建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

計画案
1354271757.jpg

大屋根の計画案です。
西側から東道路側にかけて2階から1階まで大屋根を掛けます。
北隣地住宅に対しても南東方向はあまり圧迫感がなく居間や物干し場も日陰にならずに済みそうです。
西側は大きな2階建てになりますが、隣地は倉庫のため問題なさそうです。

1354273769.jpg

東道路側は平屋の軒先が見えるだけとなりますので、圧迫感がありません。

この計画案を提出するに当たり、大屋根にかける屋根材の長さが問題となりました。
広い道路に接する敷地であれば搬入は問題ありませんが、進入口の狭い敷地のため長い屋根材を積んだ大型トレーラーが入れるかどうか、事前に検討しておかなければなりません。
近くの知り合いの業者さんに搬入可能か敷地を見てもらい、何とか入れそうだと返事をもらったので、計画案の一つとなりました。

1354273757.jpg

ポーチと北側水回りを下屋とし、2階屋根は南下がりの片流れとした案です。
2階を東から西へ長く配置することによりベランダの長い計画です。

1354271831.jpg

道路側からは駐車スペースを設け、ポーチを下屋としているため2階部分が道路から離れます。
道路斜線制限をかわすためでもありますが、道路から離れていると圧迫感がなく空が広く感じられます。

敷地にある程度余裕があれば、後から建てる(地域に加わる)ものとして、地域になじむように計画したいものです。

スポンサーサイト
サッシ取付
1354196781.jpg

外断熱の施工の決まりが付きサッシが取りつき始めました。
風が強い西側から付けています。

1354196788.jpg

サッシ取り付け前には水切りシートを施工します。

1354196790.jpg

雨天時には室内の作業を行うため根太の段取りのみ終えて作業を止めています。


敷地周辺模型と計画案
計画の初めに敷地周辺の模型を作ります。
敷地調査時に周辺の建物位置や大きさを調べ、敷地に接する建物は開口部位置なども調べてきます。

計画を始める前に周辺模型を作製します。調査した時の資料と写真を見ながら周囲の建物のおおよその大きさの模型を作ります。
周囲の建物が建ち並ぶと計画建物の位置や間取り、開口部の取り方など参考になります。
間取りは室内だけ考えるのではなく周囲との関係からも考えることが大切です。

1354091312.jpg

2階屋根切妻案です。東道路側はポーチを伸ばしました。

1354091324.jpg

2階片流れ屋根と北側水回りを下屋とした案です。

1354091336.jpg

2階屋根を片流れとし西側平屋と北側下屋とした案です。

1354091357.jpg

西側から東に向けて大屋根案です。この案の屋根材は勾配の関係から板金屋根となります。

敷地にて2
1354021967.jpg

敷地西側です。
南西側はリフォームしたと思われる一部2階建て住宅があります。
リフォームをされたと言う事は建て替えは無くしばらくこの状態が続きそうです。
高さもあまりないため冬季は夕方まで2階には日が入りそうです。

北西側は倉庫と住宅の一部が敷地と重なります。
境界まで2階建ての壁面があり眺望は良くありませんが、西側に建物があると夏の日差しが照りつけなく良い面があります。
また北西の風を防いでくれる役目もしてくれます。

1354021989.jpg

敷地北側は、2階建て住宅と平屋の事務所があります。
住宅は前庭があり、洗濯物も2階ベランダに干しているようなので、計画地に建物が建つことにより今までよりも多少日陰にはなりますが、まるで日が当たらなくなると言う事はなさそうです。

計画では建て主さんの要望と敷地の関係から2階建てになりそうですが、北側境界いっぱいに建てないで少し距離を取り、北隣地から見たときに空が狭くならないように計画を始まました。


配筋検査を行いました
1353948976.jpg

防湿シート上に断熱材が敷き込まれ、外型枠建込み後に鉄筋工事に進みます。
ベース及び立ち上がり鉄筋が組まれたところで配筋検査を行います。

1353948985.jpg

配筋検査は鉄筋径や間隔、継手長さや定着長さなどを検査します。
またベース筋のかぶり寸法をスペーサーブロック寸法にて確認します。
配筋は綺麗に組まれていて、結束状況なども良く問題ありませんでした。

1353948991.jpg

一通り配筋検査を行った後に、瑕疵担保保険検査法人の検査員の方が見え検査を行いました。
問題なく合格となりました。

明日、スラブヒーター電熱線を鉄筋に結束する工事を行います。

外張り断熱工事 ガルバ土台水切り
1353767620.jpg
大工工事は引き続き外張り断熱工事が進んでいます。

1353767624.jpg
大工工事に合わせて、土台水切りの施工を行いました。
土台水切りの施工が終わると、次に大工工事の防水シート貼りに進みます。

休憩時間にはサッシ水切りの2業種共通の共通の打ち合わせを行いました。

1353767632.jpg
床下設備配管、電気配線の工事に合わせて順次行います。

左官工事:漆喰塗  建て主:珪藻土塗
1353758240.jpg

左官工事漆喰塗が進んでいます。
2階と小部屋、吹抜けが終わりました。吹抜けに掛かっていた足場が取り外され居間から見上げた時に白い漆喰壁がきれいに見えます。
足場が取れたことにより吹抜け上部からの明かりも入り一層明るくなりました。

1353758232.jpg

今日は建て主さん珪藻土塗です。
室内壁は漆喰塗ですが、厨房天井は火気使用室の内装制限が掛かるため珪藻土塗としました。
設計時に「左官工事で天井珪藻土塗があるので、建て主工事で一部屋塗ってみませんか?」と話したところ、「塗ってみたい」と言う事になり、寝室壁を塗る事になりました。

初めて左官コテを握り、左官屋さんに教わりながら塗り始めです。
最初は慣れない手つきでしたが、段々とコテさばきもよくなり肩の力も抜けスムーズにコテが動くようになりました。
一部屋仕上がる頃には、塗り始めの壁と比べて上達が目に見えるようになると思います。

敷地にて1
1353593549.jpg

敷地から見た東方向です。都市計画制定後建て替えられた比較的新しい住宅が建っています。
ここだけは両方の敷地が、道路中心より2m後退し道路境界が定められ4m幅の道路となっています。
建物位置も道路側から離れ駐車スペースを取っているので開放感があります。
こちら側に窓も多くありますが、駐車スペースを道路側に取る計画ならばお互い離れるので、さほど気にならない距離となります。

1353593562.jpg

南側です。都市計画制定前の古い住宅が2軒並んでいます。
計画地は市街地の住宅地では比較的広く、境界から距離を取り計画すれば庭も出来そうです。
将来隣家の建て替えがあるとしても、日当たりは確保できそうです。

隣家の前には歩道付の道路と高架の線路があります。
道路は車の通りもそれほど多くなく大型車は通りません。
電車の音は高架線路のため思ったほどではなく、気密断熱住宅の通常の開口部仕様であれば気にならないと思いました。


計画敷地を訪れて 進入路
今日から昨年6月に竣工した「音の家」について計画から竣工・竣工後についてお話ししようと思います。

1353492631.jpg

最初に敷地を訪れた時です。
メイン道路から進入道路が狭いですよとは聞いていましたが、進入道路を探しながらゆっくり走らせると多分この道だろうと思うのと同時に、ここ車が入れるの?と思うくらいの道でした。
現状道路幅は2.7mある訳ですが、両側から生垣の枝が伸びていて車がすれすれに入れるような感じでした。
乗用車は何とか進入できるとしても、工事用の車と資材は入れるかどうか不安になりました。

1353492649.jpg

先に進むと電柱が道路に立ててあり、車をこすった跡がいくつも付いていました。
1軒分入ると道路を挟んだ隣家も建て替えが済、計画地の道路後退と合わせて4m幅の道路となり開けた敷地になります。
進入路の幅の狭さと計画地に入る時の電柱の位置が気になり、毎日の車の出入りのしやすさはは無論のこと、工事車両の事も考え建物配置と駐車計画をしなければならないと思いました。

1353492665.jpg

敷地前道路からから進入方向を見たところです。
幸いに進入道路狭いですが、メイン道路は歩道が付いた道路幅があり交通量はそれほど多くないため、大きく曲がって入れば工事車両でも入れそうです。
また、一方通行ではなく幹線道路に出られるのも助かりそうです。

道が狭いということは、工事中や毎日の車の出入りには多少不便ですが、車の通りが少なく静かな環境が保たれ住宅地には良いかもしれません。

外張り断熱工事、設備・電気工事
1353419361.jpg
大工工事は外張り断熱の施工が進んでいます。
断熱材の継手や木部との取り合い箇所は気密テープで張り合わせていきます。

1353419383.jpg
サッシが先週搬入されました。取付は今週後半から来週前半程度を予定しています。

1353419368.jpg
先週床下地にきまりがつきましたので、設備工事の床下配管と電気工事の床下配線を行います。
床下に潜って行うよりも施工性が良いため床板の施工前に行っておきます。

1353419375.jpg
建て主さんによる塗装工事も順調に進んでいます。お疲れ様です。