建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外壁モルタル中塗り 
1364662115.jpg

外壁左官工事は下塗りから養生期間を経て中塗り(軽量ラスモルタル上塗)に入りました。
メッシュシートを全面に張りながら塗り進めます。
ジョリパット仕上げ塗は4月中旬からになります。

1364662128.jpg

内部は木工事が進んでいます。
1階は造作工事と並行して天井板張やボード張を行っています。
居間と続き部屋の洋間は天井杉板張、壁ボード張が終わりました。

1364662137.jpg

2階は子供室・寝室のボード張まで終わり、階段周りとトイレ洗面造作ボード張を残すのみとなりました。
2階壁は4月中旬から珪藻土塗に入る予定です。


スポンサーサイト
2階大工造作工事、設備・電気工事
1364654092.jpg
2階居室のTV棚、飾り棚工事が進んでいます。

1364654106.jpg
吹抜けの台形サッシとキャットタワーを兼ねた飾り棚です。
棚内にエアコンも納めます。

1364654102.jpg
2階洗面コーナーです。シンクはカウンター置き型を採用しました。
シンクは工事終盤の設置です。

1364654097.jpg
2階トイレの背面棚下地ができましたので併せて給水配管を行いました。

来週は外部大工工事予定です。

洗面コーナー
通路奥に脱衣室とは別に洗面コーナーを設けました。
作り付け積層板カウンターに、採用される方が多い病院用流しを組み込んでいます。
正面には壁一面の大きな鏡、居間から直接見えない壁側に化粧品棚を設けました。
カウンター手前にはステンレスパイプを通しタオル掛けとしています。
水栓はこれも採用される方が多い先止め式のキッチン用水栓を使用しています。
先止め式のため水栓の根元が濡れる事が少なく汚れにくくなります。
ただ温度調節は別についているので、一定の温度で使用する場合は良いのですが、湯と水を頻繁に変える場合は先止め式のメリットが少なくなります。

1364544893.jpg

洗面は脱衣室と別になると、誰かが入浴していても気軽に洗面台を使用できる利点があります。
また、友人やお子さんのお友達が手を洗いたい時なども、あまり見せたくない脱衣室に入らなくても済みます。

ただし、洗面コーナーの場所が増えるため床面積が増えるかその他の部屋が小さくなります。
洗面コーナーの場合、来客からも見える場所になりやすいので、整理整頓をしておかないと見苦しい場所になってしまいます。


通路
建て主さんの希望の中に、趣味のスポーツの後玄関居間を通らず浴室に行きたいとありました。
屋外でのスポーツをされる方は帰宅後直ぐにシャワーを浴びて汗や汚れを落としたいと希望が出ます。

1364459661.jpg

敷地や間取りの状況によりますが、「太陽光の家」の場合脱衣近くに外部からの出入り口を設けました。
出入り口の場所がちょうど居間から水回りに進む通路の先になり、開口部の種類をどうするか検討を重ねました。
通常ならば裏口になるところなので、採風を兼ねて勝手口ドアを選択するところですが、隣地の大木が良く見える位置になり、隣地のからの視線も気にならない場所だったので、思い切って透明ガラスとし景色を切り取る事にしました。

居間から水回りの部屋に進むのに視線が壁で止まらず、そのまま外部の緑へと抜けている感覚は広さを感じると共に気持ちが良いものです。
朝起きて洗面に向う時や身支度を済ませて出勤前のひと時に、外部の景色を楽しめ季節を感じられる場所は生活を豊かにしてくれると思います。



地鎮祭 地縄検査
1364386263.jpg

大安吉日の良き日に地鎮祭を行いました。
建て主さんとご両親、基礎工事業者さんと大工さんに参列していただき前橋東照宮の神主さんのもと、無事に地鎮の行事を滞りなく行うことが出来ました。

1364386282.jpg

地鎮祭の前に建物位置の確認を行いました。
建物外周部分4点に基準となる杭を打ち、建て主さんに位置の確認をしてもらいました。
来週は地盤改良工事に入ります。

プレカット施工図打合せ
1364297667.jpg

先週プレカット工場に大工さん、材木屋さんと施工図打合せを行いました。
当日は、建て主さんも打合せに参加していただきました。
平日に時間が取れれば、プレカット工場の見学を兼ねて参加していただくと、建て方前に色々な準備と打合せが必要なことが分かり、家づくりは見えないところでも進んでいるという実感がわきます。

工事契約が済むとプレカット工場にて施工図作成に入ります。
梁や柱が現しになる木材が多いので施工図の枚数も木材現しの少ない住宅に比べ枚数が多くなっています。
事前に送られてきた施工図のチェックを行い、納まりによる金物種類や取付場所や打合せ事項、真壁柱の壁しゃくり箇所などを記入した図面を先に送っておきます。

当日の打合せは、大工さんを交え化粧部分に金物が出ないように取付箇所や種類を決めていきます。
また、建て方前に加工する部材や手加工の部分なども打合せを行います。

プレカット施工図が決まると材木屋さんは材料の準備に入ります。
柱材は5寸通し柱を除き流通材で揃えられますが、梁材は梁成と長さに合わせて丸太より製材します。
通常使用する長さの丸太で間に合わない特寸材の場合は、長さ・太さに合わせて山から切り出します。
製材された材料は乾燥機にて含水率を下げ、建て方後痩せやねじれの少ない材料とします。
材料が揃うと加工前に木材検査となります。

造成工事
今日から現場着工になりました「軒の家」新築工事の工事状況をお伝えします。

1364219539.jpg

以前畑で使っていた土地は南から北方向に下がっているため、基礎工事前に建物周りを平たんにする敷地造成工事を行います。
基礎工事業者さんと設計GLの打合せ、及び基礎工事掘削深さの打合せを行いました。

1364219529.jpg

敷地は勾配があるため、高い所の掘削から始まりました。
建物内はベースコンクリートと断熱材、採石厚さを引いて掘削するので、設計GL-250の深さまで掘って平らにします。

1364219546.jpg

着工に合わせて、建て主さん工事の先塗用杉縁甲板が搬入されました。
建て方までに先塗を済ませる予定です。


木工事・2階造作 板金工事・サッシ上水切り
1364047175.jpg
大工工事は2階造作工事が進んでいます。
クローゼットは可動棚とステンパイプでの収納を併用します。

1364047188.jpg
2階通路腰壁と正面のピクチャーウィンドウ。

1364047204.jpg
今月中に2階の木工事を終える予定です。

1364047193.jpg
外部は4月2週目から左官工事が入る予定ですので、
先行して板金工事の左官取り合い部を終えておきます。


木工事 1階天井板張 2階ボード張
1363958951.jpg

木工事、1階は厨房天井杉縁甲板張が終わり、書斎天井板張に進んでいます。

1363958965.jpg

2階は造作工事が終わりボード張に進みました。
ボードが張りあがると、今まで間柱越しに隣の部屋まで見えていたのが囲われ、部屋の大きさが実感できます。

1363958981.jpg

階段の段板取付が終わりました。ケ込み板を入れれば階段工事は終わります。
2間の長さで上る階段は緩やかで上り下りが楽そうです。

来週外壁軽量モルタル中塗りに入ります。

掲示板
1363855052.jpg

食堂に特注ホーロー製ホワイトボードの掲示板を設置しました。
メモや予定表を貼ったり、写真など貼っておける場所が欲しいと希望がありました。

掲示板の位置は厨房や食堂の付近が使い勝手が良いようです。
居間や食堂から直接見えない場所に設ける場合もありますが、ダイニングテーブル脇の壁を掲示コーナーとしました。
この壁に写真を飾ったり、メモも飾りのように配置すれば食堂脇が飾り棚のようになります。
また、しゃれたレストランのように食事のメニューーなど書き込んだりしたら、楽しくなるのではと思いました。

ここに掲示板があるといった感じではなく、壁と同じような色調で何も貼ったり書いていなければ掲示板とわからないようにしてあります。
材質はホーロー製で黒板(白板)を製作するメーカーに作ってもらいました。
ホーロー製のため現場で加工する訳にもいかないので、壁工事中に寸法を測り特注で注文となりました。

1363855065.jpg

掲示用のマグネットもかわいらしい物が沢山ありました。
これからマグネットを見つける楽しみも増えそうです。