建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

木材検査 建て主塗装始め
1288465592.jpg

木材検査を中野建業さん作業場にて行ないました。
特寸材が多く丸太集めから始まり製材~人工乾燥まで時間がかかりました。
5寸、6寸の通し柱の本数の多さと、長い梁材に建て主さんも感激したようです。

1288465586.jpg

定尺材の丸太から製材された梁材と柱材の束です。
これだけあっても骨組みだけで、垂木材や根太、間柱などの構造材、下地材と造作材は未だ入っていないと言われ、建て主さんも量の多さに驚いていました。

1288465580.jpg

建て主さん工事の塗装が始まりました。
最初は厚さ30㎜の杉化粧野地板から塗り始めます。
準防火地域の軒天は通常不燃材で包まなければなりませんが、30㎜以上の無垢板を使い垂木現しにすると、不燃材と同じ防火性能があるため、認められた仕様です。
30㎜の厚板の上に12ミリの野地板を張るため合計42ミリの無垢板の軒天となります。

建て方前に野地板と垂木表し部分の先塗りを終わりにしたいところです。



スポンサーサイト
型枠 アンカーボルト検査
1288465522.jpg

基礎コンクリート型枠とアンカーボルトの検査を行いました。
型枠検査は配筋検査と同じに重要な検査です。鉄筋のかぶり寸法が守られているかどうかを確認します。
鉄筋が型枠により過ぎているとコンクリート打設後の鉄筋の位置が外部に近すぎ、錆が進行しやすく躯体に悪い影響を及ぼします。

1288465572.jpg

アンカーボルトの検査は設計図の位置にアンカーボルトが設置されているかどうかを確認します。
またアンカーボルトの径・長さ、ホールダウン位置のアンカーボルト径や埋め込み長さなどを確認します。

11/1コンクリート打設予定、一週間程度養生期間を置き型枠取り外しとなります。

無垢板加工 サッシ取り付け
1288465491.jpg

建て主さんが購入した無垢板が、大工さんの加工場で削り仕上げされた板が現場に搬入されました。
取り付け場所に合せて、どこの部分を使うか大工さんと打合せをしました。
直線のベンチの計画でしたが、購入した無垢板の曲がりがきれいだったので、大工さんに曲りなりに加工してきてもらいました。
木目もはっきり出ていて、アールの綺麗なベンチになりそうです。

1288465544.jpg

サッシ取り付けと内側障子鴨居納まりの打合せを行ないました。
引込部分とサッシ枠の取り合い部分が通常の納まりとは異なるため現場での打合せが多くなります。

完成見学会の御案内
桐生市にて「まちの家」完成見学会を開催します。

1287565472.jpg

1288255011.jpg
居間からデッキを通して個室へつながる。

1288255019.jpg
中庭が各室に明かりと風通しをもたらす。

1287667872.jpg

隣地側面格子

「まちの家」は地域や家族、自然や環境へのつながりを感じること意識した中庭のある住宅です。
まちへとなじみ風景となるような、平屋建てならではの広がりのある空間となっております。
また建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、自ら工事に参加しています。
当日は住宅相談にも応じることができますので、自然素材での家づくりや建て主参加の家づくりに興味をお持ちの方は是非ご参加下さい。

日 時  2010年10月31日(日) 
10:00~12:00 (10:30~説明会) 
14:00~16:00 (14:30~説明会) 
要予約 (参加を希望される方は案内図・駐車場案内をお送りしますのでご連絡下さい。)

電話かFAX(0279-23-2796)またはメール(tam-kobo@khaki.plala.or.jp)にて前日までに予約をお願いします。



完成見学会の御案内2
1287734279.jpg

玄関を入ると居間空間で使用する土間と板の間が見えます。

1287734331.jpg

食堂からキッチン~洗面~脱衣室~浴室へ続きます。

1287734445.jpg

キッチン・食堂~水回りへは2つの動線があります。

10/31(日)の完成見学会は建て主さんに直接「家づくりの思い」を聞くことが出来ますので、是非御参加下さい。

完成見学会の案内3
写真枚数が多いため3回に分けて御案内します。

1287852931.jpg

大工さんが現場で作ったキッチンです。
色々な設備・器具が集約されている場所です。

1287852972_20140814172400f71.jpg

収納箱段、ロフトへの上り下り、部屋の間仕切りとしても使います。

1287853004.jpg

ロフトのピクチャーウインドー、 当日は登れませんので何が見えるかは建て主さんに聞いて下さい。

1287852958.jpg

土間の一角にあるライブラリー  どのような使い方をするのかは・・・・

1287852988.jpg

現場つくりの浴室

内法入れ ロフト床杉厚板張り
1288196991.jpg

サッシ内法入れや室内建具内法入れが進んでいます。
建具は柱内側の引き込み戸が多いので、鴨居の寸法や納め方も場所により異なるため、取り付け場所により加工寸法が異なります。
オーダーで作る建具は既製品の建具を使う方法とは異なり、色々な方法で建具の引き込み方式を考えられるのですが、場所により納め方が異なるので設計から現場での加工取付まで手間がかかります。

1288196981.jpg

2階天井とロフト床兼用の厚杉板を張っています。
ロフトで使用する場所は、ロフト床を優先し木表の節の少ない材料を使い、「そよ風」の機械室になる場所は、2階天井を優先し張り分けてもらいました。


配筋検査
1288197009.jpg

住宅瑕疵担保責任保険の基礎配筋検査を受けました。
施工業者さんから依頼を受けた指定保険法人の現場検査員の方が、ベース配筋と立上り配筋の径や間隔、継ぎ手長さなど代表的な箇所を見て設計図の通りになっているかの検査を行ないました。

1288197016.jpg

検査員の方が来る前に、事前に検査を行っていますので問題なく合格です。

1288197025.jpg

近くにお住まいの建て主さんが来てくれたので、検査内容やこれからの工事工程などを説明しました。
10/30(土)アンカーボルト検査、木材検査
11/1コンクリート打設予定となります。

サッシ取り付け 無垢板搬入
1288122096.jpg

外部サッシ取り付けが始まりました。
サッシ枠や内障子鴨居納まりなど打合せしながら加工した木材を取り付けていきます。

1288122103.jpg

建て主さん購入の無垢板が現場に搬入されました。
取り付け場所に合せて寸法や方向など打合せし、一旦大工さんの加工場に持ち帰り反りやねじれを取り、仕上げ加工に入ります。

「2010ぐんまの家」設計・建設コンクール表彰式
1287851921.jpg

今日は、群馬県庁7階正庁の間にて「2010ぐんまの家」設計・建設コンクール表彰式があり、建て主さん御家族と一緒に出席してきました。
建て主さんが代表となり住宅金融支援機構北関東支店長から賞状と記念の盾をいただきました。

1287851913.jpg

県庁32階にある展望ホールに28日まで入賞作品のパネルが展示してあります。
昨年度の入賞作品も一緒に展示してありますのでご覧下さい。