建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

内部木工事が進んでいます
1275154191.jpg

内部木工事は壁や棚、収納工事に進んでいます。
クローゼットの壁板張りを行っています。
クローゼット壁は衣類や収納の裏になるので、節有りの杉一等材を張っています。
着工時に同じ一等材の軒天用板と内部用板を仕分けて、節の少ない板を残しておきました。
内部工事に入る頃に蜜蝋ワックスを先塗りし張ってもらいます。

1275154184.jpg

吹抜けロフト部分は漆喰塗り下地ラスボード張りに入りました。
ラスボード張りが終わると木工事も終わりになります。

収納室以外の天井、壁は杉上小節板張りです。
同じ杉板でも上写真の節有りの一等材と比べると表情が異なってきます。

スポンサーサイト
屋根ガルバ棟巻き 外壁板張り・水栓取り付け
1275154155.jpg

屋根板金工事、棟から破風板のガルバ巻きを行っています。
軒先、けらばの破風巻きと寸法と納まりが少し異なるので、少し遅れて破風巻きとなりました。
外壁小庇や水切りの取り付けも行い外壁仕上げに備えます。

1275154165.jpg

木工事は外壁板張りに入りました。
軒天に張った板と同じ先塗りした杉板を張ります。
昨年暮れに塗り始めるときに、節の多い板と少なめな板を分けて先塗りをしてもらいました。
節の多い板は目立たない軒天に、多少きれいな板を外壁に使います。
こうすると同じ等級の板でも、普段目にする部分は少し良くなります。

今日は設備屋さんと一緒に中庭の給水栓の取り付けを行いました。
外壁板張り前に給水栓取り付け穴を開けて断熱処理を行い、次に板厚を計算して取り付け位置を出しておき、大工さん板張り後に取り付けとなりました。
設備屋さんの給水管接続と大工さんの板張りの工事を一緒に段取り良く行う事が出来ました。

床養生撤去 玄関ポーチ
1275053030.jpg

床養生が取り外され内部清掃も済みました。
残りの工事は内部木製建具建て込みと設備器具付けとなりました。

1275053019.jpg

玄関とポーチ割り石風タイル張りが終わり、玄関建具と外物置建具が入りました。
建具は外部木板と同じ色に塗装します。

6月3日に役所建築指導課検査を受けます。

外壁ガルバサイディング  室内壁造作工事
1274984415.jpg

外壁ガルバサイディング張りが完了しました。
外部は板金工事の軒樋取り付け、電気工事の換気扇フード等取り付け、外部コーキングを行うと外部足場取り外しとなります。
外部足場、取り外し予定は6月10~12日頃の予定となります。

1274984421.jpg

破風板ガルバ板金巻きを行っています。
破風板寸法に加工してきたガルバ板金を現場に合せて加工しながら取り付けます。

1274984408.jpg

内部木工事は天井が終わり壁造作工事が進んでいます。
棚やカウンターの取り付け、杉板壁張りなどを行い造作が済んだ部屋は塗り壁下地ボード張りに入りました。


床暖パネル敷き 天井ボード張り
1274984361.jpg

床暖房パネル敷き込みになりました。
割付に合せてパネルを下地合板にビス止めをします。
床暖房工事は明日半日で敷き込みは終わります。

1274984368.jpg

敷きこんだパネルの溝に温水パイプをはめ込みます。
温水パイプはボイラーより継ぎ手の無いように配管経路を組んであるので途中の温水漏れは心配ありません。
ボイラーで温められた水が回る事により床暖パネルに伝わり床が暖かくなります。

1274984375.jpg

木工事は、床暖パネル敷き部分は天井ボード張りが終わり土間部分のボード張りを行っています。
天井が終わると外壁板張りに進みます。
内部は床暖パネル周りのダミー合板張りを行い床板張りに進みます。

居間食堂吹抜け
1274879367.jpg

居間側から食堂方向を見たところです。
ダイニングテーブル奥に飾り棚があり一部が開放され厨房とつながっています。
対面キッチンですが、居間食堂空間からは仕切られ厨房は別室となっています。

1274879380.jpg

居間食堂は屋根勾配に天井を張り上げた吹抜けとなっています。
小屋組みを現し開放感のあふれる室内となりました。
小屋丸太は杉の磨き丸太を掛け和の雰囲気を出しています。
梁下に天井を張ったほうが工事費も掛からないし暖房効果もあるとは思いますが、小屋組みを現した力強さと開放的な空間の気持ち良さは、変え難いものがあります。

暖房については、深夜電気蓄熱ヒーター1台でほとんどの部屋を暖めています。
断熱気密の考え方が部屋毎に暖める考え方から家全体を暖める方式に変わったので、吹抜け空間が大きくても冷暖房費はそれほど変わりなく生活できます。
冷房も吹抜け上部にルームエアコン1台設置していますが、夏場でもあまり使わなくて済むようです。


居間食堂
1274702654.jpg

居間食堂から庭方向を見たときです。
奥に一段上がった畳コーナーがあり障子を開放すると20.5畳の広さになります。
庭に面する開口部の障子は壁側に引き込むと庭と一体感のある空間になります。
居間でくつろぐ時や食事の時など、何時も庭の木々を眺めながら生活が出来ます。

1274702666.jpg

障子を閉めると柔らかな光になり落ち着いた空間になります。
夜は障子に反射した照明の明かりが、珪藻土壁の柔らかな表情を浮かび上がらせます。

玄関から食堂居間空間へ
1274515977.jpg

玄関から居間食堂に進むと正面に隣家の手入れの行き届いた植栽が窓一面に見えます。
初めて敷地を訪れた時に隣地生垣をみて、この植栽があれば隣地側に大きな窓を開けても、日中カーテンを締めずに開放的に暮らせるのではないかと思いました。
食堂居間の東窓を連続させた横長の窓にし、植栽の緑と空だけが見える窓になりました。
朝日の差し込む場所で、主庭と隣地借景の植栽に囲まれた中で食事やお茶ができる場所になりました。

天井ボード張り ガルバサイディング打合せ
1274362968.jpg

天井断熱材張りから天井下地組みと天井ボード張りに進みました。
奥の部屋から作業足場を作り、野縁留め付けとボード張りを一緒に行っています。
来週中頃まで天井張りを行い、5/28~29床暖房パネル設置予定となります。

1274362958.jpg

窓上小庇取り付けが終わりました。板金屋さんが寸法を取り、加工製作後取り付けとなります。

外壁ガルバサイディング張り事前打合せを行いました。
端部納まりや役物取り付け打合せ、材料置き場や加工場所なども打合せし、工事に入るのは5/29~の予定です。


外壁ガルバサイディング 室内天井板張り
1274362999.jpg

外壁、ガルバサイディング張りが始まりました。最初は軒天、開口部周りの役物取り付けを行います。取り付いた役物に差し込むようにガルバサイディングを張ります。
サイディング張りは来週からになる予定です。

1274363007.jpg

内部木工事は天井張りがほぼ今日で終わります。
建て主さんが、ゴールデンウィークの休日を利用し蜜蝋ワックスを先塗りした杉板が次々と張られています。
天井が張られると壁収納取り付け、壁杉板及び漆喰下地ボード張りとなります。