建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

軒先換気取り付け 外部付け垂木先塗り
軒天張りが進み軒先換気金物取り付け状況です。
ここから外部空気が入り、壁通気層から上がった空気と一緒に屋根下の通気層を徐々に登り、片流れ棟軒先の軒天換気口から出ます。
冬でも晴れた日には屋根面で暖められた空気が棟換気より出てくるのが良くわかります。

1198849304.jpg

1198849312.jpg

外部、窓上付け垂木部材を先塗りします。
大工さん取り付け前に早めに加工してもらいキシラデコール3回塗りを行ってから取り付けます。
平日は奥様が外部に使用する木材先塗り塗装と内部天井材の蜜蝋ワックス塗りを行っています。

スポンサーサイト
基礎配筋検査
基礎配筋検査を行いました。
配筋形状、鉄筋径、間隔、継ぎ手長さ、結束状況の検査を行いました。
ベース下スペーサーブロック寸法6cm確認。
外回り型枠と鉄筋のかぶり寸法は、型枠立て込みを見ながら寄りを調整するように指示。
全体に綺麗な(問題のない)配筋が出来ています。
冬季休暇中はブルーシートにて養生、1/8~9頃型アンカーボルト検査予定となります。

1198849339.jpg

1198849330.jpg




軒天張り ポスト受け
軒天張りが進んでいます。
本実加工杉板を母屋間に張るため最後の板を2枚合せて押し込むように張っています。
割付を合せながら微調整を行う慎重な仕事をしています。

1198606623.jpg

1198606633.jpg

外壁工事準備にポスト口を取り付けました。
ポスト口はポーチに設けガレージ内にポスト受けが取り付きます。
写真は室内からポスト口を見たところです。郵便や新聞がスムーズに入るように下を勾配にします。
ここに大型の受箱が取り付きます。

ロフト
1198506005.jpg
ロフトに上った所です。
4畳ほどのスペースですが階段・通路とつながった空間のため広く感じます。
床は2階天井と兼用の厚さ4センチの杉板を張りました。
柔らかい木なので傷がつきやすいですが、ごろんと横になると気持ちが良いです。
障子を開けると2階和室につながり、和室の通風に役立ちます。
ロフトにはトップライトを設け、星を見ながら寝ることも出来ます。 

1198506020.jpg
ロフト奥から階段、通路吹き抜け方向です。
このロフトは個室に設けるのと異なり共有のスペースにあるので、少し距離を置いて一人になりたい時、兄弟で使う時、家族皆で使う時など色々な使い方が出来ます。

玄関仮ドアが入りました
外部サッシも取り付けが終わり、玄関ドアと袖FIXが入れば戸締りが出来ます。
袖FIXペアガラスは今週末~来週初めには入ります。
玄関ドアがアルミサッシの場合この時期に取り付きますが、建具屋さんが現場に合せて作る木製建具の場合は、竣工間際に取り付きます。
それまで仮ドアで戸締りを行います。

1198257638.jpg

1198257645.jpg

建て主さんが、前もって区分けした室内に使用する杉板が搬入されました。軒天用板に黒芯の板や木目が荒れている板を使ったので、室内用は綺麗な板が残りました。

基礎下断熱材
深夜電気蓄熱暖房方式(エナーテック)は基礎コンクリートに蓄熱する考え方です。
コンクリートに蓄熱された熱が効率よく床下空間を暖めるようにベースコンクリート下に断熱材を敷き込みます。
基礎立上り部分は、防蟻材入り断熱材をコンクリートに打ち込みます。
現場は外型枠立て込みが終わり、防蟻断熱材を型枠に貼り付けています。年末は立ち上がり部分の鉄筋組みを行い休みに入る予定です。

1198257592.jpg

1198257613.jpg

「確認申請手続きの解説」 講習会
1198171007.jpg
耐震偽装から発した改正建築基準法が6月より施行され、確認申請が滞り着工件数が大幅減になったことは、報道にも取り上げられました。
半年経過し、ようやく確認申請手続きの具体的な作成方法と審査の流れ、現場が始まってからの中間検査、完了検査の申請手続き、設計変更と軽微な変更の区分けなど説明がありました。
これからの実務に生かそうと約6時間の講習を受けました。

南面外壁下地
 南面外張り断熱材、ネオマフォーム張り状況です。
気密を取るためネオマフォーム継ぎ手、サッシ・梁周りに気密テープ貼りを行います。
この上にタイベックシートを貼り、サッシ周りの気密防水テープ貼りを行います。
タイベックシート重なり部分に気密テープを貼り、さらに気密を高めます。
1198090904.jpg

1198090895.jpg

2階ベランダ部分軒天貼りを先行して行いました。
軒天張りが済むとサッシ取り付け、断熱材取り付けに入ります。

プレカット施工図打ち合わせ
材木発注前にプレカット施工図にて木材納まり、使用金物種類・使用場所など打合せしました。
天井を張り軸組みが見えない場合は、細かい打ち合わせはしなくても問題はありませんが、梁や柱が見える場合は事前の打ち合わせが大切です。
機械加工の出来る範囲で、少しでも綺麗に見えるようにプレカット加工業者と中野建業さんと検討しました。

1198090007.jpg

1198089995.jpg



ロフト階段
1198011871.jpg
ロフトへの階段です。
ロフトは2階廊下の上につくり、家族の共有のスペースです。
1~2階階段の上部空間に階段をつくったので、部屋のスペースが無駄になりません。
ロフト階段の場合は梯子形式につくることが多いですが、この場合は固定式のしっかりとした階段としました。
力桁と段板の階段は空間が抜けて広く感じると共に階下に明かりが回ります。