建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

「広い間の家」完成見学会・暖房体験会のお知らせ
1356025002.jpg

1356025009.jpg

「広い間の家」完成見学会・暖房体験会のお知らせ

現在前橋市(旧大胡町)にて建設中の「広い間の家」完成見学会・暖房体験会を建て主さんのご好意により開催することになりました。「広い間の家」はガレージ、住宅、長いアプローチがつくる中庭風の庭が特徴的な住宅です。室内は陽だまりをつくる広い居間空間を中心とした、おおらかな空間となっており、建て主家族の多様な生活に柔らかく対応します。十分な気密断熱を確保した建物をつくると共に深夜電力を利用した床下蓄熱暖房(エナーテック)を採用し、家の中どこでも暖かみを感じる空間となっております。断熱は次世代省エネ基準を満たした外断熱工法の他に羊毛断熱材を付加断熱として採用して光熱費の掛からない建物を目指しました。
建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、建て主も自ら工事に参加しています。当日は住宅相談にも応じることができますので、木造住宅の構造や建て主工事に興味のある方は是非お越し下さいますよう、お待ちしております。


日 時  2013年1月6日(日) 10:00~12:00 ,14:00~16:00
      要予約 当日の予約は不可。
      駐車スペースに限りがあります。早めにお問い合わせください。
場 所  前橋市(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)
内 容  家づくりの考え方、自然素材での家づくり、建て主工事、分離発注について等

入居前の建物をお借りして完成見学会を開かせていただいております。
当日は建物を汚すことのないように靴下を用意していただき、壁には手を触れぬようお願いします。
また、建物内のトイレは使用できませんので仮設トイレを利用していただく形になります。

1356025012.jpg

1356510335.jpg
2階から居間食堂吹抜け

スポンサーサイト
完成見学会のお知らせ2
完成見学会のお知らせ

日 時  2013年1月6日(日) 10:00~12:00 ,14:00~16:00
      要予約 当日の予約は不可です。
      駐車スペースに限りがあります。早めにお問い合わせください。
場 所  前橋市(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)

1356784662.jpg
建具に組み込んだガラス作家さんの小窓

1356091078.jpg

ガレージから西側に伸びたポーチを通り玄関へ

1356091103.jpg

南東向きの開放的な居間食堂空間と西側に水回り、道路側のガレージによって囲われた庭は中庭風となります。
陽だまりの濡れ縁はお子さんの遊び場所

1356510269.jpg
脱衣洗面
洗面化粧台の反対側からは中庭に面した濡れ縁に直接出られます。
休日の晴れた日は濡れ縁の外物干しへ、平日は脱衣に設けた室内物干しへ

1356091131.jpg
大工さんつくりのオーダーキッチン

1356510301.jpg
居間食堂側からキッチン方向

1356510321.jpg
2階子供室




玄関から居間空間へ
1356707236.jpg

玄関から居間への引き戸を開けると、畳コーナーと板の間が南側に見えます。
畳コーナーは低めの椅子の高さに位板の間から上げてあり、居間のソファー代わりに使えるようになっています。
板の間は吹き抜けとなり、屋根下の小屋組みまで現しとなっています。
吹抜けは板の間北側の食堂まで続き、吹抜けの中にブリッジのように2階通路がかかっています。
ブリッジ下は両側の梁間に天井を張り、玄関から奥の階段、音楽室から水回りの部屋へ伸びています。

小屋組みまで現した吹抜けがある場合、電気の配線をどうするか検討する必要があります。
分電盤から吹抜けの向こうの部屋に配線を持っていく場合、1階床下と天井裏のルートがあります。
2階天井裏が使えないない場合、ブリッジ下の天井裏に配線経路を作ると電気工事がやりやすくなります。

1356707336.jpg

居間の開口部には障子を希望されました。
障子の場合、通常は開けた時に半分しか開放されません。寝室や小さい部屋の場合はそれほど解放感がなくても良いと思いますが、居間の場合出来れば全開放にしたいところです。部屋が大きく障子の引き込み部分が取れればそれほど考えなくても済みますが、袖壁が取れない場合は工夫が必要となります。

 音の家の場合、階段踊り場の下に引き込むことが出来れば全開放になる事は分かっていましたが、階段の踊り場の支えと障子の引き込み部分、階段下のテレビ置き場、その奥にある階段下洗面台と洗濯機置き場の天井高さど・・・・検討しなければならないことが沢山ありました。
階段の踊り場板は構造上しっかり受けなければならないし、洗面台上は頭が当たらない程度の天井高さは必要となり、障子引き込み部の隙間と高さは確保しなければならず、何度も階段位置や段板割り付けなど検討しました。
また図面では可能なようでも、工事が出来るかどうかの検討も必要でした。
出来上がると3本の障子が壁の中に引き込まれているとしか見えませんが、設計から工事の段階まで苦労した場所です。

設備外部器具接続 東電検査 外部ビリ敷き
1356618231.jpg

設備工事は太陽熱温水器貯湯槽とガス給湯器接続配管を行っています。
浄化槽は上部コンクリート打設になりました。

1356618219.jpg

電気は通電が終わり東電検査となりました。
電気工事は年末ぎりぎりまで器具付けを行う予定です。

1356618240.jpg

外部は中庭整地が終わり、建物周り防草シート敷き上にビリ敷き込み工事を行っています。
西側の整地ビリ敷き込みは12/30施工予定です。


筋交入れ 野地板張
1356617452.jpg

屋根下地、杉野地板張が終わりました。屋根の形・大きさがしっかりと見えてきました。

1356617446.jpg

棟部分野地板です。棟換気用に2センチ程度開けてあります。
軒先から入った空気が屋根の一番高いところから排気されるようになり、熱と湿気が屋根下に溜まらないようになります。
屋根上は遠くまで見通せる景色の良いところですが、川沿いのため風当たりも強くなります。
特にこの時期は北風が強くて、屋根上の工事は寒かったと大工さんが話していました。

1356617436.jpg

2階から筋交い入れが始まりました。

年末には屋根下葺きルーフィング施工を行い、年明けに屋根工事になります。

玄関
玄関は2.5畳のスペースに、右側に腰高の下足入れ、正面ドアを開けると3.75畳の土間収納に続きます。
土間収納から厨房に続いているので勝手口のような場所となっています。
左に上がると居間への建具とコート収納があります。

食品庫を兼ねた土間収納があるので勝手口をどうするか設計打合せの話題に上ります。
勝手口はあるとごみの一時ストックに便利だけれども、出入り口がたくさんあるのは鍵のかけ忘れ等防犯上の心配が増えます。
建て主さんの考え方や地域の環境にもよりますが「音の家」は玄関と続きの土間収納があるため、勝手口は設けないでその分収納を増やす事としました。

1356442887.jpg

玄関方向です。
正面が玄関ドア、左に下足入れの引違戸が見えます。
右側にはコート収納の開き戸が見えます。
花粉症の心配がある方は、玄関先にコート収納があると便利です。

1356442901.jpg

下足棚の上は飾り棚としています。
下足入れと玄関先の収納を多く必要とする場合、下足入れは天井まで使うことがありますが、奥に土間収納があるため腰までの収納としました。
下足の収納が少ない場合、上部を飾り棚として使えると共に空間も広くなります。

根太、タタミコーナー
1356356940.jpg
大工工事は室内の床下地工事が進んでいます。
ミクと暮らす家には掘りごたつ風のタタミコーナーがあります。
タタミコーナーは一段上がっているため基礎から木束で高さの調整を行います。
床板下地に合板を使わない仕様としたため工事や打合せに一手間かかります。

1356356955.jpg
外部軒天は水切り板金と絡む箇所以外に張りあがりました。

1356356950.jpg
電気工事:換気扇や自然給気口のスリーブが入りました。
外壁の下地の段階に合わせて入れることで外部の気密や防水の処置を行えます。

1356356944.jpg
サッシの障子(ガラス戸)が入りました。
室内に風の流入がほぼなくなったため、作業環境が向上しました。
右下のフラップはミク用の出入り口です。
障子を加工しペット用の出入り口を取り付けました。


野地板施工
1356195442.jpg

建て方から、垂木留めつけ後軒先廻り淀や破風板取り付けが終わり、透湿通気遮熱シートを張りながら通気垂木留め付けと野地板張を行っています。
下屋部分が終わり大屋根野地板に入りました。

1356195430.jpg

建て方の時は骨組みだけだったのですが、屋根下地の施工が始まると屋根の形が分かります。
軒の出を深くとっているので、屋根下地が出来ると一層大きく感じます。

年内に屋根下葺きルーフィング工事まで行う予定です。


室内コーキング工事 畳敷き込
1356194055.jpg

室内コーキング工事を行っています。
コーキング工事は内部仕上げ工事もほとんど終わり最後に水回り部分の目地や入隅をコーキング施工します。
施工箇所と色は事前に送ってありますが、現場で職人さんと打継部分の色分けや施工箇所の細かい部分を打合せします。

1356194078.jpg

畳敷き込みです。
和室のみ床が畳下地杉板だったので、工事後半の器具置き場と作業場になっていましたが、畳が入る頃には器具もほとんど取り付き杉板が現れてきます。
畳が敷き込まれると竣工間近に感じます。

設備工事 器具付け・外部配管
1356016305.jpg

室内器具付けが進んでいます。
浴室のシャワー水栓や給湯リモコン取り付け工事を行っています。
電気工事による照明器具や換気扇も取り付き、12/22のコーキング工事を残すのみとなりました。

1356016314.jpg

外部設備工事は太陽熱温水器貯湯槽設置と、ガス工事によるガス給湯器設置が終わっています。
ガス給湯器と貯湯槽接続配管や太陽熱パネルとの配管接続工事が残っています。

1356016323.jpg

外部雨水配管接続と雨水枡設置工事を行っています。

12/22(土) 内部コーキング工事と畳敷き込を行います。