建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外壁板張り 木製建具採寸
1246368373.jpg

外壁杉板張りが進んでいます。
窓回りは後日行うコーキング工事用に少しあけて張ります。

1246368381.jpg

室内は畳コーナーのTV台と脇棚の取り付けが終わりました。
棟梁は加工場にて数多くある棚板の加工に入っています。

1246368389.jpg

木製建具加工・納まり打合せと、内法が入っている箇所の寸法取りを行いました。

スポンサーサイト
ユニットバス打合せ
1246281348.jpg

サッシが取り付いたのでユニットバス組み立てのため事前に現場打合せを行いました。
サッシ高さ、窓枠納まり関係、床仕上がり高さや設備配管位置など、事前に確認してもらいます。

1246281358.jpg

内部は1階床板張りが終わり養生ボードを敷き込みました。
完成間際まで床板は見えなくなります。

TV台取付け 外壁板張り 板金水切り
1246121954.jpg

畳コーナーTV台取り付けを行っています。
建て主さんが直接銘木店から購入した杉厚板を、大工さんが加工場にて寸法決めと仕上げを行い現場で取り付けに入りました。

1246121960.jpg

建て主さんが先塗りをした杉板を張り始めました。
天候によりますが来週末には外壁板張りが終わる予定です。

1246121967.jpg

板金工事は、木工事の外壁板張りに伴い水切り取り付けを行います。

桧床張り 水切り取付け 蜜蝋ワックス先塗り
1246121270.jpg

木工事は1階床桧板張りが終盤になりました。
クローゼット床は、節無し板を選んだ残りの板を使うため少し節有り板になっています。

1246121280.jpg

外壁板張り前に土台水切り取り付けを行いました。
来週から外壁板下地胴縁留め付けに入ります。

1246121287.jpg

建て主さんが天井に張る板を蜜蝋ワックスにて先塗りを始めました。
大工さんが天井張り工事に進む前に休日を利用して塗っておきます。


外壁下地横胴縁 杉厚板搬入
1245953220.jpg

外壁下地のタイベックシート2重張り状況の外観です。
工事中から地域の景観に溶け込んでいるようです。

1245953205.jpg

外壁板張りの準備が進んでいます。
通気層の上に防水の役割を主にタイベックシート張り、その上に横胴縁を留めつけます。
今週末~来週にかけて外壁板張りに入ります。

1245953212.jpg

内部は建て主さんが購入した杉厚板が加工され搬入されました。
テレビ台や棚板兼机に取り付けられます。

床板張り 電気スリーブ位置
1245952431.jpg

木工事は1階床板張りが始まりました。
合板下地張りを行わないで、根太の上に直接桧厚板張りを行います。
上小~無地の無垢板のため節板もありますが、張る前に大工さんに節のない板を仕分けしてもらい節の無い板を玄関~居間に張ってもらっています。

1245952438.jpg

サッシガラスが入りました。
外部足場が取り外されると窓一面に川沿いの桜並木が見えます。

1245952446.jpg

電気工事の換気扇排気位置・給気口の位置を現場にて打合せをしながら決め、その後スリーブ入れの工事を行いました。

玄関框入れ サッシ枠取り付け
1245764996.jpg

木工事、玄関框入れを行いました。框が入ると根太入れ、床板貼りに進みます。
玄関框は勾配に取り付いているため、同材接続部分のすりあわせを慎重な仕事で進めていました。

1245764989.jpg

サッシ枠取り付けがほぼ終わり、外貼り断熱材~タイベックシート貼りに進んでいます。

今日、午後にはサッシガラス入れになります。

外壁下地  内法入れ
1245764251.jpg

外壁板貼りに入る前に、通気縦胴縁の上に外壁防水に重点をおいて、再度タイベックシート貼りを行います。
タイベックの上に横胴縁留め付け、外壁杉板貼りに進みます。

1245764258.jpg

内部は内法入れが進んでいます。
内法が入ると間仕切り下地が出来、部屋の区切りが分かってきます。

家づくり講座「設計事務所の仕事と設計方法」について
1245526415.jpg

群馬県庁昭和庁舎にて分離発注に取り組んでいる県内事務所4社合同で家づくり講座を開き、たくさんの方に参加していただきありがとうございました。
分離発注の説明や事例を通して家づくりの取り組み方などをお話しました。
南会津から来て頂いた材木屋さんによる木の話など、家づくりにためになる講座だったと思います。

次回は8月9日(日)同じ昭和庁舎で分離発注における「設計編」の講座を行います。

屋根・サッシガラス入れ 木工事外壁下地
1245422255.jpg

デッキの一部、物干しスペースをガラス屋根としています。
先日現場にて寸法を取り、製作されたガラスが屋根に設置されます。
ガラスが設置されると大工さんが押し縁を留め付け、板金屋さんがガルバ鋼板巻きを行います。

1245422262.jpg

サッシガラスが入りガラス越しに室内からの景色が見えてきました。
ガラスが入ると中と外の境界がはっきりし、包まれている感じがします。

1245422279.jpg

大工さんは、外壁板張りの下地準備を行っています。
断熱材張り後、透湿防水シート(タイベック)張り、継ぎ手に気密テープを貼り気密をとります。
通気縦胴縁を留め付けし通気層を取り、さらに防水のためにもう一度タイベックシートを貼り横胴縁、板張りとなります。