴨居を入れています。
取り付いた部分から順に引き違いサッシ枠、サッシを取り付けていきます。

ユニットバス組み立て
ユニットバス組み立てです。
床架台、壁組み立て、浴槽設置と順次組んでいき、今日出来上がります。

1159276811.jpg

1159276818.jpg

木工事は、2階サッシ枠入れを行っています。真壁サッシ枠は、鴨居・敷居になるので慎重に入れます。
サッシ枠が取り付くとサッシ取付になります。

続きを読む
帳張り
基礎工事着工です。
地鎮祭時にテープでおおよその建物位置を決めましたが、着工時にトランシットで正確に位置出しを行います。
境界杭の確認をし境界線からの離れ寸法で一辺を決め直角を振ります。
敷地測量図を元に配置計画を行っているので、計画通りの位置に配置します。

次に設計GLを決めます。
設計GLは、現状の地盤高さと道路、隣地の地盤高さより設定します。
通常はなるべく搬入、搬出土の無いように計画しますが、今回は基礎下に土壌蓄熱暖房のための山砂敷き込みがあるのと、隣地の地盤高さを考慮し現地盤を漉き取り搬出土になります。

1159191290.jpg

1159191295.jpg


設備配管 サッシ枠取付
木工事 サッシ枠取り付けが始まりました。
内部は真壁のため敷居・鴨居を入れながらの取り付けです。
大工さんは造作材加工で現場を開けている間に設備業者さんが床下配管を行います。
給湯・給水・排水管位置をキッチン等設備機器に合わせ業者さんと再確認します。キッチン設備仕様はこの時期までに決めておくと配管の変更が有りません。

1159008103.jpg

1159008108.jpg



水廻り床根太入れ
1階キッチン、トイレ、脱衣洗面の床根太を先行して入れます。
柱梁は県産材杉を使用していますが、見えない床下は土台、大引き、根太まで桧(全ての材料が県産材です)を使用します。

1158838368.jpg

1158838377.jpg

トイレ便器位置を寸法出ししました。
従来の建設会社、工務店が行う一括発注では、現場監督が行いますが、(現場監督を置かない場合は設備屋さんが行ったりしています)分離発注では、設計事務所が行なうことが多いです。
図面を作成しているので、現場で正確な寸法が出せます。

下屋足場 木工事 床下地
久々の晴天です。下屋上に屋根足場が掛りました。

1158663200.jpg

1158663211.jpg

木工事は、1階水廻り床下地を先行させて工事を行います。
床下地後に設備配管工事に入ります。設備配管が済むとユニットバス組み立てとなります。

契約調印式
無垢に住まう家の各専門工事会社契約調印式を行いました。
分離発注で工事を行うため、基礎工事、木工事から始まり設備、電気工事まで12社の担当専門工事会社と別々に契約書に捺印を行ないました。
建て主さんが直接購入する材料や機器を含めると約20社との契約・注文になります。
実際に工事を行う職人さんや直接購入する材料、機器などを納入する業者さんと顔をあわせて契約となります。
頼む、頼まれる関係以上の「無垢に住まう家新築工事」のパートナーとして長いお付き合いをしていただきたいと思います。

1158611537.jpg

1158611547.jpg