建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

浸透桝設置工事
1264883444.jpg

浄化槽設置工事が終わり、浸透桝掘削設置工事となりました。
浄化槽掘削でで確認したように70cm程度の表土の下は、大きい玉石交じりの砂礫層が深く続き水はけの良い地層です。
掘削土を見ると角のない玉石がたくさん出て、大昔は川原だった事を示しています。
設備業者さんも「こういう場所なら浸透桝でも詰まることはないやね~」と太鼓判?を押していました。

スポンサーサイト
建て方
1264883427.jpg

建て方が始まりました。
基礎工事着工と共にプレカット施工図チェック、打合せを行いました。特寸材が多いため同時に丸太集めから始め製材、乾燥
を行い、木材検査となりました。
その後プレカット工場で加工が行われ、木材搬入、土台伏せ、建て方となりました。
現場では一日で骨組みが出来るので一気に出来上がったように思いますが、それまでの長い期間色々な準備と打合せ、加工が見えないところで行われていました。

1264883419.jpg

今日は風も無く順調に建て方も進みほとんどの金物入れも終わり、建て入り直しから仮筋入れ小屋火打ち梁まで入りました。
建て方初日にここまで進むのは、木工事担当の中野建業さんのチームワークと段取りの良さがあるからだと思います。

床下地根太、下地合板張り
1264784251.jpg

木工事は外部周りの下地が終了し、1階床根太と下地合板張りに進みました。
設備床下配管と電気床下配線は木工事が外部回りの工事を行っている時に行ってあります。

作業場で加工された内法材が現場に搬入され取り付けを待っています。

1264784243.jpg

玄関は木枠が入り合板で仮仕切りを行ってあります。

床下地張りが終わると、天井下地組みに入ります。

土台伏せ
1264784221.jpg

土台伏せです。
基礎のアンカーボルト位置を土台に写し取り、アンカー穴をあけます。
基礎外断熱の場合は、床下空間は室内と同じため暖気を逃さないように土台下に気密パッキンを張り土台を伏せます。
土台設置後アンカーボルトナットを締めると、パッキンが圧縮され気密を保つようになります。

1264784213.jpg

アンカーボルトは、掘り込み式ナットを使用するため土台天場より下がっています。
特殊なナットのため専用ビットをインパクトドライバーに取り付けて締め付けます。

明日、建て方となります。





外部足場設置
1264784201.jpg

外部足場が設置されました。
平屋ですが屋根の高さがあるので2階建てのような足場の高さです。

1264784184.jpg

隣地側足場は、屋根の上まで足場を上げるため持ち出し足場が境界ぎりぎりに組まれています。
事前に建て主さんに隣地の方に、持ち出し足場が境界ぎりぎりに組まれるためメッシュシートが少し出るかもしれないとの事を話していただきました。
分離発注では特に建て主さんが近隣との関係を良好に保たれると工事がスムーズに進みます。

給水引き込み 浄化槽掘削工事
1264601193.jpg

水道本管より宅地内給水引き込み工事が終わり、止水栓とメーターボックスが設置されました。

1264601185.jpg

浄化槽掘削が終わり、ベース配筋とコンクリート打設になります。
この地域の排水は浸透桝となっています。浸透桝は周囲が水を通しにくい地層の場合、浸透が進まず詰まりの原因となります。ここの掘削の状況を見ると表土は浅く、すぐ下は玉石交じりの浸透しやすい地層となっています。
浸透桝設置地域の訳が良く分かります

建て方準備
1264599794.jpg

土台伏せを行う前に基礎天場に防蟻テープ(アリダンGAテープ)を貼り付けます。
防蟻薬剤が含まれた接着面を基礎に貼り付けます。
表面は芯墨が出せるように墨が打てます。土台伏せは基準墨を元にアンカーボルト穴を写し穴あけを行います。

外部足場設置前に基礎外周部にシートを敷きます。
シートは輸入木材の梱包用シートを中野建業さんよりお借りして建て主さんが敷き込んでくれました。
こうすると工事中の汚れが少なくなると共に外部清掃も楽になります。

1264599801.jpg

1/29土台敷き、1/30建て方に使用する木材が搬入されています。

完成予想模型
1264525818.jpg

完成予想模型の写真です。
近くに学校がある2方向道路に囲まれた敷地のため、車からの視線や通学の子供たちの視線も気になる場所です。
建て主さんの希望である天気の良い日は外で食事のためには、回りからの視線を遮る必要がありました。

駐車スペース2+2台分と浄化槽設置場所を除き、木板塀で囲み落ち着いた主庭とサービスヤードの場所を作りました。
居間食堂に面した主庭では、外ごはんやお茶など行える落ち着いた場所となります。
また日当たりの良い場所のため家庭菜園も出来ます。

サービスヤードは、厨房~勝手口から出られる場所となります。
道路に面するため、乱雑になりがちなバックヤード部分の目隠しとしての板塀を回します。

交差点付近は、浄化槽のメンテナンスもあることから塀を回さずに外部空間としています。
交差点のアイポイントとして、ここには植栽を行い地域への景観に役立たせたい場所です。
また塀を回さないことは、双方の車が良く見え安全対策にも役に立ちます。

1264525825.jpg

建て方前の垂木塗装
1264265378.jpg

基礎工事と設備・電気・床暖の先行配管も終わり建て方を待つばかりとなりました。
軒天の杉板は建て主さんが年末に木工事担当業者さんの加工場に行き塗装仕上げを済ませてあります。
玄関ポーチ部分と中庭の自転車置き場部分は垂木表しのため、大工さんにお願いをして垂木部材を先に加工してもらい現場に搬入してもらいました。
通常化粧垂木材は建て方直前に加工しますが、建て主さん塗装のため少し早めに材木の準備と加工をお願いしておきます。
今日と明日の休みを利用して先塗りを行い建て方に備えます。

1264265369.jpg

建て方前に準備する事と建て方当日の打合せを行っています。
30日建て方予定です。

設備工事 浄化槽掘削が始まりました。
1264265337.jpg

今日から現場での工事着工です。

浄化槽補助対象区域での年度末頃の工事は、補助金は残り枠が少なくなり4月以降の工事にするか今年度補助枠で出来るか微妙なところです。
年の初めに役所に確認したところ未だ2基分の予算が余っているという事なので、設備業者さんに急ぎで書類申請してもらった所、「急に2軒の申請が出てきて・・・」との事でした。
工事工程の関係で基礎工事前に行っておきたかったので、設備業者さんと役所に説明したところ補正予算で何とか今年度補助対象にしてくれるとの回答がありました。
補助金申請も許可になり各工事に先立ち浄化槽と浸透桝工事を始めました。