建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

1階床張り 照明器具開口
1階床張りがもう少しで終わります。
張りあがった部分は直ぐに養生シート・ボードを敷くので竣工間際まで見ることが出来ません。大工さんと造作材・棚板の加工前の打合せを行い、これから加工に入ります。

1204135382.jpg

1204135392.jpg

電気工事、室内壁配線と天井照明器具ダウンライト穴あけを行っています。

スポンサーサイト
1階床板張りが進んでいます
1階床板張りが進み、居間~厨房から洗面所が終わり、玄関方向に張り始めています。
柱が出る真壁部分は、柱の下部に床板溝を彫り差し込みます。
両方に柱がある箇所は何度も合せながら慎重に入れています。

1203805891.jpg

1203805900.jpg

床板が張り終えた箇所は、清掃し養生シート敷き込み、さらに養生ボードを敷きます。

屋根工事
屋根ガルバリウム鋼板立てはぜ葺きを行っています。
軒先唐草を取り付け後、平部分を葺き始めます。

1203805917.jpg

1203805927.jpg

棟換気部分です。
軒先から入った空気が上昇し棟部分で排気されます。
熱気がこもらない様にする為と、屋根下の湿気も一緒に排気され乾燥状態を保ちます。
棟部分には棟換気部材が取り付けられ、ガルバリウム鋼板の棟巻きとなります。

子供室床張り 厨房天井
子供室、カバ桜床張りになりました。
床板は部屋の長手方向に張るので、寝室・廊下と逆方向になります。

1203530184.jpg

1203530192.jpg

厨房天井板張りがほぼ完了し、足場が取り外されました。
居間側から厨房天井を見たところです。
杉無垢板の微妙な色合いと柔らかな感じが良い雰囲気を出しています。

天井がほぼ終わったので、1階の床張りに入ります。

屋根下地
屋根の形が出来てきました。これで南側に下屋が付くと家の大きさがわかります。
屋根は、垂木留め、タイベックシルバー敷き込み、通気垂木留め付け、杉野地板張り、ゴムアスルーフィング敷き込みまで進んでいます。
通常より手間がかかりますが、断熱材の外に通気層が出来ることや、タイベックシルバーの遮熱と万が一の雨水の侵入防止になるように2重の備えをしておきます。

1203099171.jpg

1203099183.jpg

屋根ゴムアスルーフィングの確認で、星見台のところに出ました。
ビルの隙間、遠くに妙義山が見えました。
北西は赤城山がよく見えます。
南は西上州の山々が、屋根越しに見えるいい景色でした。

厨房天井 寝室床張り
厨房天井板張りを行っています。
蜜蝋ワックスを先塗りした時にある程度色分けしておいた板の中から、色を合せて選び出し、さらに同じ木目になるように選び番号をつけて張り始めました。一枚一枚異なる表情の板の中でも、同じような色合い木目を合せて張ると一段と雰囲気が上がります。

1203097507.jpg

2階寝室~廊下まで同じ床材を張っています。
1203097499.jpg


床板は無塗装の無垢板を使います。
塗装済みの床板も同じ値段で購入できるのですが、樹脂塗装のため木の呼吸が出来ないことや、無塗装品に比べ足ざわりが悪いので、なるべく無塗装品に自然系オイル塗りや蜜蝋ワックス塗りを行ってもらうようにしています。


寝室床張り 厨房天井下地
寝室床、カバ桜縁甲板(無塗装品)を張り始めました。
廊下、階段の最後に巾の狭い板が入らないように割り込みをして張り始めます。

1202923874.jpg

1202923883.jpg

厨房天井下地組みです。
大工さん、電気屋さん設備やさんと現場で天井取り付け器具の打合せを行いました。
この段階で照明器具の位置を天井板の割付で目地部分に照明器具の中心になるように寸法出しを行います。
埋め込み照明器具位置の下地は両脇に補強材を入れておきます。
器具穴あけは取り付け前に行いますが、位置を決めておかないと、下地に当たり補強が出来ないなど支障が出ることがあります。
天井から吊り下げ方式のキッチンレンジフードは、キッチン位置から寸法出しを行い、吊り下げボルト位置に大工さんに天井補強材を入れてもらいました。

子供室天井 
子供室天井、シナ合板目透かし張りが完了しました。
目地が綺麗に通りすっきりした天井に仕上がりました。

1202759886.jpg

1202759895.jpg

吹き抜け、杉板天井が張りあがり窓を通して軒天板に連続している感じが出てきました。
杉無垢板の素材感、色や木目の自然の変化が感じられる天井になりました。

上棟式
今日は、この時期には珍しく朝から晴天で風も無く建て方には良い日になりました。
朝から始めた建て方が、夕方には垂木取付まで進みました。
中野建業さんの大工さん、職人さんの手際の良い作業で、建て入り直し一部金物入れまで進みました。
明日から屋根下地に入ります。

1202759924.jpg

1202759931.jpg

棟上で上棟式を行った後に、都会では珍しくなった餅まきを行いました。

吹き抜け、寝室天井張り
吹き抜け杉天井板張りが進んでいます。
張る前に板を並べなるべく木目の合う板を継ぐ様に張っています。
大工さんの一手間もあり目の揃った違和感の無い天井に仕上がっています。

1202490563.jpg

1202490554.jpg

寝室天井、シナ合板目透かし張りです。
予め蜜蝋ワックスを塗ったシナ合板を3尺角に目透かしに張っていきます。
接着剤と隠し釘を併用して留めていきます。
接着剤が硬化すれば釘頭を折り仕上がりとなります。子供室の天井も同様に張り始めました。
2/13(水)厨房天井下地組み後にレンジフード吊り下げ位置の下地補強をするため、富士設備さんと位置出しを行います。