建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

屋根ガルバ鋼板葺き  木工事 土台水切り下地
1317414717.jpg

下屋部分ガルバリウム鋼板立て平葺きが進んでいます。
雨押さえ、換気棟笠木板金は今日終わる予定です。
屋根が葺き上がると建て方後のルーフィング葺にも増して一安心です。

1317414741.jpg

木工事は外壁断熱材張りとタイベックシルバー張りが進み、アルミサッシも入り、土台回りに取り付ける水切り下地取り付けを行っています。
外壁も透湿防水シート張りとサッシが取り付くと雨の吹き込みもなく一安心です。

来週の木工事は外壁通気立て胴縁留め付けから軒天杉板張りに進みます。

スポンサーサイト
完成見学のお知らせ
「陽ごこちの家」完成見学会を建て主さんのご好意により開催することになりました。

日時  2011年10月1日(土) 10:00~12:00 ,14:00~16:00
場所  群馬県高崎市(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)

1317200216.jpg

印象的な長い片流れ屋根を持つ「陽ごこちの家」は室内にも屋根こう配を表し、随所にユーモラスなアイディアを散りばめています。
板塀に覆われたウッドデッキはアウトドアダイニングや洗濯物・布団を干し場等、用途を決めつけずに自由に使用されることを想定しています。
建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、建て主も自ら外部塗装工事や蜜蝋ワックス塗り工事、現場の清掃を行っています。

当日は住宅相談にも応じることができますので、自然素材での家づくりや建て主工事に興味のある方は是非お越し下さいますよう、お待ちしております。

1316611043.jpg

厨房から食堂・居間方向です。吹き抜けを通して2階子供室とつながっています。
キッチンに立つと吹き抜けの勾配と共に家の中が全て見通せるような広がりを感じます。

1316611052.jpg

キッチンは流し側とコンロ側が別のアイランドタイプとなっています。
流しの反対側にIHクッキングヒーターとレンジや炊飯器など調理家電用棚があります。

1316535729.jpg

吹き抜けの下に広がる居間・食堂・厨房



完成見学会のお知らせ2
「陽ごこちの家」完成見学会を建て主さんのご好意により開催することになりました。
日時  2011年10月1日(土) 10:00~12:00 ,14:00~16:00

1317198650.jpg

南ベランダに面した子供室は4.5畳の広さに収納とロフトがあります。
中央の飾り棚が上まで伸びているのはロフトへ上り下りの梯子の役目もします。

1317198676.jpg

北側子供室は5畳と収納・ロフトとなっています。
ロフトへは建て主さんが持っていた縄梯子で上り下りします。この部屋へは通常の出入り口の他、秘密の抜け穴が設けられています。

1317113492.jpg

板塀に囲まれたデッキです。
南と東の2方向道路に面している敷地のため日当たりはとても良いのですが、道路を通行する車や散歩する人々からの視線も気になります。外でありながら室内の延長としての空間を板塀に囲まれたデッキを設けました。
デッキには居間、脱衣洗面、浴室、寝室が面しています。
浴室前のデッキには植栽の場所として木が植えられるように穴があけられています。
デッキは外からの視線を感じることなく落ち着いた場所で、緑を感じながら木陰でのお茶や食事などを楽しめる場所になり、日常の生活では洗濯物や布団干しの場所に活躍しそうです。

1317113510.jpg

洗面脱衣から直接デッキに出られます。
直ぐ外はベランダ下となり、雨の吹き込まない場所には物干し掛けも準備され、洗濯物が直ぐ干せるようになっています。

帳張り
1317228057.jpg

敷地造成が終わり帳張り掛けに入りました。
帳張りは遣り方工事といい建物の位置や高さの基準となる仮設物の事です。
図面に基づき敷地に図面寸法を写す作業となります。建物外周部の90センチ程度外に木杭を打ち込み、基礎天場高さより15~20センチ程度上の高さにレベルを使い水墨を出します。これを水盛りと言い、地盤改良杭や土工事および基礎高さの基準となります。
木杭の墨高さにに貫板(水貫)をまわし、四隅に変形が起こらないように筋交い貫を打ち付けます。

1317228077.jpg

次に基準となる二辺を出すのに、直角を出すのに大矩を用いる場合もありますが、トランシットを使い正確に出します。
2辺の通りが出るとそれから尺棒にて基礎通りを水抜きに写し、基礎幅も一緒に印します。
基礎通り芯が出ているので、地盤改良杭や土工事および基礎工事まで、この帳張りを基準に位置や高さを決めていきます。


完了検査を受けました
1317131805.jpg

今日は群馬県建築技術センターの検査員の方が来られ、建築基準法とフラット35の完了検査を受けました。
申請書類の確認を行った後に現場を一通り見て廻りました。
フラット35の中間検査を受けているため敷地関係の検査は省略、室内はシックハウス関係の材料や計画換気、住宅用自動火災報知機の取り付けなどを確認しました。
特に問題なく合格となりました。

完了検査を受けるにあたり、揃えた書類です。
建築基準法確認申請書類とフラット35申請書類のファイル、オープンシステム独自の現場監理報告書ファイル(敷地調査の頃から地盤調査、工事着工~竣工まで、工程ごとに数多くの検査項目と写真を載せてあります)、地盤調査報告書、地盤改良報告書、コンクリート配合報告書、コンクリート試験報告書とシックハウス関係写真を揃えました。
住宅の工事で公共事業並みに、これだけ多くの監理書類・写真があるのは珍しいと思います。
検査員の方も書類を見るわけではないのですが、きちんと書類を揃えておくとしっかり監理をしている印象を持っていただけるようです。

コーキング工事
1317035167.jpg

竣工間際にコーキング工事があります。
室内の水周りや床タイルと木製幅木の目地が主ですが、外部足場取り外し後に行った工事でコーキングを行っておいたほうが良い箇所に施工します。

1317035182.jpg

コーキング工事が終わると竣工を待つばかりの現場となります。
後は建て主さん参加工事の室内清掃と床蜜蝋ワックス塗りがもう少しです。
この3連休を使って清掃片付けと蜜蝋ワックス塗り、外部面格子塗装など行ってもらいずいぶんと進みました。




設備、電気器具付け 畳敷き込み
1316892815.jpg

給排水設備工事の器具付けが進んでいます。
今週エコキュートが搬入され、設置場所の土間コンクリートも打設されたので、エコキュート設置および配管接続となりました。
給水給湯の試運転も終わり、各場所の器具から湯・水が出るようjになりました。

1316892830.jpg

電気工事も器具付けが終盤になっています。
既存アパートで使用していたエアコンを移設し、工事中に配管を済ませた場所に取り付けを行っています。

1316892845.jpg

畳敷き込みとなりました。
畳は先週採寸し寸法に合わせて作ってきます。現場では高さの微調整を行い敷き込みます。
畳が敷き込まれた部屋はイグサの良い香りに包まれます。

来週は月曜日に網戸取り付けと内部コーキング工事を行い、火曜日には完了検査を受けます。

造成工事が始まりました
1316791893.jpg

今日から造成工事が始まりました。
建物位置をテープで表し、基礎工事範囲の表土を20センチほど漉き取ります。
その後締まりやすい客土を搬入し転圧します。また、敷地内に高低差があるため客土の深さが変わります。

1316791876.jpg

駐車場予定地の道路側擁壁を解体し、工事中の大型車出入り口を確保します。
道路側溝と一体にコンクリートが打設してあるため、ハンドブレーカーにて擁壁部のみ解体しなければならなくなりました。
道路側溝の敷地側が境界線となっているので、普通は側溝と擁壁は別の工事になっているわけですが一体になっていました。

造成工事は10月5日頃までの予定、地盤改良工事が10月6~8日予定で行い養生期間となります。
基礎工事は10月17日の週~もしくは24日の週から始まり、11月末までの予定となります。
基礎工事後、設備配管を行い12月中旬~建て方予定となります。

屋根板金工事 木工事外張り断熱
1316699828.jpg

屋根板金工事に入りました。
昨日の台風が過ぎ、晴れ上がった現場に板金屋さんが入り木工事で葺いた上に2重にゴムアスルーフィングを葺きます。
唐草取り付け後平部分葺き始めとなります。
板金工事は今日と明日で平葺き部分が終わり、来週水曜日~役物取り付け予定です。

1316699847.jpg

大工さんは外部周りを先行させ、ネオマフォーム外張り後遮熱効果のある透湿通気シート張りを行っています。
サッシも現場に搬入されたので、サッシ仕様・ガラス仕様などを確認します。

1316699871.jpg

室内は大引きが入りました。設備工事床下配管は済み電気工事床下配線になります。
木工事はしばらくの間、外部周りを先行して工事を行います。

木製建具取付 犬走り土間コン準備
1316519050.jpg

先週から始まった木製建具工事がデッキ開き戸を除き今日で終わります。
建具が入った室内は部屋と部屋との仕切りが出来、室内の広さが実感出来ると共に、今まで見えていた収納棚が隠され竣工間際を実感します。
デッキ開き戸は来週取付予定です。

1316519080.jpg

外部は北側犬走り土間コン打設準備に入りました。
土間コンクリート高さと設備配管や桝の高さ、縦樋の納まりなど打合せを行ない仕上がり墨を打ちます。
明日コンクリート打設となります。