建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

レベルコンクリート 防湿シート敷込み
1238573086.jpg

砕石地業が終わり、基礎外周部にレベルコンクリートを打ちました。
レベルコンクリートは、外周部型枠の位置出しと基礎の高さを決める大切な役割があります。
レベルコンクリートの上に帳張より出した墨を打ち、墨を基準に型枠が並べられます。

1238573078.jpg

基礎内部は、断熱材敷き込みの上に防湿シートを敷きます。
防湿シートの厚さ、重ね幅などを確認します。
改良杭部分は断熱材を丸く抜き、基礎ベースコンクリートの荷重が直接改良杭に伝わるようにしてあります。

スポンサーサイト
砕石地業
1238410937.jpg

砕石地業です。
地盤改良杭間に砕石を敷き込み後、ランマー転圧を行います。
ランマー転圧は改良杭をよけながら慎重に2回突き固めます。
中央は厚さ5cmの断熱材を敷き込むので、砕石仕上がりは5cm下がりとなり改良杭の頭が出ています。
地盤改良杭がある場合は、杭に注意しながら根切り~砕石地業を行うため通常の基礎工事より手間がかかります。

1238410953.jpg

子供室
1238228853.jpg

子供室は細長く10帖の広さがあります。
屋根勾配と同じ天井となっていますので、低い方はかがまなくてはなりませんが、落ち着ける場所になっています。
逆に高い方は、窓も多く活動的な場所になり遊びや学習の場所になります。
子供室には楽しい色々な仕掛けがありますので次回から御紹介します。

基礎工事が始まりました
1238158868.jpg

今日から基礎工事に入りました。
丸く出ているのが基礎内部の改良杭の頭部です。
改良杭の場合は通常現地盤面より下に作るのですが、内部杭は地盤改良しながら盛り上げて作ったので、地盤面より出ています。
周囲は根入れを行うため現地盤面より下がった位置に杭が出来ています。

1238158853.jpg

周囲根切りを行いながら、杭間さらいを行います。
杭があるため機械では掘削できない杭周辺を手堀、床付けを行っています。
根切りを行いながら砕石敷き込み、転圧を行う予定です。

基礎工事着工に合せて、設備業者さんと外部配管の高さと基礎配管高さ等の打合せを行いました。

コンクリート強度試験立会い
1238089180.jpg

先週打設したコンクリートがちょうど1週を迎えたので、今日がコンクリート1週強度試験の日となりました。
通常は生コンクリート工場の検査報告を受けるのですが、立ち上がりコンクリート打設日と重なった事や生コン工場が現場から近くにあり、建て主さんが見学できるので一緒に強度試験に立ち会いました。
生コン工場に入ったり、自宅の現場で打設された生コンクリートの強度試験に立ち会えたことは、色々な工程や予定がちょうど合ったから出来た経験です。

プレカット工場打合せ 見学
1238089157.jpg

現場での工事とは別に木工事加工の打合せを行いました。
事前にプレカット施工図のチェックを行い、チェック図に基づいた再打合せです。
化粧の柱・梁が多いので、金物取り付け位置や種類、間柱取り付部の加工の打合せ、柱チリシャクリの打合せなど細かい部分の打合せをこの時期に行います。

1238089165.jpg

建て主さん自宅近くのプレカット工場なので工場見学が出来ました。
平日時間が取れれば、自宅の骨組みを加工する工場を見学する事が出来ます。
加工機械が動いていれば、普段見られない木材の加工方法など見学できます。

基礎立ち上がりコンクリート打設
1238089148.jpg

基礎立ち上がり部分コンクリート打設立会いを行いました。
型枠の固定状態を見ながら、鉄筋のかぶり寸法とアンカーボルトの再確認を行います。
生コン搬入時に工場からの出荷時刻、現場着時刻とコンクリート強度、スランプの確認を行います。

1238089141.jpg

通園前にコンクリート打設中の現場見学です。
普段ミニカーで見る車が実際に自宅の工事現場に来て、コンクリートミキサー車からポンプ車を通してコンクリートが流れ出ている光景を間近で見られたことは、家づくりの思い出に残ると思います。


型枠・アンカーボルト検査
1237920172.jpg

基礎工事 立ち上がり型枠が終わり、型枠と鉄筋のかぶり寸法の検査とアンカーボルトの検査を行いました。

1237920181.jpg

立ち上がりコンクリート巾150㎜+断熱材厚さ50㎜で200㎜巾の型枠寸法です。
鉄筋のかぶり寸法のチェック、アンカーボルト径・長さ、設置位置と高さの確認を行いました。

1237920191.jpg

ホールダウン引き寄せ金物用のアンカーボルトです。
径M16 長さ=700の確認を行い、設置位置が柱からの離れ寸法に合致しているか確認します。

26日朝からコンクリート打設予定です。

2階トイレから坪庭
1237881026.jpg

2階トイレと坪庭の関係です。
便器に座った時横長の窓から坪庭のヤマボウシの枝葉が目の前に見えます。
トイレなどの水周りは家の裏面に回り、型板ガラスを使用することが多いですが、坪庭に面する位置に配置できた事と駐車場に面し外から見られる心配が無いので、透明ガラスの開放的なトイレにする事が出来ました。

来客駐車場
1237798646.jpg

ガレージの脇に来客用駐車場を設けました。ここはお子さんが大きくなった時に予備の駐車スペースにもなります。
コンクリート溝はタマリュウを植え、塀側と道路側は植栽スペースです。植栽が育つと板塀の色に緑が映えてくると思います。
洗車スペースとしても使われ正面の板塀と同じデザインのドアを開けると、直ぐにデッキ外流しがあり、外流し下にガーデニング・洗車ホース接続用の水洗があります。
板塀ドアは、塀と同じ材料を木製建具屋さんに支給し現場で同じ間隔に取り付け、塀と同じように見えるように工夫しました。

続きを読む