建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

脱衣洗面
1322659594.jpg

脱衣洗面は1坪の大きさです。
正面に作り付け洗面化粧台と鏡、脇に洗濯機置き場があります。洗面化粧台は大工さん作りの架台に人造大理石天板を載せ、多くの建て主さんが採用している病院用流しを組み込みました。
水栓も多くの建て主さんから使い勝手が良いと評判のキッチン用グースネックの混合栓です。この混合栓は蛇口で開閉が出来るので水栓の根元が汚れなくて良いようです。

洗濯機上から洗面台上までステンレスパイプを取り付けました。
洗濯層から洗濯物を取り出しながらハンガーやピンチに直接吊るし干す用意が出来ますし、少量の洗濯物ならばそのまま吊るしておくことも出来ます。
また、バスタオルなど掛けて置くことも出来る便利なパイプです。
洗濯機反対側の壁には下着や脱衣した衣類などを置く棚があり、タオルや洗剤などのストック場所としても使えます。

スポンサーサイト
2階・吹抜け、造作・ボード張り
1322596927.jpg

2階と吹抜け部の造作・ボード張りが進んでいます。
吹抜けはこれから行う1階の造作工事やボード張りのため、梁にかかっている足場板を取り外せるように2階と一緒に工事を進めます。

1322596912.jpg

畳の間吹抜けに取り付くエアコン収納棚の板が取り付けられました。
2階の子供室はボードが張られ部屋の大きさや感じがつかめます。

今週は階段周り造作と階段取り付けに入ります。

基礎巾木樹脂モルタル塗り
1322481563.jpg

外部設備配管が終わり基礎断熱材保護樹脂モルタル塗りに入りました。
樹脂モルタル下塗り後ファイバーメッシュを伏せこみ、もう一度樹脂モルタルを薄塗りします。
断熱材の紫外線による劣化を防ぐための保護モルタルは、埋め戻し後の地盤下まで塗ってあれば良い訳ですが、地面下の断熱材を基礎コンクリートまで塗るようにしています。

竣工近くになり外部足場が取り外されると地盤上は再度仕上げ塗りを行います。
1回の左官工事で仕上げ塗りまで出来るのですが、2回に分け手間をかけこの時期に塗るのは断熱材表面が劣化すると保護モルタルの接着力が弱くなるためです。
また、埋め戻しされた竣工間際の巾木塗りは地面下5センチ程度までしか塗れません。それでも問題ないようなのですが、下まで塗っておくと安心感があります。

設備工事の外部配管を行いながら埋め戻しをするのが通常の工事のやり方ですが、保護モルタルを塗るために基礎周辺を埋め戻さないでおきます。
左官屋さんは最初は土がかぶっている基礎周りの土を除き断熱材を表してから塗り始めてもらいます。
基礎工事も連続して埋め戻しまで行ってしまうのが通常ですが、左官工事が終わってから外部足場組立の間に埋め戻しを行ってもらいます。
各業者さんに少しずつ手間をかけてもらって基礎断熱保護モルタルを下まで塗ることが出来ます。

1322481579.jpg

~12/5までに埋め戻しと外部整地、12/6または12/7に外部足場組立、12/8土台敷き込み、12/9建て方、12/10上棟式予定です。

室内物干し
1322219246.jpg

冬の寒い時期や外出時、また半乾きの洗濯物などを室内に干せるように、通路吹抜けの上に室内物干し用の木棒を設置しました。
蓄熱式床下暖房のため室内空気が乾燥気味になり、通路上の吹抜けは空気が回りやすく洗濯物が早く乾くのではないかと思います。
居間の吹抜け上では日常の生活に洗濯物が目に入ります。通路上は居間から見えなく、洗濯物が干されていても動線の邪魔になりません。
干し方は、2階通路手摺から横棒にハンガーやピンチごと下げます。
洗濯物が多い場合、寝室の障子を開けて通路上の横棒全てに干せます。

通路上の東向きに高窓が見えます。ここから差し込む光が中廊下の暗くなりがちな通路を明るくしています。

1322219258.jpg

横棒を使用しないときは、取り外すことが出来ます。
取り外すと普通の吹抜けに戻ります。

2階ボード張り 
1322135316.jpg

木工事は2階と居間吹抜け部のボード張りに進みました。
石膏ボードが張りあがると一段と部屋らしくなってきます。
居間吹抜けボード張りが終わると吹抜けの仮設足場が取り外されます。

1322135331.jpg

電気工事は木工事進捗状況に合わせて室内配線、コンセント・スイッチボックス取り付けを行います。
玄関照明とインターホン取り付け位置の打合せを行いました。
下地の状態で位置決めを行うと配線周りの気密処理や断熱処理が出来ます。

1322135376.jpg

建て主さん工事でサッシ枠回りの隙間にカートリッジ式発砲ウレタンを吹いてもらいました。
初めての工事でしたが大工さんと電気屋さんに使い方を教わり慎重に作業を行い隙間無く施工が出来ているようです。

設備外部配管
1322054837.jpg

今日から外部設備配管工事が始まりました。
基礎工事と平行して工事を進める訳ですが、基礎工事と重ならないような場所から始めます。
雨水排水は既存排水管に接続のため、既存枡の改修から始め勾配をとりながら順次枡を敷設していきます。

この時期を逃すと工事終盤の外壁が仕上がった狭い場所で傷をつけないように工事を行うよりは、基礎工事型枠解体から建て方までの時期に外部設備配管を行ったほうが良い仕事が出来ます。

1322054872.jpg

基礎工事はポーチ基礎ベースと独立基礎ベースコンクリートが打設されました。
布基礎立ち上がり型枠を入れ24日コンクリート打設予定です。

設備外部配管は今週末まで、来週11/29に基礎外部巾木樹脂モルタル塗りとなります。

火打ち梁
1321967639.jpg

吹抜けの通し柱に4方から梁が組まる4方差し部分の火打ち梁です。
手刻みで行った大工さんからの提案でボルトを使わず横ホゾ差し込み栓で行いました。
伝統工法の軸組みで居間の吹抜けにあり、1・2階両方から目立つところなので大工さんの技を見せる場所となりました。

通し柱に車知栓で組まれた梁と火打ち梁の横ホゾ込み栓が伝統工法による手刻で行った軸組みを良く表しています。

基礎型枠取り外し
1321886720.jpg

基礎コンクリート打設から十分な養生期間を経て型枠取り外しとなりました。
コンクリート打設の次の日に雨が降り、またこの時期にしては気温の高い日が続いたのでコンクリート強度も十分出ている感じです。

1321886745.jpg

基礎コンクリート出来高寸法の確認です。
基礎幅150mm+断熱材50mm、基礎高さ700mmは設計通りの寸法となっています。

基礎工事は独立基礎ベース、ポーチ等の布基礎型枠~鉄筋工事に入ります。

内部造作
1321885814.jpg

木工事は2階造作工事を行っています。
サッシ枠が入り巾木取り付けや壁見切り取り付けを行いボード張りに進みます。
2階外壁は左官工事による塗り壁のため内部木工事を早めに仕上げてもらっています。
外壁塗り壁が始まる頃には2階内部では外壁に振動を与えるような木工事をなるべく残さないようにしています。

1321885823.jpg

外壁は下地タイベックシート張りと板金工事の窓上水切りや小庇水切り取り付けが終わりました。
ガレージ部分の壁下地が済むと外壁の板張りとガルバサイディング張り工事に進みます。

2階書斎から
1321604851.jpg

2階書斎から居間食堂の吹抜けを通して南側キャットウォークと開口部を見たところです。
吹抜け上の開口部の向こうに見える緑が疲れた目を休ませてくれます。
書斎も障子を開けると居間空間とつながり区切られている個室ではなく仕切られている個室となっています。
落ち着いて読書や趣味の活動が出来る環境にありますが、部屋にこもる関係ではなく居間の雰囲気も伝わりやすいように、反対に書斎の気配も居間からわかる距離感を持っています。
書斎と寝室は階段と通路上の吹抜けを挟んでいますが、両方の障子を開けると空間がつながり、風通しも良くなります。