建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基礎型枠取り外し
基礎型枠取り外しになりました。
外部に黒く見えるのは、発泡ガラス断熱材です。
基礎コンクリート寸法の確認、コンクリート仕上がり状況の確認をします。
オートレベルにて基礎高さを測定し、一部高い部分はサンダーかけを行い高さを合わせます。

1162315003.jpg

1162315009.jpg






スポンサーサイト
外壁 ガルバ鋼板葺き下地
外壁 ガルバリウム鋼板縦はぜ葺きの下地を貼っています。
縦はぜ葺きはピッチ400ミリのため間柱(=通気胴縁)間隔に合いません。
そこで下地に耐水合板を貼り吊り子留めビスを受けるます。

1162314981.jpg

1162314989.jpg

外壁通気層の上部です。
外壁の空気が暖められ上昇し軒天隙間から出ます。土台水切りから入った空気が、縦胴縁・通気穴付き胴縁を通り上がっていきます。
空気の流れを止めないように隙を空けて取り付ける箇所もあります。

敷地整地が始まりました。
本工事着工前に進入口の整備、敷地内の整地を行いました。
既存桑の伐根や草花の移動を行い、搬入土の敷き均しと同時に基礎下の転圧を行いました。
基本設計中に地盤調査を行い地耐力も調べていますが、整地を兼ね十分な転圧が出来る事は良い事です。

1162217138.jpg

1162217145.jpg


水切り採寸 木工事通気胴縁
外壁下、ガルバリウム鋼板水切りの採寸を行っています。
基礎外断熱の場合は、土台より外部へ大きく出るので勾配を取った木下地を入れガルバ水切りの下地にします。

1162217201.jpg

1162217196.jpg

外壁通気胴縁取り付けが進んでいます。
腰杉板貼り部分は、通気穴付き横胴縁取付、上部は縦胴縁で通気を取ります。

契約調印式
伊勢崎市にて「広縁の家 新築工事」の各専門工事業者さんと、オープンシステム工事分割請負契約の調印式を行ないました。
契約調印式は、広縁の家の概略説明から始まり、建て主さんの紹介、各専門工事業者さんの紹介を行い、その後工事業者さん毎に建て主さんと契約書に捺印します。
この時、初めて建て主さんと各専門工事業者の皆さんが顔を合わせます。
建て主さんは、実際に工事を行う職人さん、直接品物を納める業者さんと直に契約をする事で安心感が生まれます。
各専門工事業者の方は、自分たちがこれから携わる工事の建て主さんと直接顔を会わせるので、仕事に張り合いが出ると共に、良い仕事をして引き渡したいと言う気持ちになります。

1162067277.jpg

1162067262.jpg

各専門工事業者の皆さんと一緒に記念撮影です。

電気配線・器具位置打合せ
電気屋さんとコンセント、照明器具、スイッチ位置を現場にて打合せを行いました。
天井裏がほとんど無いため電気の配線ルートを現場にて打合せを行いながら決めます。
分離発注で工事を進めているので、設計者が作り付け家具や壁ふかし部分の説明や寸法出しも行います。設計者が直接職人さんに設計意図を伝えるので間違いが少なくなります。

1162041247.jpg

1162041239.jpg

外壁北側、通気縦胴縁取り付けが進んでいます。
断熱材をはさんでいるので、外断熱専用ビスにて留めつけます。
造作材用の長ビスよりも太く、断熱材厚さ部分はネジ切りが無いため外壁の垂れ下がり防止に強くなっています。断熱材厚さにあったビス長さを使用する事が大切です。

ぐんま優良木材現場検査
ぐんま優良木材使用住宅現場検査です。
優良木材品質認証センターより検査員が来て、ぐんま優良木材の確認(シールの確認)木材寸法、含水率の検査を行います。
寸法、含水率とも問題無く合格です。
構造材の60%以上群馬県産材使用すれば合格になりますが、100%県産材の使用住宅です。

1161948158.jpg

1161948149.jpg

外壁、通気胴縁、水切り下地取り付けに入りました。

続きを読む
基礎立ち上がりコンクリート打ち
コンクリート打ち前にアンカーボルト検査です。
アンカーボルト位置の確認と、ホールダウン金物用のアンカーボルトM16の位置、設置状況を確認します。
この時に型枠寸法と鉄筋のかぶり寸法の確認もします。

1161793011.jpg

1161793017.jpg

コンクリート打設状況です。
生コン配送伝票でコンクリート設計強度、スランプなど品質のチェックや配送時間の確認をします。
コンクリート打設はバイブレーターをかけながら打ち込みます。
打ち込み後、レベルを見ながらレベラーの高さを出し、硬化が始まったらレベラーで天場均しを行います・

2階床板 電気配線
2階床板貼りが進んでいます。
敷居を兼ねた部分は溝加工をしてから取り付けるので、床板割付により溝加工位置が異なります。

1161792977.jpg

1161792989.jpg

電気配線工事が始まりました。
柱、梁表しで床兼天井板の部屋が多いため電気配線ルートを考えながら工事をします。天井裏が無いので梁、柱を貫通しながら配線していきます。

アンカーセット
基礎立ち上がり型枠組が終わり、アンカーボルトを型枠に固定しています。
コンクリート打ち後、硬化前にアンカーボルトを差し込む方法を良く見かけますが(手間がかからない)、コンクリート打ちの忙しさと、徐々に硬化するコンクリートに正確にアンカーボルトをセット出来ないと思います。
余裕を見て、コンクリート打ち前日にアンカーセット日を設けます。位置高さを見ながら型枠に固定するので、間違いが少なくセットできます。

1161710632.jpg

1161710638.jpg

外周部は、基礎が偏芯しているため土台芯にアンカーセットされているか確認します。
明日、午後コンクリート打ち予定です。