建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

完成見学会の案内2
現在、太田市にて建設中の「金山の家」完成見学会を建て主さんのご好意により開催することになりました。

日 時  2014年2月9日(日) 10:00~12:00 ,14:00~16:00
     駐車スペースに限りがあります。必ず事前予約をお願いします。
場 所  太田市、太田インターより5分程度(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)
内 容  家づくりの考え方、自然素材での家づくり、建て主工事、省エネ住宅等

1391188191.jpg

東外観 キマド製玄関ドア

1391188264.jpg

北側外観、

「金山の家」は薪ストーブとオーダーキッチンを中心に計画したシンプルで豊かなライフスタイルを目指した住宅です。
使い勝手を考えた開放的なキッチンは長いキッチンカウンターとアイランドカウンターとの組合せが特徴となっています。
構造材には群馬県産材を用い、柱や梁を屋内外に表した住宅となっています。

1391188331.jpg
開放的なキッチン

1391188280.jpg

薪ストーブ

建て主が直接材料や職人の手間を支払う分離発注方式により建てられ、建て主も自ら工事に参加しています。
当日は住宅相談にも応じることができますので、木造住宅の構造や建て主工事に興味のある方は是非お越し下さい。

建て主さんとの会話から・・・・
家づくりにあたり、いくつかハウスメーカー展示場や工務店などを見て回りました。
家づくりの希望を伝えると、大よそこの位の価格になりますと言われ多くの希望をあきらめなくてはならないかな~と思っていたそうです。
その時は建築家に依頼することなど思ってもみなかったそうです。
建築家に依頼する家は手の届かない価格帯の高い家のイメージと、こちらの希望要望を聞いてくれるのか心配していたようです。

出会いは以前設計させていただいた「まちの家」からです。
祖母の家の近くを散歩していた時に「まちの家」の前を通り、自分たちの家のイメージに合っている素敵な家だなと感じたそうです。
ちょうどその時に御嬢さんと話が出来、当事務所を知ったそうです。

設計が始まり、計画案模型、基本設計模型、数十枚もの実施設計図面、業者見積もり、工事契約会、着工となりました。
着工してからは、各業種の職人さんと現場で仲良くなり、この工事はあの職人さんがしてくれた所だと顔の見える工事を楽しんだそうです。
工事が少しずつ出来上がるにつれ職人さんが顔を見せなくなる、出来上がる嬉しさともう来なくなるんだと言う寂しさがあると言っていました。

建て主さんの当初予算の範囲で出来そうです。
「設計事務所に依頼したら高くなると思ったが、反対に当初予算で諦めたものはなく想像以上の家になった」と言われました。

見学会では直接建て主さんに話を聞くことも出来ます。
どのような家づくりを経験したのか、そっと聞いてみてください。



スポンサーサイト
珪藻土下地処理が進んでいます
1391176520.jpg

壁・天井の珪藻土塗下地処理が進んでいます。
ボードジョイント部の目地詰め、メッシュテープ張の上に珪藻土と同成分の専用下地処理材によってパテしごきします。
ビス頭にも同じ材料で埋め、表面を平らにします。
下地処理を丁寧にすることにより、仕上げが塗りやすく綺麗に仕上がります。

1391176540.jpg

2階の部屋も下地処理が終わり、仕上げの珪藻土塗を待つばかりです。

1391176532.jpg

浴室はシャワー水栓前の架台下地ブロック積に入りました。

来週から珪藻土塗が本格的に始まります。

役所完了検査を受けました
今日は確認申請提出先の市役所建築指導課の完了検査を受けました。
建築指導課の職員の方二人が現場に見え、敷地と建物の距離を2点ほど測り設計図面の通りか確認しました。
その後、室内に入り申請した時の平面図と現況が違わないかの確認と、計画換気の給気口及び24時間排気換気扇、シックハウス関係の仕上げなどを見ます。
薪ストーブがあり天井の仕上げを杉板としているため、内装制限は告示の防火壁仕様にしています。
防火壁の構造は工事中の写真を用意していたので、材料や通気層の確認をしていただきました。

特に問題なく10分程度で完了検査は終わりました。
建て主さんも立ち会ったのですが、あっけなく終わった感じです。

完了検査は建築基準法上の法的な検査項目のみ行うので、建物の性能や仕様、出来不出来の検査は行いません。
完了検査に合格しているからと言って、性能と質の良い建物になる訳ではありません。

建物は基礎から始まり木工事から仕上げまで色々な業種の職人さんが作っていきます。
工事の工程ごとに、建て主に代わって検査を行う事が質の良い建物を作る事につながります。

1391174983.jpg


珪藻土塗下処理 浴室モルタル下地
1390909509.jpg

左官工事室内珪藻土塗が始まりました。
珪藻土塗と言っても直ぐに珪藻土が塗れるわけではありません。
最初に石膏ボードの継手下地処理から始まります。ボード同士の継ぎ手はVカットになっています。
切り口の石膏面が現れている場所はあらかじめシーラー処理を行い、Vカット面に下地処理材を埋めます。
その後ひび割れを少なくするためにメッシュテープを貼ります。
珪藻土塗の前の下地処理に工程と時間がかかります。

1390909522.jpg

2階の各室も下地処理が進んでいます。

1390909531.jpg

浴室は現場つくりのため、左官工事の中でもモルタル仕上げ、タイルや御影石仕上げとその下地と色々な工程が複雑になっています。
少しずつではありますが一つが進まないと次の作業に入れないため、日数を掛けて下地処理から仕上げに進みます。

現場はしばらくの間左官工事珪藻土塗を進めます。


畳敷き込み 薪ストーブ設置
1390897884.jpg

先週畳採寸をし、畳表や縁色が決まっていたので直ぐに製作に入り、昨日敷き込みとなりました。
畳を敷き込むとイグサ表の畳の香りが室内に充満し、新築の家に近づいてきます。

1390897896.jpg

薪ストーブ設置となりました。
薪ストーブはベルギー製「ドブレ」です。薪ストーブのメーカーや機種は建て主さんが研究し決めています。

1390897903.jpg

屋根上煙突工事は足場解体前に取付を行い、工事の最後に室内煙突と本体設置となります。
試運転と取扱い説明は今週末に行います。

庭には燃料になる薪が集められていました。

木製建具 採寸
1390671945.jpg

木製建具採寸になりました。
建具屋さんと現場で採寸と細部打合せを行いました。
引き込み障子や片引き戸のかかり代寸法や取っ手・引手高さ、金物などの打合せと詳細納まりの打合せを行いました。

1390671919.jpg

木製建具はこれから加工場にて製作に入ります。
現場への建込みは左官工事が終わり、床養生が撤去された頃になります。

1390671936.jpg

内部左官工事準備に入りました。
床にブルーシートが敷かれ左官材料や道具が置かれ始めました。
下地の処理、ビス頭やボード継手の処理などを進めて行きます。

完成見学会のお知らせ
太田市にて建設中の「金山の家」完成見学会を建て主さんのご好意により開催することになりました。
日 時  2014年2月9日(日)10:00~12:00 ,14:00~16:00
参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。


1390576154.jpg

居間~厨房方向です。
居間には薪ストーブが設置されます。

1390576163.jpg

居間南は2本引き込み障子があります。
障子を開けると幅1間半、高さ2.2mの大きな開口になります。

1390576181.jpg

キッチンは居間側に流し台カウンター、窓側4.45mの長いカウンターにはIHコンロが並びます。
中間収納とカウンター下に食器や調理器具を収納すれば、生活感が出ないキッチンになります。
キッチンレンジフードはグリーンハイキを採用しました。 


室内コーキング
室内は器具付けが済み清掃が進んだ頃にコーキング工事を行います。
コーキング箇所は事前に図面に施工場所と色を記入して業者さんへ送っておきます。

1390482783.jpg

コーキング工事の最初は養生テープ張です。平行に貼った養生テープの幅がコーキング施工幅になります。
曲線なども綺麗に施工できるように養生テープを貼ります。
また、コーキング施工後に養生テープを剥がし易いように順番を考えて貼る事も職人さんの経験によるようです。

1390482807.jpg

養生テープ貼り後はコーキングガンを使ってコーキング剤を打ちます。
その後へらを使って養生テープ幅に一気に撫で取ります。この作業で仕上がりの良し悪しが決まってきます。

1390482813.jpg

外部は残っていた玄関ドア周りとグリーンハイキダクト周りのコーキングを行いました。

来週月曜日に薪ストーブ設置、畳敷き込みになります。

内装県産材現場検査 木工事:室内完了
1390407052.jpg

群馬県産内装材補助金申請の現場検査を行いました。
内装に使用した桧床板と浴室の壁天井に張った桧板の使用面積を申請書通りか現場で測定します。
床は養生中なので全体が見えませんが、壁際や家具工事の下が養生が無いので見える部分の写真を写していきました。
特に問題なく合格となりました。

1390407061.jpg

オーダーキッチンの天板が載りました。
IHクッキングコンロと食洗機が組み込まれれば完成です。

1390407085.jpg

脱衣洗面に電動昇降式の物干し(干し姫様)が付きました。

大工さんの室内工事は今日でほとんど完了となり、一旦現場を引き上げます。
次に入るのが外部そとん壁塗り後、外部足場取り外し前にベランダ工事を行い、外部足場撤去後にデッキ工事に入ります。

今日から室内は左官工事が入りました。毎日は現場に来ませんが下地処理から始めます。
今週は土曜日の午後、木製建具の採寸となります。



木製建具建込み 木工事:外部面格子 設備電気:器具取付 畳採寸
工事も終盤になり床養生も土曜日に撤去されました。
今日は土曜日に搬入された木製建具の建込みが始まりました。

1390225727.jpg

和室障子建込みです。
障子前の床板は建て主さん支給の一枚板です。3尺幅の無垢板は存在感があります。

1390225768.jpg

キッチン収納棚の開き戸取付です。
土曜日に搬入されたので日曜日にワックス塗を出来る所まで先塗しました。
白っぽい建具は未だ塗っていない個所です。

1390225761.jpg

木工事は外部面格子と内部残り工事を進めています。
外物干し場の面格子と窓面格子の製作です。

1390225751.jpg

面格子の取り付いた外物干し。
通風を重点に目隠しと防犯のための面格子です。

1390225735.jpg

給排水設備・電気は器具付けが進んでいます。
キッチン排気のグリーンハイキ取り付けが終わりました。

1390225741.jpg

畳採寸と畳表の打合せを行いました。
イグサの畳表は産地と品質で価格が異なります。畳表を持ってきてもらい建て主さんと見ながら決めました。
畳敷き込みは1/27になります。

木製建具は今日でほぼ建込みが終わります。
木工事も今日でほぼ終わる予定ですが残っても明日で終わります。
電気通電は~1/22まで、東電検査が1/23になります。通電になると仮設電気から本設電気に変わります。
1/23室内コーキング工事。
1/27薪ストーブ設置。
2/9(日)完成見学会予定です。