建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

TV撮影2
1298899267.jpg

23日の撮影当日は邪魔にならないようにと1時間ほど気楽に見学させて頂きましたが、その後製作会社から設計者のコメントを撮りたいと連絡があり、30日に再度建て主さんにお願いして撮影する運びになりました。
最初の撮影では、建て主さんから夫婦のインタビューがあり「どんな事を話せばいいの?」と聞かれ「家づくりの熱い思いをそのまま話せば良いと思いますよ」と軽い気持ちで答えたのでしたが、まさか自分の番になるとは思ってもいないことでした。

撮影当日、製作会社の方からインタビュー形式で質問しますから答えて下さいと言われ、少しは内容を考えていたのですが、最初にピンマイクを付けた瞬間にぽ~として、同じ質問に答えが違ったりだとか、言葉が出なかったりとか何回か取り直しを行いました。
最初は今の一角で撮影が始まったのですが、緊張感が出すぎたらしく書斎コーナーで取り直しとなっています。

かなりの時間を撮影したような気がしましたが、使われるのはテーマに沿ったコメントのほんの一部かと思いますし、カットされているかも知れません。
3/4の放送が楽しみのような恥ずかしいような気持ちです。

スポンサーサイト
TV撮影を行ないました
1298731813.jpg

バラエティー情報番組テレビ東京系列「たけしのニッポンのミカタ」に昨年竣工した「外ごはんの家」が放送されます。
放送日時は3月4日(金)22:00~22:54
今回のテーマは「住むだけが家じゃない!?」です。
出演者は北野武さん、国分太一さん、その他ゲストの方

1月23日と30日に現地撮影を行いました。
23日は写真のように大掛かりな機械を使い、上部からの映像を撮影した様子です。
外観と屋根で遊ぶ御家族撮影後室内撮影に入り、お子さんの遊ぶ様子や御夫婦のインタビューもあったようです。

予告では何軒かの住宅がテーマに沿って放送されるようです。


そとん壁上塗り 浴室窓台取り付け
1298727692.jpg

今週後半は暖かい日が続いたので、心配していた大きい面積の北面の壁と、東西の妻壁が仕上がりました。
残す所南面の一部が来週になります。

1298727700.jpg

浴室に御影石の窓台を取り付けているところです。
現場打合せ、寸法取りから発注され加工搬入された御影石が現場での微調整を行い取り付けられます。

外壁が仕上がった所から外部器具付けえを行い、3/7予定で縦樋取り付け・薪ストーブ設置を行ないます。
3/10外部足場取り外しとなります。

設備打合せ 塗装済板
1298727715.jpg

木工事の床下地が出来る前に設備業者さんと現場打合せします。
水周りの基部取り付け位置を柱芯からの寸法を出したり、壁仕上がりの厚さから器具取り付け位置を出します。
こうすると、床下地合板張り前に配管工事が出来るため仕事がやり易くなり丁寧な仕事につながります。
ただし、この時点で配管位置を決めるため後からの変更が余り出来ません。
設計時での打合せが重要になります。

1298727723.jpg

建て主さん工事の軒天と外壁に使用する外部板塗が終わりました。
同じ材料でも節の多い板と少ない板が有り、先塗り塗装時に建て主さんに分けてもらうと、現場で張るときに軒天の見えにくい所は節の多い板、外壁には少ない綺麗な板を張ることが出来ます。

木工事は来週から再開します。



計画案から基本設計へ
計画案提出の中から建て主さんにどの案がこれからの住まい方にあっているか、楽しそうな生活はどれか、面白そうなわくわくしそうな案は、など色々な方向から検討していただきます。
方向性が決まった計画案に対して、希望や要望を取り入れ次の計画案に進みます。

1298623232.jpg

最終案の元になった計画です。
雨水排水が浄化槽排水と同じ敷地内浸透桝処理となったため、屋根を北に向け雨水排水を北に集める事で雨水配管を短くする事にしました。

1298623252.jpg

道路方向からは室内物干しとエコキュート置き場を下屋にし外観のバランスを検討しました。

1298623260.jpg

北側が道路と河川の反対側の桜並木や境内からの外観を検討しました。

次回は基本設計完了となります。



外壁 そとん壁塗り  オーダーキッチン搬入
1298563216.jpg

昨年の暮れ急に寒くなり仕上げが綺麗に塗れなくなる恐れが出たため、暖かくなるまで延期をしていた外壁そとん壁の上塗が再開されました。
今日明日の暖かい日を使い北面と面積の大きい面を仕上げます。
日当たりの良い所は来週になります。

1298563211.jpg

キッチンは業務用キッチンメーカーにオーダーで作成してもらいました。
丸ごと水洗いするような業務用厨房で使っているため、下地補強材までスチールを使い丈夫なキッチンです。
作業台と食器棚は業務用既製品の中から選択しました。

外壁塗り壁が終わり次第、縦樋取付や換気外部フード取付を行い3/10足場取り外し予定です。

ガルバ鋼板屋根葺き
1298483968.jpg

下屋部分ガルバリウム鋼板屋根葺きを行ないました。
片流れ瓦屋根の妻側に板金屋根の軒先がシャープに見えます。

1298483958.jpg

ゴムアスルーフィングを重ね部分をずらし2重葺きを行なった後に、1.5尺に加工されたカン合式の立平葺きを垂木にビス留めします。
水上は風雨で進入した雨が入り込まないように箱折りを行い、その上に水切り面戸をかぶせます。
平部分は終わり換気雨押さえ工事を残すのみとなりました。

軒の出が長いので少量の雨ならば内部に吹き込まないため、屋根葺きが終わると一安心です。



瑕疵担保保険中間検査
1298462145.jpg

住宅瑕疵担保保険の軸組み中間検査を受けました。
指定保険法人の検査員の方が来て書類及び聞き取り審査の後、現場審査を行ないました。
現場審査では耐力壁の位置や金物の確認、柱寸法の測定を行なった他、図面と現場が相違ないことの確認を行ないました。

1298462153.jpg

2階内部は間仕切り下地や造作工事が進み、一部耐力壁仕様のボード張りを行ないました。

1298462159.jpg

1階造作は階段原寸型板作成を終わり、階段加工に入ります。

これからの木工事は外部断熱材が搬入されるので、外部周りを優先して進めます。

工事着工しました
1298375677.jpg

「陽ごこちの家」新築工事が今日から始まりました。
工事の進捗状況に応じて順次ブログにて報告します。

敷地が道路より低いために搬入土による盛土を行ないます。
高さの基準になるベンチマークの確認と設計GLの確認を行い、盛土高さの打合せを行ないました。

1298375670.jpg

工事の最初は枯れ草の表土をはぎ表土を表しにします。
以前水田だったため表土の20~30センチは稲作に適した水持ちの良い耕作土になっています。
やわらかい表土のためそのままの状態で盛土を行なうのは、将来余り良い状態ではないと思われるので表土は入れ替える事にしました。
既存耕作土を30センチの深さで掘削搬出し、良質の土を転圧しながら埋め戻します。

3/5(土)地鎮祭予定。
3/7~地盤改良工事を行ないます。

家づくりの選択肢
1298284157.jpg

昨日群馬県庁昭和庁舎で分離発注で行なう家づくり講座を行ないました。
家づくりの依頼先の一つとして、設計事務所に設計監理及びマネージメントを依頼して工事は種別ごとに分離発注する方式の説明を行ないました。
設計事務所による分離発注は、家づくりの希望や思いを十分に計画に取り組み、きめの細かい工事監理で品質の高い家が出来ます。
次回は4月16日(土)同じ場所で分離発注における工事監理編の講座を行ないます。
どの講座から聞いても家づくりの参考になると思いますのでご参加下さい。