建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

2階木工事  建て主塗装
1220096949.jpg
2階木工事、ボード張りが進んでいます。
吹き抜け廻り、子供室が終わり部屋らしくなってきました。
建て主さんは近くに住んでいるので毎日見学に来るのが楽しみになっているという事です。

1220096956.jpg
子供専用のクローゼット内部壁、桐積層板張りを行っています。桐は湿度により伸縮が大きいため、動いてもかまわないように釘打ちのみで目透かし張りにします。

1220096964.jpg
週末は、建て主さんが木部塗装を行います。
週末は雨が多く思うように塗装が進まなかったので、平日奥様に足場の低い所は塗ってもらいました。
今日は、雨の合間に高い所の塗装を行ってもらっています。
外部塗装は3回塗りを行うのですが、雨の日には出来ないのと、湿気が多い日は塗料の乾燥が悪く次の塗装に時間を置かないと塗れない為、出来る時にやっておきます。

スポンサーサイト
2階壁ボード張りに進みました。
1219932409.jpg
雨が続き外壁工事が進みませんでしたが、昨日の晴れ間に外壁板張りが南面に入ってきました。
もう少しで外部板壁が張り終ります。

1219932417.jpg
内部は、2階ボード張り、桐板張りが進んでいます。
来週前半には2階木工事が終わり、来週末には1階の天井張りに入る予定です。
ボードで仕切られると一段と部屋らしくなり、各部屋の大きさ、空間が分かってきます。

1219932425.jpg
2階壁張りと平行して、電気配線工事が進んでいます。

木工事 2階内法入れ・ボード張り 1階畳の間下地 電気工事
1219757483.jpg
2階木工事、内法入れ・手摺笠木取付を行い平行して間柱入れを行っています。
真壁柱に内法を取り付けるときは、柱に一回り小さい溝を彫り、内法材にはホゾを残して加工します。
内法を入れる前にホゾを金槌でたたき小さくしておきます。
こうすると柱の溝に入った後に湿気でふくらみ(元に戻り)溝とホゾがぴたりと合います。
柱間に入れるときはジャッキで開かせながら差し込みます。

1219757493.jpg
間柱が入った壁は、ボード張りに入りました。

1219757503.jpg
1階は、一段上がった畳の間床下地を作っています。引出と掘りコタツが入るので慎重に寸法を決めていきます。

1219757513.jpg
電気工事は、木工事進捗状況に合わせ壁内配線、給気口パイプ、換気扇排気パイプ取り付けに入りました。


ガラスのつまみ
1219220099.jpg

収納部分建具、開き扉のつまみにハルナグラス工房で見つけた、ペーパーウエイト用ガラス置物を使いました。
四角のガラス塊のためそのままでは取り付けが出来ません。

建具やさんに相談した所、取り付け用の細いねじが入る穴を開けてもらえば何とか出来るかも知れないと言うことでした。
そこで、建て主さんが何度も通って親しくなったガラス工房に頼み穴を開けてもらいました。

建具に取り付くと既成のつまみには無い、手作りガラスの柔らな感じが無垢板で作った木製建具にぴったり合いました。

家づくり講座「すまいる講座1」を行いました
1219609941.jpg
今日は、午後1:30~群馬県昭和庁舎11会議室にて「すまいる講座1」オープンシステム(分離発注)による設計編を行いました。
オープンシステムについてから始まり、依頼先、設計から始まり見積りまでをお話しました。
講座の最後は、室内模型を実際に作り、設計図面の見方などを体験していただきました。
次回は10/25(土)同じ場所で工事監理編を行います。
途中からでも十分家づくりに役に立つ講座になっていますので、是非御参加ください。

木工事 畳コーナー サッシ額縁取り付け
1219514529.jpg
木工事 1階は一段上がる畳コーナー造作に入りました。
サッシ高さと合わせ上がり框を入れ、高さを決めていきます。

1219514538.jpg
2階は、サッシ額縁付け、内部建具内法に入っています。
内法や額縁が取り付くと、漆喰下地のボード張りとなります。

1219514546.jpg
外部板張りは、ポーチまで進み、玄関には仮ドアが付きました。
玄関ドアは、建具屋さんが作る木製建具となるので竣工間際に取り付きます。

建具小窓
トイレ、脱衣など小さい部屋には照明の消し忘れや、使用中の気配が分かるように建具に小窓を付けます。
小窓にもハルナグラスの手作りガラスを入れようと、建て主さんが工房の職人さんと打合せを何度も行い作成した物です。

1219220113.jpg
一つは、吹きガラスで大きなお皿を作り、模様の綺麗な箇所を切り取って使いました。ガラスの平らな部分と模様の綺麗な部分が一致するのは少なく、何枚かの試作品の中から一部のみを使用して出来た物です。

1219220090.jpg
こちらは、型に透明ガラスと色ガラスを流し込み、軟らかいうちにコテで押し当てながら凸凹模様をつけたものです。
この模様付けには、建て主さんも参加して作業したようです。

何度も通っている内に、ハルナグラスの社長さん、工房の職人さんともすっかり仲良くなり、色々な注文にも親切に対応してくれたそうです。


木工事 2階床貼り 内法加工
1219343234.jpg
外部木工事はベランダ手摺下地行いました。
手摺壁、ベランダ床材は建て主さんが塗装を行ってから取り付けます。

1219343244.jpg
1階は床板が貼り終わり天井下地組みに入ります。

1219343257.jpg
2階は床板張りが進み納戸・通路の一部を残すのみとなりました。
平行して内法材加工を行い、加工済みの材料から取り付けに入ります。

手作りガラス
1219220033.jpg

ポーチに完成記念を兼ねて家族の思い出の作品を入れたらどうかと思い建て主さんと相談した所、地元のハルナグラス工房の手作りガラスを取り入れたいとの希望がありました。
ポーチ柱には建て方前に溝を彫っておいたので、溝にはまる大きさの手作りガラスが出来るかどうか相談してもらいました。

工房の手作りガラス体験で「フュージング」という方法で作成した物です。これは板ガラスに色ガラスを並べ、高熱で溶かすとガラス種類による融点の違いで色ガラスが溶け出し一体となる作り方です。
デザインを考え色ガラスを並べる所まで体験できます。

出来たガラスを予め溝を掘った柱間にはめ込み、コーキングで固定します。上から御主人、奥様、なつちゃんのイメージのガラスが出来上がりました。

1219220046.jpg

玄関から板の間に入る引き戸のアクセントに、なつちゃんのイメージの手作りガラスをさりげなく入れてみました。

木工事 1階床板張り・ベランダ・外壁 板金工事 水切り取り付け 
1219145299.jpg
木工事 1階床板張りが進んでいます。
厨房・食堂・居間床は終わり、残りは通路・脱衣・クローゼットとなります。

1219145308.jpg
ベランダ工事が始まりました。
根太・間柱・笠木取り付けを行い、床板、手摺壁は加工後先塗りを行う予定です。

1219145315.jpg
外部板壁は、西から北面がほぼ終わり、東面に入ります。板壁と上部塗り壁の境に小庇を設けます。
板金工事にて唐草取り付け後、水切り取り付けとなります。