建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

トイレ
1351691418.jpg

1階トイレは親世帯近く脱衣室隣にあり、居間からは階段格子で見えにくい位置となっています。
トイレは介助を考え2畳の広さに洋式便器と手洗いがあります。
洋式便器脇には手摺を設置した他、手洗いカウンターが手を掛けられる高さとなっています。

手洗いは焼き物で建て主さんが購入された製品を無垢板のカウンターに置きました。
カウンターの高さは手洗い鉢の大きさに合わせて、使いやすい高さに作りますのでカウンター工事前に購入してもらっています。
焼き物手洗い鉢は種類もたくさんありそれぞれ大きさが異なります。カウンター高さや手洗い設置位置は現物があった方が決めやすくなります。

また、手洗い鉢をカウンター上置き式にした場合、水栓の高さが問題となる場合があります。
水栓も蛇口の位置が高い機種を選定しますが、手洗い鉢の縁が高く届かない場合があるので事前の検討が必要になります。


スポンサーサイト
下屋ガルバリウム鋼板横葺き
1351605215.jpg
今週は下屋根のガルバリウム鋼板葺きが進みます。
施工状況の確認と雪止金物の位置の打ち合わせを行いました。

1351605226.jpg
瓦屋根工事は残しておいた「けらば瓦」の決まりをつけます。
板金工事との取り合いの箇所があるため、仮固定となっています。

1351605231.jpg
大工工事は1階の筋交、間柱工事が進んでいきます。
間柱、筋交を入れ終わりますと、瑕疵担保保険の中間検査を行います。


完成見学会
1351520301.jpg

昨日は時折小雨が降る中「アンサンブルの家」完成見学会を行いました。
建て主さんには、前日夜まで清掃を行っていただきありがとうございました。

前日に搬入された甘楽木工さん製作のダイニングテーブルとベンチが広い居間空間に存在感のある姿を見せています。
建て主さんは設計中から家具作家さんにオーダーのテーブルとベンチの製作を依頼し、完成見学会に間に合うように手配されました。
オーダーの家具は依頼から3か月~6か月ほど時間が掛かる場合が多く、新居に間に合うようにするには工事が始まる前、もしくは工事前半に依頼されると良いようです。

外構工事の塀(門)の左官仕上げが残っていますが、各業種の職人さんのおかげで仕上がりの良い建物を無事に建て主さんに引き渡すことが出来ました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。



木工事:食器棚、脱衣造作 左官工事:軽量ラスモルタル下塗り
1351519056.jpg

厨房食器棚制作に入りました。
食器棚及び調理家電収納棚は厨房空間に置かれた家具のように独立型になっています。
キッチン側が食器棚とレンジや炊飯器収納棚と冷蔵庫置き場、裏の通路側は開放の収納棚となっています。
独立型ですが冷蔵庫や家電のコンセントを設置しなければならないので、収納棚と合わせる前に電気屋さんに配線を行ってもらいます。
配線経路やコンセント取付位置など打合せを行い、電気配線後2つの収納家具を合わせる工事を行いました。

1351519064.jpg

脱衣は室内物干し竿受けなどの造作工事が終わりました。
続いてクローゼット収納棚工事に入ります。

1351519044.jpg

外部は左官工事塗り壁、軽量ラスモルタル下塗りに入りました。
11/5に開口部廻りコーキングを行い、その後中塗りに進みます。

完成見学会のお知らせ
「アンサンブルの家」完成見学会のお知らせ

前橋市にて建設中の「アンサンブルの家」完成見学会を建て主さんのご好意により開催することになりました。

趣味の音楽室やオリジナルキッチン、建物と一体となったガレージが特徴の「アンサンブルの家」は、大きな居間空間を中心にロフトのような2階子ども室を連続させ、間仕切りの少ない開放的な空間とし、家族や友人との「アンサンブル」を引き起こすような住宅となっています。

1351265264.jpg

1350742173.jpg

10月28日(日) 10:00~12:00 ,14:00~16:00   
前日までに予約をお願いします 当日の予約は承っておりません。
前橋市(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)
駐車スペースに限りがあります。早めにお問い合わせください。

1350742161.jpg
建物と一体になったガレージ

1351154952.jpg
居間・食堂・厨房

1351154969.jpg

1351264891.jpg
アイランドキッチン(オリジナル)

1351154961.jpg
居間畳コーナー

1350742188.jpg
2階子供室

性能面では外断熱のほかにウール断熱材を付加断熱として採用し、光熱費のかからない家となるように家づくりを進めました。
建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、建て主も自ら工事に参加しています。
当日は住宅相談にも応じることができますので、木造住宅の構造や建て主工事に興味のある方は是非お越し下さい。

1350570366.jpg
キッチン水きり棚(オリジナル)

1350570424.jpg
手洗い(ガラス製)


木工事:キッチン製作 脱衣造作 左官工事:ラス網
1351259588.jpg

木工事はキッチンカウンター取り付けが終わり、キッチンまわり造作工事に入りました。
これから食器棚造作に入ります。

1351259608.jpg

脱衣洗面造作工事が進んでいます。
カウンター・収納棚取り付けが終わり、タオル掛けや物干し竿掛け工事時に入ります。

木工事はラスボード張も進み漆喰塗準備が出来てきています。
外部は建て主さん工事の面格子塗装が終わり、組み立て取り付けに入ります。

1351259577.jpg

外部はラス網留めつけが進み、10/29より軽量モルタル下塗りが始まります。
10/29は食器棚電気工事と木工事打合せ、左官工事下塗り打合せを行う予定です。

木工事筋交 瓦屋根
1351260327.jpg
屋根瓦が板金工事との絡む箇所を残して工事を終えました。
瓦は平板瓦を採用し、スッキリとした印象に見えるようにしています。

1351260331.jpg
大工工事は下屋屋根下地が終わり、筋交、間柱工事を進めています。

1351260335.jpg
2階床構造合板が割り付けられ仮固定されています。

外回りの工事を優先的に工事を進めていきますが、
雨天時は室内の工事を行います。

来週からは下屋屋根の板金工事が始まります。

左官工事 玄関スロープモルタル 擁壁下地処理
1351258937.jpg

今日は左官屋さんが入り玄関戸前の段差を解消するためスロープをモルタル塗で仕上げます。
玄関沓摺とポーチ土間コン、土台水切りの高さの取り合いがあり、高さや勾配など現場合わせの作業をお願いしました。

1351258962_201408101746309df.jpg

擁壁は玄関前だけ高くなります。ここは左官工事で外壁と同色のジョリパット仕上げになります。
下地処理を行い仕上げは来週になります。

キッチン
1351185070.jpg

キッチンは業務用メーカーのオーダーキッチンとしました。
合板類は一切使用しないで家づくりをしたいと設計が始まったので、キッチンもステンレスのオーダーで作ることにしました。
オーダーキッチンでも天板の下地は強度と不陸調整のため合板下地を使用する場合があります。
そこで、業務用キッチンはどうかとメーカーと打合せを行いました。
業務用キッチンは丸ごと水洗いに耐えられるようにステンレス下地に鋼板を使い補強に小型形鋼を使っているので、合板を使用しないキッチンが出来そうです。

オーダーキッチンというとコストも問題になります。
キッチンにかける予算が十分に取れれば別ですが、オーダーキッチンに十分な工事予算を割くわけにもいきません。
メーカーの方とも打合せを重ね、既成の業務用流しや作業台に使用している部材をなるべく使い流しと天板をステン一枚板のオーダーとすれば、普及品のシステムキッチンと同価格位で製作できることになりました。
オーダーですから流しの位置、大きさや深さなどは建て主さんの希望のように自由にできます。
支柱は既製品で対応しましたが、前方の横つなぎだけは付けないようにしワゴンが入るようにしました。

排水管や給水管は流し下で露出です。
床は土間コン下地タイル張となっているため、後々修理や取り替えの時を考え床配管としないで、板の間と土間の段差に横引きし板の間床下を配管しました。
配管がいつでも見え点検が出来るということは、漏水などがあった場合でも発見が早くなり、修理もやりやすくなります。

1351185085.jpg

キッチンまわり壁もステンレス張です。下地は杉縁甲板に不燃ボード(モイス)としました。
食堂や喫茶店の厨房のような仕上がりですが、多少水をこぼしたも問題いありませんし、業務用キッチンの厚いステンレスを使用していますので何より丈夫です。



建築基準法完了検査
1351094480.jpg

前橋市役所建築指導課の完了検査を受けました。
完了検査申請書のチェックを行い、その後確認申請書添付図面を見ながら現場審査を受けました。
外部では建物位置の確認と延焼ラインの仕上げ及び外壁の後退距離の測定などを行いました。
内部では平面図と現場間取りの確認とシックハウス関係仕上げと24時間換気の確認など行いました。
小屋裏収納では天井高さや窓の大きさを測定し、基準法上の小屋裏収納に適合しているかどうか確認をしました。
特に問題なく合格となり、週末には検査済証が出ます。