建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

玄関から居間へ
1301580418.jpg

玄関から居間へ入る建具を開けると最初に見える室内です。
右側に作業台を兼ねた収納、左側が一段上がった畳コーナー、正面に階段と飾り棚・テレビ台となります。
竣工時の夜に撮影した写真のため生活感がありませんが、照明に照らされた室内の雰囲気が分かります。

1301580436.jpg

テレビや家具が置かれ、飾り棚にはお子さんたちのぬいぐるみやおもちゃなどがオブジェのように並んでいます。
吹抜けから差し込む光が部屋の奥まで照らし、とても明るい室内となっています。




スポンサーサイト
玄関下足入れ ポスト口
1301494969.jpg

玄関下足収納の扉を開けるとポスト口の受け箱扉が見えます。
外壁に取り付けるステンレス受け口と樹脂製の室内取り出し扉の2重になっており気密に配慮した製品となっています。
下足内に入れることで室内からは目立たなく、長いものを入れたときに室内樹脂ふたが開けられても下足扉が外部空気の進入を防ぐ事や、あまり美しいとは言えない樹脂蓋が見えなくて良いのですが、下足の収納数が減ります。
郵便・新聞受けをどこにするかは、個々の家庭の靴事情や新聞、郵便をどこで受けるかなどを話し合いながら決めます。

土間断熱 通気縦胴縁
1301405167.jpg

玄関・物置土間コンクリート打設前に断熱材を入れます。
床断熱の場合、玄関土間やユニットバス下で断熱が途切れないように断熱材を入れます。

1301405179.jpg

木工事は外壁張り下地の通気胴縁とサッシ上通気部の防虫網取付を行なっています。

1301405174.jpg

外張り断熱の通気縦胴縁留め付けは専用のビスを用い間隔は軽い外壁の場合300㎜以下としています。
外張り断熱はやわらかい断熱材を挟んで柱や間柱に外壁を支える下地胴縁を留め付けるため、長期にわたり垂れ難い専用ビスを使用します。
ビスの種類と断熱材の厚さに沿った長さ、留め付け間隔などを確認する事が大切です。

玄関
1301308287.jpg

玄関に入ると正面に壁のように見える天井までの建具が2本あります。
建具らしく見えないように吊戸とし床にレールや溝がないようにしました。
また、建具取っ手を付けないで溝を取っ手代わりにし、建具の存在に気が付かないような工夫をしてあります。

1301308298.jpg

奥の建具を引き込むと食品収納~厨房に入ります。
買い物後の帰宅時はこちらの動線を使う事が多くなります。

1301308306.jpg

手前の建具はコート掛けと普段は余り使わない靴入れとなっています。
下足入れは玄関を入って直ぐあるのですが、上部を飾り棚にし空間を空けることで広く感じるようにした事と郵便受けを下足内に入れたので、靴が収納不足になる恐れがありました。
日常使う靴は下足入れに、たまに使う靴はコート掛け上部の棚に分けて収納する事になりました。

外壁通気縦胴縁
1301152351.jpg

外壁は外張り断熱材、タイベックシルバー施工が終り通気縦胴縁施工が進んでいます。

1301152346.jpg

大工さんは板金屋さんが施工する土台水切り下地留め付けに入りました。
タイベックシルバーと通気縦胴縁の下部は、水切りを取り付けてから防水気密テープ張りを行い水切りの上に重ねるために張らずに残してあります。

1301152341.jpg

引き違いガラスが入りました。
遮熱や断熱ペアガラスが入っているため、外からは周りの景色が反射して室内が良く見えません。
室内からは多少色が付いているガラスを通しての景色となります。

木工事は外部水切り下地や小庇取付を行い、室内サッシ枠・内法入れに入ります。
4/2太陽光パネル施工となります。電気工事と板金工事の打合せも同時に行ないます。


天井断熱材・杉板張り
1301151412.jpg

天井断熱材入れと天井板張りに進みました。
断熱材不足から遅れていた2階天井工事が入荷と共に始まりました。
垂木間に厚さ100ミリ高性能グラスウール16Kを入れ、さらにその下に下に高性能フェノールフォーム(フェノバボード)を張り上げます。フェノバボード継ぎ手は気密テープを貼りしっかりと気密を取ります。
次世代省エネ基準より断熱性能を増した仕様となっています。

1301151417.jpg

断熱材の下に杉縁甲板を天井材として張り上げます。
天井板は建て主さんが蜜蝋を先塗りした板を使います。

木工事は天井板張りが終わると各室内の造作材取り付け~ボード張りに進みます。

1301151405.jpg

外部は腰板金葺きの打合せと水切り箇所の打合せ、寸法取りを行ないました。
板金材を発注し、水切りや役物の加工が終わると現場で外壁板金の施工となります。



テラス・ポーチ ビー玉模様
1301045030.jpg

濡れ縁下とポーチの土間コンクリートに建て主さんがビー玉や色ガラスとお菓子作りに使う型抜きで模様をつけました。
コンクリートが固まり始める直前に埋め込む作業を行なうのですが、埋め初めと終わり頃には埋め込む硬さが異なってきます。
時間との戦いで考えすぎずひたすら埋め込み作業を続けるのですが終りの方になると余裕が出てきて、型抜きの模様に色ガラスでリボンをつけたり遊び心が出てきたようです。
設計途中で建て主さんにはコンクリート仕上げの場合、「埋め込む物や模様など考えておいて下さい」と言っておきます。
そろぞれの建て主さんが色々な物や思い・思い出を埋め込んで表現してくれます。

1301045023.jpg

作業中の楽しそうな一コマです。

外部面格子
1300971992.jpg

東側は駐車場から玄関への通り道になるので、帰宅した時に窓から漏れる室内の明かりにほっと出来るように大きな開口部を取りました。開口部だけでは訪れる人や一段上がった隣地住宅からの視線も気になるので1間半の引き違いサッシを隠すように面格子を設けました。
開口部が気にならないように外壁と同じ材料同じ色に仕上げ、一面の壁に思えるようにしています。

1300971978.jpg

エコキュート置き場とエアコン屋外機置き場も格子の中に入れました。
外部設備機器は北側に設置する事が多くあります。
さくらの家は北側が良く見える場所のため設備機器などはなるべく隠すようにしました。
屋根や格子で囲うため工事費は掛かりますが、外観も良くなり機器も雨に当たらないため長持ちしそうです。

ポーチ
1300887917.jpg

ポーチは実家方向からのアプローチを優先ししました。
仕上げはコンクリート直打ち刷毛引き仕上げとし、コンクリートが硬化しないうちに建て主さんご家族でビー玉や記念のタイル、お菓子つくりの押し型などで模様をつけました。

1300887910.jpg

ポーチ東側は一段上がった隣家からの視線を遮ると共に板張りの外壁と調和するように面格子を設けました。
朝日が格子の隙間から差し込むと光の線がポーチを照らします。

玄関ドアは建具屋さんが現場に合せて作成した木製ドアに建て主さんが外壁板と同じ塗料を塗りました。
木製建具が取り付く工事終盤では建て主さんの塗装も腕が上がり、プロと同じ仕上がりとなっています。

写真左は縦型ポスト口があり室内の下足内で取り出せます。新聞もここから入れてもらっています。


フラット35中間検査 外壁タイベックシルバー
1300803864.jpg

フラット35S中間検査を受けました。
建設場所によって瑕疵担保保険の中間検査を受けた場合、建築基準法の中間検査は免除になりますが、フラット35の場合はフラットの中間検査を受けなければなりません。
検査員の方が断熱材の仕様についてや筋交いや金物について検査しました。
特に問題なく合格となりました。

1300803851.jpg

木工事は外部断熱材張り後に遮熱対応の透湿通気シート張りを行なっています。
サッシ周りの防水気密テープ張りは慎重に工事を行なっています。

1300803857.jpg

外部タイベックシルバーは今週中頃まで、その後通気胴縁留め付けに入ります。
3/23引き違いサッシ障子入れとなります。

今日も検査後に計画停電に入り、大工さんは電動工具が使えなくなり仕事がはかどらないと嘆いていました。