建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

デッキ木工事 電気器具付け
デッキ大工さん工事が始まりました。
床下地組み加工を行い組み立て準備までします。週末に塗装を行い来週デッキ組み立てになります。

1175357969.jpg

1175357960.jpg

室内は電気器具付けになりました。
照明器具、換気扇、コンセントなどが次々と取り付いていきます。


スポンサーサイト
ケヤキ床板張りが進んでいます
ケヤキ床板張りが進み、DKの約半分の床が貼り上がり床養生を敷きました。
床養生を敷くと完成間直まで床は姿を現しません。
敷居レール部分は同じ床板に溝を掘りので、床板割付を行いながら敷居部分を決めていきます。

1175357991.jpg

1175357997.jpg

10時休憩です。大工さん同士の工程・段取りの打合せや情報交換などしています。

2階床養生が取れました
2階は木工事、左官工事が済みましたので床養生をとりました。
床張り直後に床養生をするので、数ヶ月ぶりに床仕上げが出てきました。柿渋を先塗した床は茶系に色づき落ち着いた床になっていました。
工事中の風景から出来上がりの室内が姿を現しました。

1175357935.jpg

1175357943.jpg

4/2電気工事 4/3木工事 外部格子取り付け準備になります。

ドッグルーム壁塗り 木工事引き出し 
日曜日の天井珪藻土塗りに引き続きドッグルーム壁塗りに入りました。
珪藻土平滑仕上げに挑戦してとても素人(もうセミプロに近い)とは思えないきれいな仕上がりになっています。

1175091603.jpg

1175091616.jpg

木工事は、残すところ少しになりました。
スライドレールの引き出しが付き和室の段差の仕上げがわかるようになりました。手摺等は壁塗り後に取り付けになります。

ケヤキ床板張り 電気打合せ
ケヤキ床板張り状況です。
ケヤキ縁甲板を仮並べし目地の通り、板同士の相性などを確認し一列並べて見ます。問題が無ければ一度外して本張りになります。
既製品の無垢縁甲板と比べて、一手間余分に掛かります。

1175091650.jpg

1175091667.jpg

電気打合せを行いました。
勝手口に設置される分電盤、各盤の位置、床下暖房盤位置を決めました。
木工事にあわせ壁コンセント、スイッチ位置決めとキッチンコンセント立ち上げ位置をカウンター、キッチン仕切り板を原寸で出して配線位置を決めました。
大工さんつくりのキッチンのためコンセント位置、スイッチ位置は自由に出来きますが、位置決めをこの状態の時に決めておかなければなりません。

電気器具付け 玄関FIX入れ
漆喰壁が仕上がり、電気コンセントやスイッチ取り付けに入りました。
予め下地の状態の時に配線を行いボックス類を取り付けておき、壁仕上がり後に結線・器具付けになります。
電気器具付けは今週いっぱいの予定です。

1175018971.jpg

1175018980.jpg

玄関ドア脇にFIXガラス(ペアガラス)が入りました。
ガラス回りは、後日コーキングとなります。

続きを読む
和室造作 ケヤキ床板張り
和室南、引き分け障子の敷居・鴨居組み立て状況です。
サッシ、丸窓、引き分け障子と三つの異なる納まりを考えて加工組み立てし、取り付けます。
通常の障子納まりとは異なり、柱内側に引き込まれるため難しい仕事です。

1175019005.jpg

1175019010.jpg

ケヤキ床板張りは、床下暖房の暖気出口の開口穴をあけています。

設備器具付け 畳寸法取り
設備器具付けが始まりました。
トイレは先に床養生をはがし清掃ワックス塗りを行っています。
便器が付くと塗りにくく後では便器下は塗れません。

1174921197.jpg

1174921205.jpg

畳寸法取りになりました。
畳寸法は現場で採寸し敷き方に合わせて作成します。畳表の打合せと畳縁の打合せを行います。

建て主参加工事 珪藻土塗り見学会
榛東村にて工事中の住宅見学会を行います。
3/25(日)午後2:00~4:00頃まで 

現在、建て主参加工事で室内の壁に珪藻土塗りを行っています。
これは、家族と愛犬のために過ごしやすい空間を安心な材料を用い、自ら参加し工事を行っている一つです。
珪藻土塗りは、初めてコテを握ってから上達も早く、今や色々な表現方法にチャレンジしています。
左官工事の他にも柿渋塗りやベンガラ塗りも自ら行いました。

当日は、建て主さんに直接、塗り壁や柿渋塗りベンガラ塗り方など体験談を聞く事が出来ます。

「愛犬と一緒の住まいを考えている方、珪藻土塗りや柿渋塗り、ベンガラ塗りに興味のある方は見学に来てください」
見学希望の方は、電話(0279-23-2790)かFAX(0279-23-2796)
メール(tam-kobo@khaki.plala.or.jp)で予約をして下さい。詳しい案内図をお送りします。

1174340284.jpg

1174340378.jpg


天井珪藻土塗り
今日は、珪藻土塗りの現場見学会を行い、工事中にもかかわらず遠方から参加して頂きありがとうございました。

建て主さんの今日の左官仕事は土間天井の珪藻土塗りです。
天井にコテで塗るのは難しいのではないかと心配しましたが、壁塗りで腕を磨き勝手口の天井塗りを経験した後なので、時間も掛からず簡単そうに塗っていました。

見学に来た方に「建て主さんは始めてコテを握り壁塗りを始めたのですよ」と話をすると、出来上がった壁を見て「左官屋さんが塗った壁だと思った」と驚いていました。

1174845261.jpg

1174845267.jpg