FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

完了検査
1300803832.jpg

今日は群馬県建設技術センターの検査員の方が来て、建築基準法とフラット35Sの完了検査を受けました。
竣工した建物の基準法上の火気使用室の内装制限や24時間換気の給気口や排気換気扇の確認などを行ないました。
特に問題なく合格となりました。

完成見学会
1300643023.jpg

今日は建て主さんのご好意により完成見学会を行わせていただきました。
地震による影響のお忙しい中、またガソリン事情の悪い中たくさんの方が見学に来て頂きありがとうございました。

建て主さんの思いがたくさん込められた家になりました。

参加していただいた皆さんの家づくりの参考にして頂ければ幸いです。




完成見学会のお知らせ
1300198922.jpg

そよ風の家」完成見学会を建て主さんのご好意により開催することになりました。
「そよ風の家」は自然素材を使用すること、リサイクルが可能であることを徹底し、薪ストーブや太陽熱を利用した暖房方式を採用した住宅です。
また建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、自ら工事に参加しています。

1300198942.jpg

当日は住宅相談にも応じることができますので、自然素材の家づくりや建て主工事に興味のある方は是非お越し下さいますよう、お待ちしております。

1300198948.jpg

日 時  2011年3月20日(日) 10:00~12:00 ,14:00~16:00
要予約 当日の予約は不可です。
場 所  吉岡町(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)


坪庭塀板張り 畳敷き込み
1300542186.jpg

坪庭板塀工事が終わりました。
建て主さん先塗りは1回塗り後に取り付け、現場で後2回塗りを行う予定です。
仕上がると外壁板と同じ色になります。

1300542173.jpg

和室、居間に畳が入りました。
無農薬の藁床と無農薬のイグサ表の畳です。
畳が入ると一気に仕上がった部屋に感じます。

外壁下地工事  厨房棚造作
1300542215.jpg

外壁下地工事が進んでいます。
1階南側は杉板張りになるため、断熱材+遮熱性能のある透湿防水シート+通気縦胴縁+透湿防止シート+横胴縁+杉板張りとなります。
来週後半には杉板張りが終わる予定です。

1300542209.jpg

東~北~西の腰壁はガルバ鋼板縦ハゼ葺きの下地防水シートまで終わりました。
板金屋さんの工事を待つばかりとなります。

1300542204.jpg

内部は厨房食器棚やカウンター前の棚工事が終わり、部屋ごとに木工事が仕上がっていきます。
グレー部分は漆喰塗り仕上げとなります。

完成見学会のお知らせ2
1300275049.jpg

勝手口~収納~厨房~薪ストーブ土間まで床は一段下がったタイル仕上げです。
キッチンは業務用キッチンメーカーに特注で製作、ガスコンロはプロパンガス納入業者さんに発注しレンジフードは住宅機器納入業者さんから購入しました。

1300275068.jpg

居間吹抜けと格子床で出来ているキャットウォークです。

1300275117.jpg

2階通路の階段吹抜け方向の手摺を兼ねた本棚です。

1300275111.jpg

そよ風の機械室です。
軒先から入った外気が屋根面で暖められ棟で集められます。
冬季はファンの力でダクトを通して床下に暖気を送る仕組みとなっています。

木製建具建て込み
1300473018.jpg

工事もいよいよ終盤になり木製建具工事の内部障子建て込みを行ないました。
現場に合せて調整した障子を持ち帰り紙張りして再度建て込みます。

1300473009.jpg

木製杉板框戸が建て込まれました。
建具屋さんが場所に合せて調整している間に、建て主さんが蜜蝋ワックスを塗った後に建て込んでもらいました。
蜜蝋ワックスを塗ると杉板の木目がはっきりと出てきます。

外壁断熱材張り
1300385971.jpg

外張り断熱の高性能フェノールフォーム、フェノバボード張りが進んでいます。
設計ではネオマフォームを使う予定でしたが、断熱材の不足から納入時期がかなり遅くなるために同じ性能のフェノバボードが運良く手に入り使用する事にしました。

1300385977.jpg

サッシ受け材とサッシを取り付けた後に断熱材を張り、継ぎ手に気密テープ張りを行ないます。
垂木の間の細かい部分の工事も丁寧な仕事をする事で気密断熱が保たれます。

1300385983.jpg

サッシも取り付き室内から見た外の景色が分かります。

来週前半にはフェノバボード張り後タイベックシルバー張りが終り、後半には通気胴縁留め付けに進みます。

室内コーキング 木製建具取り付け 設備工事
1300273252.jpg

室内コーキング工事を行なっています。
浴室やキッチン・洗面などの水回り器具部分や土間タイルと沓刷り御影石目地などをコーキングします。

1300273259.jpg

木製建具は建て込みが進んでいます。
建具が取り付くと一段と部屋らしくなります。

1300273266.jpg

設備工事は昨日引き込みが終わったので敷地内工事済みの配管と接続工事を行います。
全ての機器の接続が終わると室内の水栓から水が出るようになります。

坪庭板塀工事  給水引き込み工事
1300195037.jpg

浴室前の坪庭を囲う板塀工事が始まりました。
木材は濡れ縁と同様に以前加工された材料を建て主さんが先塗りを行っておきました。
今回は下地まで組んでおき、板材は現場に合せた板に先塗りを行ってもらいます。

1300195033.jpg

給水は本管から引き出し工事を行なっています。
建替えのため以前の13ミリ給水管を仮設水道に使用していましたが、住宅は現在ほとんどの自治体で20ミリで引き込む様に指導されています。
本管から引き込み工事が終わり通水になると仮設水道は撤去されます。

今日午後は外部周りコンクリート打設予定。
明日は内部コーキング工事と木製建具取り付けが終わります。