建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

木工事 腰板張り 壁造作工事
1343754594.jpg

室内は壁造作工事と腰杉板張りに入りました。
2階洗面カウンターやトイレ腰カウンター造作工事と子供室腰壁杉板張りに入っています。

1343754607.jpg

1階は押入れ杉板張りやトイレ棚造作工事に進んでいます。

1343754577.jpg

音楽室は防音ドアが取り付き、ドア周りの壁仕上げやドア枠見切り取り付けに入ります。

外部は左官工事ラス網取り付けが進み今週末より下塗りに入る予定です。

スポンサーサイト
ガレージ棟 型枠解体・埋め戻し 設備外部配管
1343647051.jpg

ガレージ棟は基礎型枠が解体され埋め戻しが始まりました。
埋め戻しは石交じりの山砂を用いて埋め戻されます。今日はガレージから玄関ポーチまで埋め戻しが完了の予定です。

1343647059.jpg

埋め戻しに伴い設備外部配管を行います。
設備業者さんと現場打合せを行い、埋め戻し高さや配管位置、外流しの位置などを打合せしました。
設備外部配管は今日から8/1までの予定です。

建て方開始が8/7~となりましたので、8/6の外部足場組立前に建物周りの設備と電気外部配管を工事しておきます。

外壁ラス網張り 木工事内部造作工事
1343482069.jpg

外部は左官工事による軽量ラスモルタル塗りの最初の工程、ラス網張りが進んでいます。
防水紙つきのメーカー指定ラス網張りは、力骨入りのラス網のため細部加工に時間が掛かります。
少しずつですが外壁がタイベックシルバー色から防水紙の色になってきました。

1343482081.jpg

内部は床板張りがほぼ終わり、壁に作り付けの収納やカウンター工事に入りました。
一部の部屋は壁張りに進んでいます。

室内物干し 雲悌
子供室前の通路に室内物干しの場所が決まり、物干し竿をどうするか検討に入りました。
場所が子供室前という事と元気なお子さん2人だったので、物干し竿としての機能だけよりも何か遊びの機能も一緒に出来たら面白いかなと雲悌にも使えるようにしました。

1343376792.jpg

工事中雲悌が付いたと同時に遊び始め、一本飛ばしや途中で方向を変えるなどいろいろな技を編み出しています。

1343376809.jpg

雲悌の取り付け位置は、物干しとして作業が楽な高さと、通路を歩く時に圧迫感のない高さ両方から検討し決めた高さとなりました。
雲悌として使うためには、お子さんが一人で上り下り出来る事が気軽に遊べる場所になります。それも両方に無いと、疲れたらいつでも降りられる安心感がなくなります。
片方の上り下りは壁側に設けた梯子です。この梯子は雲悌用と、物干し作業でハンガーやピンチを仮に掛けておく場所にもなります。

1343376821.jpg

もう一つの上り下りは登り棒を付けました。
雲悌から登り棒へ反対に登り棒から雲悌へ、最初は難しいかなと思いましたがお子さんの動きは直ぐに予想を裏切り簡単に移る事が出来ていました。

1343376868.jpg

たまには童心に返り、お子さんと一緒に遊んでみるのも良いコミュニケーションが生まれると思います。

室内物干し
設計の初めに洗濯物の干す場所や作業状況など打合せします。
各ご家庭により洗濯の時間や干す場所が変わってきます。
深夜電気の契約をされている方は、夜間の安い電気を使ってタイマーで洗濯をされている方が多くなっています。
干す場所は各家庭の考え方によって、外に干して日光に当てたい方、室内干しを希望される方、花粉症など季節によって室内干しを必要とされる方、干す物によって分けられる方など多様です。

1343291181.jpg

外ごはんの家のご家族は、室内干しを希望されました。
計画した場所は独立した室内物干し室ではなく、子供室前の通路と兼用しました。
日中あまり使わない場所であり居間から見えにくい事と、南西向きの日当たりの良い所のため早く乾きそうな場所です。
洗濯の作業は、洗濯機からバスケットに入れ干す場所でハンガーやピンチに下げる作業が多いという事だったので、
干す場所近く写真左にある作業台とハンガーやピンチ収納を設けました。
また、作業台は洗濯物を取り込んでたたむ作業にも便利です。

1343291199.jpg

子供室前の通路も部屋の仕切りを30cm程度ずらし、通路巾を広く取り洗濯物が干されていても通路に邪魔にならないようにしました。
物干しをどのような形で行うかは高さや納まりなどいろいろな要素を検討して提案したのが、写真のような横棒を並べた干し竿です。


ガレージ棟 基礎型枠アンカー検査
1343225568.jpg

ガレージ棟基礎、立上がり型枠とアンカーボルト検査を行いました。
アンカーボルト位置と型枠高さや巾などの確認を行いました。

1343225557.jpg

アンカーボルトはコンクリート打設前に型枠に固定です。
打設前に固定を指示しておくと、型枠検査の時にアンカー位置の確認も出来ます。
今日の午後コンクリート打設となります。



床板張りが進んでいます
1343224558.jpg

ナラ無垢縁甲板張りが進んでいます。1階は居間が終わると玄関床に入ります。
床が張りあがると直ぐに床養生シートを敷き用養生テープ止めを行い、上に養生合板を敷きます。
養生を敷くと竣工間際まで綺麗に張り上がった床板が見えなくなります。

1343224571.jpg

2階も1階と同じ床板張りが進んでいます。
床板張りが終わると、トイレ天井板張りに進み、室内壁見切り取り付けに入ります。

木工事 1・2階床張り 音楽室壁張り
1343126913.jpg

1階床張りは順調に進んでいます。
南掃き出し部分の床換気ガラリ取り付け溝加工も終わり居間の半分程度まで張りあがりました。
1階はスラブヒーターで床下を暖め室内を循環する暖房方式のため、床下まで室内空間となります。
床下の温められた空気が室内を回るので床板は根太に直接留め付けています。
手前の合板は工事中の仮設床としているので撤去しながら床板を張ります。

1343126906.jpg

2階床張りが始まりました。
階段最上段とトイレ入り口敷居から割付て張り始めます。2階床は今日明日で張りあがる予定です。

1343126893.jpg

音楽室は壁有孔シナ合板張りが始まりました。
壁シナ合板が入り口を除き張りあがると、防音ドア取り付けに入ります。

外部は左官工事、ラス網張りが少しずつ進んでいます。

脱衣洗面
1343031238.jpg

クローゼット、脱衣洗面、浴室は居間食堂スペースの北側に配置しました。
居間からクローゼットへ入り脱衣洗面を通り食堂へ廻る事が出来るので、朝の忙しい時間や帰宅時・入浴時に便利に使えます。
クローゼットから脱衣を通して浴室、浴室の窓から坪庭まで見通せます。
脱衣洗面は3.5畳の広さで窓側に洗濯機と洗面化粧台が並び、食堂側には長さ170cm奥行き約30cm収納棚を設けました。
収納棚の浴室側、開放されている下部は市販のタオル掛け置き場となっています。
作り付けの収納と市販の可動家具を組み合わせると、価格も安く自由度の高い収納が作れます。

1343031249.jpg

洗面化粧台と洗濯機置き場、ユニットバス方向です。
ユニットバス入り口は3本引き戸としているので、浴室の明かりが脱衣まで届き明るい室内となっています。
洗面化粧台はタモ積層板を大工さん加工にて取り付け、洗面器は病院用流しをはめ込み、水栓はキッチン用先止め混合栓を使用しています。
多くの建て主さんが多用途に使える病院用流しと、蛇口先で開閉が出来る水栓の組み合わせを採用しています。

1343031259.jpg

浴室から洗面カウンター方向です。引き戸を開けるとクローゼットにつながります。
洗面台前の大きな鏡はクローゼットが隣にあるため身支度のチェックにも便利です。
洗面台が広く取れる場合洗面器の位置を鏡の中心に置くか、どちらか片方に寄せるか打合せします。
片寄せしてカウンターを広く取る場合、洗面器前で洗顔や歯磨きをしている時に横で整髪やお化粧など並んで出来ます。

1階床板張り 音楽室天井張り
1342883395.jpg

木工事は1階床板、ナラ縁甲板無塗装を張り始めました。
敷居と兼用する箇所があるため、敷居から割り付けて張り始めます。
1階は広い場所は独立の柱があり柱に差し込んだり、割付も考えながらの床張りを進めています。

1342883412.jpg

音楽室は天井遮音ボード下地に仕上げの吸音ボード張りに進んでいます。
天井が仕上がると防音ドア取り付けと壁張りに入ります。

1342883420.jpg

居間タタミコーナー造作が終わり一段上がったタタミコーナーの雰囲気が分かるようになって来ました。

木工事は床板張りに備えて、玄関框取り付けや2階階段框取り付け準備に入りました。
来週は床張りが終わり、壁造作に入る予定です。