建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

瓦桟施工 建て主現場塗装
1314804208.jpg

瓦工事、ゴムアスルーフィング葺きが終り、瓦桟留め付けに入りました。
木工事で野地板張り後雨養生を兼ねてルーフィング敷き込みを行い、その上に瓦工事でルーフィングを敷くので2重葺きとなっています。
野地板直後に木工事でルーフィング葺きを行なうのは、次の屋根工事が直ぐに現場に入れないこともあるので、その間に雨であまり野地板を濡らしたくないためです。
その上に屋根工事で再ルーフィング葺きを行なうのは、屋根材と下葺きのルーフィングは両方とも重要なので屋根工事で責任を持って施工してもらいたいからです。
その結果が2重葺きとなる仕様になっています。

1314804231.jpg

建て方が終わると現場での建て主塗装が始まります。
下屋部分は板金屋根のため瓦を葺いてからの工事になります。
板金屋根工事が始まる前に屋根上の塗装を済ませると、塗料のたれを気にせずに早く塗れます。
基礎工事中に軒天や外壁に使用する板を先塗りしていたので、塗装作業も慣れた手つきで進めています。

1314804224.jpg

奥様もお子さんをおんぶしながら足場上で塗装作業を行ないました。

外壁工事が始まるまでに塗装が終われば良いのですが、時間のあるときに進めておくと工程が進んでから色々な作業や用事が重なっても慌てずに済みます。
建て主作業は毎日出来る訳では無いので出来る時に少しでも行なう事が大切です。

瓦葺きは来週からになります。



スポンサーサイト
珪藻土塗り
1314804260.jpg

室内壁珪藻土塗りが始まっています。
珪藻土は天然素材の藻々太郎を使用しています。狭い所や奥の部屋から塗り居間吹抜けが終りました。
珪藻土が塗りあがると室内の明るさが増し、柱や梁が綺麗に現れます。

1314804267.jpg

建て主施工の塗り壁工事が始まりました。
左官屋さんに下地処理と養生、チリ周りのテープ張りを行なってもらい、道具をお借りして施工指導をしてもらいながら塗り始めました。
一度メーカーショールームで塗り壁体験を行なって以来、ぶっつけ本番の珪藻土塗りです。

1314804272.jpg

一度経験した方は分かるとお思いますが、壁の上のほうを塗るよりも床近くの壁を塗る時の難しさ、皆さん苦労されたようです。
最初に取り掛かった3尺幅の壁塗りの作業写真ですが、作業姿勢とコテの回し方など慣れた手つきになってき、仕上がりも最初の壁とは思えないほど綺麗に仕上がりました。


筋交い入れ ルーフィング葺き
1314709859.jpg

木工事は筋交いと金物入れに入りました。
建て方の時は仮筋交いを入れておきますが、本筋交いが入ると外されます。

1314709869.jpg

屋根は瓦屋根部は木工事によるゴムアスルーフィング葺きが済み瓦工事打合せを行ないました。
板金屋根の下屋部分は最期の野地板が張られルーフィング葺きとなります。
下屋部分は外壁通気層優先と屋根通気層優先部があり、断熱材+通気胴縁を先行して工事する箇所もありルーフィング葺きまでに時間がかかります。

1314709875.jpg

北アプローチ側からです。屋根の形が出来ると軒の出が1m以上あるため建て方時より一層大きく見えます。

来週は瓦工事、9/12の週は屋根板金工事予定です。
木工事は金物入れが終わると、外部断熱材工事に入ります。

野地板
1314464704.jpg

建て方から3日目、大屋根の野地板が張られました。
この後ルーフィング敷きとなります。ルーフィング敷き込みが終わると雨にも一安心です。

1314464694.jpg

一般的な家づくりは、垂木留め付けから直ぐに野地板張りに入りますが、断熱材を垂木間に入れるため垂木上に通気層を取ります。
水下軒先から通気を入れ、棟の軒で排出するように野地板と垂木の間に通気垂木を留め付け通気層を作ります。
通気層の下には、透湿通気遮熱シート(タイベックシルバー)を張り断熱材内の湿気の排出を行なうと共に、屋根の熱を少しでも室内に入れないような遮熱効果のあるシートを使います。
シートは垂木上に両面気密テープで貼り、室内に面する屋根下全面をすっぽり包みシートでも気密を取る工夫もしています。
野地板を張る前に一手間掛けると、性能の良い家が出来ます。

1314464687.jpg

下屋部分屋根は垂木留め付けに入りました。

来週は下屋部分の野地板張りとなります。

珪藻土塗り下地処理
1314355106.jpg

今日から室内左官工事、珪藻土塗りのボード下地処理が始まりました。
室内の木工事はほぼ終り、綺麗に片付いた現場に左官屋さんが入り、ボードジョイント部分にメッシュテープ張、切り口部にはシーラー処理の上メッシュテープ張を行い、その後目地とビス頭のパテ処理を行ないます。
珪藻土塗りは8/30~の予定です。

1314355097.jpg

外部は軽量モルタル上塗りが終り養生期間です。
仕上げは9月初旬、ジョリパット塗りとなります。

建て方・上棟式
1314296997.jpg

今日は朝から雨を心配しながらの建て方でしたが、幸いにも降られずに無事に上棟になりました。
中野建業さんの建て方はいつも感心するのですが、建て方と同時にほとんどの金物入れを済ませます。
クレーンで引き上げる前に梁に埋め込み金物を取り付け梁上でボルト締めを行なっています。
建て方後、足場の悪い所でボルト入れ作業を行なうよりは、早く安全に作業が出来ます。

1314296989.jpg

順調に棟が上がり下屋母屋を吊り上げている所です。
午後4時にはクレーン作業は終り、化粧梁の雨養生を行なった後に上棟式を行ないました。

1314297004.jpg

2階梁上に上がり棟梁の仕切りで上棟式を行ないました。
梁上からの景色は遠くまで見えると共に高さも感じると共に家の大きさを実感できます。

明日は火打ち梁入れ、垂木留め付け~遮熱透湿防水シート張~通気垂木留め付けとなります。
8/27(土)大屋根の野地板張予定です。

土台敷き込み
1314192729.jpg

昨日の午後から外周部基礎天場に接着防蟻シート張後墨だしを行い土台にアンカー位置印を出し、今日の土台伏せの準備を行いました。
今日は朝から土台伏せとなり、午前中には完了となります。
土台伏せ前に床下の気密を取る為に外周部に隙間無く気密パッキンを敷きます。

基礎断熱の場合白蟻対策が重要になります。
防蟻剤入り断熱材をコンクリートと同時打ち込み、断熱材継ぎ手天場と縦目地には専用防蟻剤入り接着材を塗り、断熱材隙間からの進入を防ぎます。
基礎天場には接着防蟻シート張を行なった後に、念には念を入れシート状の防蟻シートを敷き何重にも白蟻対策を行ないます。
基礎コンクリートのベースと立ち上がり一体打ちは隙間の無い基礎になりますので防蟻対策の効果は高いと思います。

1314192722.jpg

構造材も搬入され、いよいよ明日は建て方となります。



家づくり講座
1314111556.jpg

8月21日(日)群馬県庁昭和庁舎にて午後1:30~家づくり講座「すまいる講座」を行ないました。
建て主の側に立った設計者の立場として、家づくりの依頼先から設計~見積まで概略の説明を行ないました。

次回は10月22日(土)分離発注の概要と各事務所の事例紹介を行ないます。
こんな楽しい家づくりの方法があることを知っていただけると、家づくりの選択肢が広がるのではないかと思います。


外部足場組立
1314014766.jpg

建て方前に外部足場組立を行ないます。
事前に足場業者さんへ配置、平面、立面、断面、屋根伏せなどの設計図面の他、足場組み立て用図面を作成し送っておきます。
基礎の状態で出来上がりの形を想像して足場を組むので足場用図面があると理解が早いようです。
また現場打合せに完成予想模型をもって行きます。
職人さんに見てもらうと立体が分かるので喜ばれています。

1314014757.jpg

足場組立前に建て主さんに基礎周りのシート敷きを行なってもらいました。
昨日の夕方雨の中だったようですが、御夫婦で敷き詰めてもらったおかげで、足場業者さんも汚れずに作業が出来ます。
足場下にシートを敷いておくと、工事中の現場が汚れにくいのと外部の掃除が楽になります。

建具採寸 キッチンカウンター収納 電気工事盤付け
1313852944.jpg

木工事が終盤になる頃に木製建具採寸を行ないます。
取り付け箇所を回りながら、建具納まりや建具金物の打合せを行ないます。
木製建具はこれから加工場にて作成され竣工間際に現場取付となります。

1313852952.jpg

木工事はキッチンカウンター収納作成が終り、可動棚の棚柱取付や残り工事を行ないました。
月曜日に内部木工事は終り左官工事に入ります。
現場には左官外壁仕上げ塗りが終わり、外部足場取り外し前にベランダ手摺取り付けに来ます。
また9月中旬にデッキ・塀工事を行ないます。

1313852971.jpg

電気工事は珪藻土塗り前のボード切り込みを行い、杉板壁部は器具付けに入りました。

来週は左官工事、内部珪藻土塗り下地処理に入ります。