建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

子供室
1262075634.jpg

子供室は6帖のスペースを将来取り壊しが出来る壁で仕切り、一人3帖のスペースです。
仕切りは桁までとし、天井は吹き抜けから通路まで連続させて土間に置いた蓄熱ストーブの暖気が各部屋に回りやすくするとともに狭さを感じさせない工夫をしています。
子供室の外には通路を挟んで1畳半の専用のクローゼットがあります。

子供室の考え方は、建て主さん家族でそれぞれ異なります。
土間の家の御家族は子供室は寝るスペースと、独りになりたいときに居られる場所があれば良く、その他の事は家族のいる場所で行ってもらいたいとの思いがありました。
その思いからあえて子供室は小さくし、その分居間・畳コーナー・食堂・土間等みんなが居る場所の中でそれぞれ思い思いのことが出来るコーナーをたくさん作りました。

スポンサーサイト
軒天板張り 通気縦胴縁 
1262001843.jpg

外部は外張り断熱材と透湿通気シート張り後、軒天杉板張りに入りました。
杉板は前もって決めておいた外部用塗料を一度先塗りしました。
将来杉板の乾燥で実部分がすいても木地が見えないように重なり部分に先塗りをしておきます。
外部足場取り外し前にあと2回塗ります。

1262001850.jpg

通気縦胴縁留め付けが始まりました。
サッシ周り通気層の確保、留め付けビスの確認などを行います。

サッシ取り付け 外壁断熱材張り
1261753912.jpg

外壁にサッシが取り付き、断熱材張りと透湿通気シート張りを行っています。
断熱材を張ると外観の形や大きさが良く分かってきます。
断熱材継ぎ手部分の気密テープ張り、透湿通気シートとサッシ周り防水気密テープ張りなど確認しました。

1261753923.jpg

室内からピンク色のネオマフォーム断熱材が見えます。
居間の東窓から遠くに赤城山の長い裾野が良く見えます。



基礎コンクリート打設
1261676410.jpg

基礎コンクリート打設中です。
冬季のコンクリート打ちのため温度補正を行い24+6KNの強度のコンクリート配合です。
外周部ベースから打ち始め、一回りしたら立ち上がりを打設します。コンクリートが隅々までいきわたるようにバイブを掛けながら打設していきます。

1261676419.jpg

立ち上がり部分が終わるとベース中央部分の打設となります。

1261676426.jpg

打設後の均しを行いました。この後水引を見て木コテ押さえを行います。立上り部分は、均し後天場レベラーを流し基礎高さ調整を行います。
冬季のマット養生を行い冬期休暇に入ります。


型枠検査 アンカーボルト検査
1261505962.jpg

コンクリート打設前に型枠の検査とアンカーボルトの検査を行いました。
型枠は鉄筋のかぶり寸法が確保されているかどうか確認します。

1261505972.jpg

アンカーボルトの検査は、図面位置に固定してあるかどうか確認し固定位置及び高さを見ます。
鉄筋は型枠の中心に配筋しますが、アンカーボルトは土台芯に入るように通り芯に固定します。

コンクリート打設時のアンカー埋め込み(田植え方式)に比べ打設前固定は1日かかりますが、事前に位置・本数のチェックが出来ます。
また、田植え方式はコンクリートが硬化するときに無理に押し込むと空隙が出来る可能性があるので、必ず打設前固定を指示しています。

建て主さん塗装工事が始まりました
1261383789.jpg

建て主さんの工事参加が始まりました。
設計の終盤頃から塗料サンプルを取り寄せ試し塗りを行い塗料種類や色を検討し、屋根や外壁との調和も考え色を決定しました。
塗装場所は建て主さんによって異なりますが、今回は中野建業さんの作業場をお借りして塗装することになりました。
初めて本格的な塗装を行うわけですが、最初から塗装屋さんのように現場で足場の上に乗り上向きで作業するにはハードルが高すぎますので、使用する材料を取り付け前に先塗りを行います。
こうすると作業も安全で楽に塗り始められます。
また縁甲板に塗る場合は、サネ部分にも先塗り出来るので隙ができた時に木地が見えない良いところもあります。反対にどうしても運搬中や工事中に多少の傷が付きます。
取り付け後に補修し多少のムラは気にしないという前提ならば、建て主参加の中では取り組みやすい工事です。


家づくり講座「設計事務所の仕事・設計方法」について
1261301355.jpg

12/19(土)午後1:30~群馬県庁昭和庁舎1階会議室にて、県内の分離発注に取り組んでいる設計事務所3社合同で、「すまいる講座」を開催しました。
大勢の方に参加していただきありがとうございました。
すまいる講座は「設計編」「工事監理編」と今回の「設計事務所の仕事・設計方法」の3回に分けて開催しております。
次回は2月14日(日)に同じ場所で、すまいる講座「設計編」を開催します。
家づくりの選択肢の一つとして、こんな方法があったのかと思える内容となっていますので、家づくりをお考えの方は是非御参加ください。

木材検査を行いました
1261255921.jpg

木工事担当の㈱中野建業さん作業場にて木材検査を行いました。
プレカット施工図打合せ後、製材所にて設計寸法に製材された梁や柱が並べられます。
全て乾燥材の指定のため製材所の乾燥機で含水率を20%以下に落とした木材となります。

1261255914.jpg

木材はほとんどが県産材を使用し土台・床下回り桧材、柱・梁は杉材です。
検査は木材種類、寸法、乾燥具合などを確認します。
見える部分の柱・梁材は中野建業さんの所で、使用する材料の中から節の少ない材料・面を指定して番付を振った後にプレカット工場にもって行きます。
通常プレカットの場合、製材工場から直接プレカットに回りますが、中野建業さんの場合、一度作業場に搬入して材木を仕分けしてくれるので、同じ1等材(節あり材)を使用しても仕上がり方が少し違ってきます。

基礎配筋検査
1261147209.jpg

ベース及び外周部と内部立ち上がり基礎、浴室立ち上がり基礎配筋が終わり、内型枠を入れる前に配筋検査を行いました。
鉄筋径・間隔は図面のとおりを確認しました。
現場は鉄筋の上に道板を敷き結束した鉄筋が乱れないように、また曲がってかぶり寸法が不足することの無いように気を使って工事を進めています。

1261147219.jpg

鉄器の継ぎ手、定着長さを測定します。主筋D13は径の40倍の長さ520ミリが定着長さとなります。
鉄筋の継ぎ手部分、コーナー継ぎ手部分、基礎交差部分の鉄筋定着長さを測定します。

1261147228.jpg

鉄筋のかぶり寸法の確認をします。ベース下は6センチ以上のかぶり寸法が必要になっています。鉄筋下のスペーサーブロックの寸法の確認を行いました。

中間検査 サッシ入れ
1261062201.jpg

渋川市役所建築指導課の中間検査を受けました。
書類審査の後、敷地境界の確認、筋交い位置と取り付け金物の確認を行いました。
特に問題なく合格です。

1261062208.jpg

木工事は、1階サッシ取り付けがほぼ終わり2階サッシ取り付けに入っています。

1261062216.jpg

吹き抜け上の窓台打合せを行っています。

屋根はゴムアス2重葺きの後、ガルバリウム鋼板縦平葺きが進んでいます。
木工事は、サッシ枠取り付け後断熱材張りに進みます。