建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

敷地模型と計画案
敷地周辺の既存建物と、未だ工事が始まっていない隣地に出来た大きさを予想して隣接建物のボリューム模型を作製します。
敷地周辺の建物を作ると、計画地の日当たり、風通し、眺望、隣接建物との空き具合などこれから進める計画に役に立ちます。
建て主さんには、間取りだけでなく隣接建物との関係や周辺の景観までを含めた家づくりを考えてほしいという思いで作製しています。

1254307751.jpg

黒い屋根が計画案の一つです。
写真左(西側)と下(南)の家はすでに建築されています。
南東の敷地は、工事中に始まり完成が一緒位でした。
東の敷地は、完成後に始まり現在は模型と同じ形、大きさで出来ています。

次回は最初に提出した計画案についてお話します。

スポンサーサイト
地鎮祭
1254137232.jpg

10月から工事が始まる「アトリエの家」の地鎮祭を行いました。
工事は一括請負で渋川市の㈱津久井工務店さんが行います。
地鎮行事の後、建物位置の確認と設計地盤高の確認及び境界杭の確認を行い、基礎工事工程の打合せを行いました。
その後建て主さんと津久井工務店の現場担当の方と近隣の挨拶を行いました。
工事状況はこれから随時更新していきます。

完成見学会を行いました
1254087237.jpg

今日は午前と午後に分けて2時間ずつの見学会でしたが、大勢の方に参加していただきありがとうございました。

建て主さんの思いが沢山詰まった家が出来ました。
見学していただいた皆さんの家づくりに少しでも参考になれば幸いです。

完成見学会のお知らせ
1253113716.jpg

1253366476.jpg

建て主さんの御好意により高崎市にて「さくらの家」完成見学会を開催することになりました。
「さくらの家」は川沿いの桜並木を眺めることのできる小さいながらも広がりのある住宅です。
吹抜けのある居間空間を中心に様々な居場所を設ける事で、多様な生活行為、季節、用途、気分、家族の成長に応じて使い方に多様性がでるように考えています。
また、建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、自ら工事にも参加しています。
自然素材での家づくりや建て主参加の家づくりに興味をお持ちの方は是非ご参加下さい。お待ちしております。

見学希望の方は、前日までに電話かFAX(0279-23-2796)またはメール(tam-kobo@khaki.plala.or.jp)で予約をして下さい。
詳しい案内図を送ります。
開催時間は27(日)午前10時~12時、 午後2時~4時。

1253113732.jpg

1253307944.jpg


1253521253.jpg

1253606751.jpg

1253521263.jpg



取り扱い説明を行いました
1253883661.jpg

今日は、給排水衛生設備とエコキュート、システムキッチン、電気の取り扱い説明を行いました。
エコキュートとシステムキッチンはメーカーから担当者の方に使い方を説明していただきました。

1253883681.jpg

水道設備は、排水管ルートの説明、外流しの水抜きのやり方、室内器具の取り扱い方など、電気は分電盤回りの説明を行ってもらいました。

一度に色々な器具の説明を受け直ぐには覚えられないと思いますが、分からなくなった時に説明書を見返しながらあの時の説明してくれた事はこの事だったんだという位の覚え方で十分だともいます。

分譲地内の敷地
1253828564.jpg

今回の敷地は20区画弱の分譲地の一角にあります。
写真奥に見える家は以前からあった住宅が2軒並んでいます。
敷地を見学に訪れたのは分譲が始まりそれほど経っていない時期で、予定地の南側に一軒建築されていました。

1253828507.jpg

道路から侵入路を入り奥の区画が敷地となります。
一段上がった西側の既存住宅の窓や物干しからの視線をどう考えるか悩みどころです。

1253828517.jpg

現在は敷地内から北側を見ると田園風景と遠方に山々が見えます。
西側も遠くまで見渡せますが、家が立ち並ぶ事を考えて計画しなければなりません。

隣地に既存建物がある場合建物位置や窓の位置など計画に生かせますが、これから建築される場合はある程度推定して考えます。
私の事務所では、計画敷地の模型を作る時に出来るだけ隣接地の建物を入れたボリューム模型を作り検討します。

土間の家 設計の考え方
1253703999.jpg

土間の家が竣工から半年が経ち、庭木が植え込まれたので完成写真を撮影に伺いました。
分譲地の周りの家も全て建ち1軒1軒が住宅地の景観を形成しています。

次回から、設計をどのように考え進めたかお話します。

建築基準法完了検査
1253188797.jpg

高崎市役所建築指導課の完了検査を受けました。
指導課の技師の方が2名来られて、建築基準法上の完了検査確認を行いました。
特に問題なく合格となりました。
完了検査で何件も見られている方が、今まで検査を行った住宅の中で個人的に一番良いな~と感想を言われました。

コーキング工事
1253108320.jpg

室内コーキング工事になりました。
鏡周り、洗面カウンターとボール、キッチンと壁取り合い部分、トイレタイル目地などをコーキングします。

1253108332.jpg

玄関戸枠下部と床接触部分にもコーキングをしておきます。

建具が入り、最期のコーキング工事が終わると竣工となります。

木製建具 建て込み
1253016258.jpg

木製建具建て込みが昨日から始まり、今日全ての建具が取り付きます。
木製建具は、木工事中に寸法取り、納まり打合せ後建具加工場にて作製され現場に搬入されます。
建具が取り付くと室内の雰囲気が違って見えます。
玄関建具も取り付くので鍵の管理は建て主さんになります。

1253016246.jpg

1段上がった畳コーナーに障子が入りました。障子紙は奥様の勤め先の職員の方が漉いてくれた手漉きの和紙を貼りました。
「さくらの家」にちなみピンク色の模様が漉き込まれています。