建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

野地板張り
1270059287.jpg

垂木が取り付き、淀や破風板が回ると屋根の大きさと形が見えてきます。
下屋取り付け部分は断熱材を優先させているので、ネオマフォームとタイベックを張り通気胴縁で押えます。
その後、屋根垂木取り付けとなります。

1270059280.jpg

垂木上にタイベックシルバーを敷き通気垂木を流します。
通気層を確保した後に野地板張りを行います。
野地板は野地合板ではなく、少し手間がかかりますが杉板を使っています。
杉野地板を張るときは、数枚毎に3尺ずらして継ぎ手位置が同じにならないように張ります。

今日は上屋根部分のルーフィング敷きを行い、明日下屋部分野地板張りが終わりルーフィング敷き込みが済めば雨の心配はなくなります。

スポンサーサイト
玄関飾り棚兼ベンチ
1269875971.jpg

玄関を入ると左側に建て主さんが銘木店より直接購入した栗無垢板を取り付けました。
玄関の飾り棚と靴の履き脱ぎ時のベンチにもなるような高さで設定してあります。


1269875991.jpg

居間から玄関方向を見たところです。
玄関に向かう時に正面に飾り棚が見え、スポット照明が当たる様にしてあります。
壁の途中に幕板を回し、そこから絵や書が掛けられるようにし床の間のような雰囲気を出すようにしました。

上棟式
1269721005.jpg

建て方も順調に進み屋根垂木が取り付けられました。
屋根の形が出来てくると全体の形がわかるようになり一層大きく感じられます。

1269721013.jpg

夕方出来上がったばかりの屋根の上で、といっても未だ骨組みの状態なので仮の足場板を渡し狭い場所で上棟の儀式を行いました。
大工さんは骨組みの上を軽々と渡り歩けるのですが、建て主さんと私は柱につかまりながら足場板の上で上棟式に参加しました。
月曜日から屋根周り軒先造作、タイベックシルバーと通気垂木留め付け、野地板張りに入ります。


間柱入れ
1269721041.jpg

しばらく現場を空けていた大工さんが昨日から入りました。
金物と筋交い入れまで済んでいるので、間柱入れから始まります。
間柱は通常3cm厚さの木材を使用しますが、当事務所では外周部は4.5センチ厚さの間柱を使用するようにしています。
外張り断熱では特に断熱材をはさんで通気縦胴縁をビス止めするため、見えない外側から間柱をめがけて留めつけるのは3センチ幅では心もとないため、4.5センチ厚さの間柱を使います。

1269721034.jpg

開口部の大きさを見ながら間柱入れを行っています。
外周部間柱と開口部マグサ入れ、サッシ周り受け材入れが終わると外張り断熱材、透湿通気シート張り、通気縦胴縁留め付けとなります。

建て方
1269619784.jpg

昨日の雨も上がり風もなく朝から建て方日和の晴天になりました。
建て方も順調に進み、午前中に梁組みがほとんど終わりました。
木材検査で見た柱や梁がプレカット工場で加工され、順々に組みあがっていきます。

1269619777.jpg

梁組み前に下で梁引き隠し金物を取り付けてからクレーンで吊り上げます。
組んでから後日金物入れを行う大工さんもいますが、組む前に作業性の良い場所で金物入れを済ませると、早く安全にまた正確に金物取り付けが出来ます。
ただし、梁組み前の金物取付は事前に図面をよく読みこんで、取り付け場所や金物種類を検討しておかなければなりません。



木工事 造り付家具
1269533290.jpg

内部木工事は、1階の収納家具造りを行っています。
テレビ台から連続した窓下収納家具加工取付けに入っているところです。
TV台は幅が広いため無垢板を何枚か接ぎ合わせて加工したものを使用します。
TV台と連続した窓下収納は畳コーナー飾り棚となるため、長いカウンター板を取り付けます。

1269533282.jpg

外部ベランダ板張り下地の間柱が取り付けられました。
ベランダ板は足場取り外し前に取り付けになります。

土台伏せ
1269362115.jpg

土台伏せは、明日か明後日の予定でしたが天気が悪そうなので今日に行うことになりました。
土台伏せ前に、防蟻材入りシートを基礎に貼り墨だしを行います。
この墨を基準に土台にアンカーボルト位置を写し取りアンカー穴をあけます。
外回りの土台下には、床下空気が逃げないように気密パッキン(写真の黒いシート)を貼り付けて土台伏せを行います。

1269362121.jpg

全ての土台が設置されたら、雨養生にシートを掛け26日の建て方を待ちます。

外部足場組立
1269362095.jpg

建て方前に外部足場組立を行います。
足場業者さんへは、事前に屋根の高さと基礎外面からの寸法を記入した図面を作成し送っておきます。
これは、平面図と立面図・断面図・屋根伏図だけではわからない部分もあると思われるので、工事が始まってから足場設置図面を作成します。
屋根に当たらないように図面から想像して部材をそろえ、外周部にかける足場組立の技術は専門工事業者ならではと思います。

1269362105.jpg

足場組立が終わり建て方の準備が整いました。

構造見学会
1269247462.jpg

3/20(土)に構造見学会を行いました。
工事が始まった方・設計中の方・これから設計に入る方・依頼先を決めている方など大勢の方に参加していただきありがとうございました。
構造見学会は、単に家の構造や造り方を見学するだけでなく、建て主さんや他の設計中の方と親しくなれる場所です。
建て主さんから家づくりの思いや経験談(楽しいこと・大変なこと)など直接聴くことが出来たと思います。

これからの現場見学の希望がございましたら現場打合せ日と合せて見学できますので御連絡ください。



玄関に入ると
1268986853.jpg

玄関の引き戸を開けると正面に坪庭が見えます。
坪庭は、玄関からではなく和室や浴室、トイレ、書斎からも見ることが出来ます。
坪庭は一方向からだけではなく、色々な方向から高さを変えて見られる位置に計画すると、光の当たり方や裏の景色の違いで同じ庭でも違った雰囲気に見えます。

坪庭は、建物や塀に囲まれたくぼみに作ることが多くあります。
くぼみは外壁面積が増えますが、開口部が多く取れ室内の採光と通風に役に立ちます。
これらの機能面と共に、坪庭からの日の光やそよぐ風、植栽などからいつでも季節を感じられる心のゆとりにつながります。