建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

左官工事:ラス網張  木工事:天井野縁組、ウール付加断熱
DSC03120_R.jpg

外壁左官工事、軽量モルタル下地の防水紙付ラス網張が進んでいます。
明日から少し現場を空けます。

DSC03119_R.jpg

切り妻壁部分は勾配になるため、ラス網留め付けように木工事にて勾配に胴縁を入れてもらっています。
1.5尺間隔の通気縦胴縁の間には、軽量ラスモルタル専用の補助胴縁を張り付けます。

DSC03124_R.jpg

木工事は平屋部分の天井下地野縁組が始まりました。
野縁が組み終わると、杉縁甲板張になります。

DSC03126_R.jpg

2階は付加断熱材として厚さ10センチのウール断熱材を充填しました。
スポンサーサイト
1階トイレ
IMG_3219_R.jpg

1階トイレは1畳のスペースです。
有効広さは幅約77㎝、奥行きは30㎝角の床タイル5枚分に合わせて150㎝となっています。
一畳のスペースのため、奥行きは170センチ弱取れますがタイル割により、残った寸法に収納を設けました。
トイレ窓は隣家と隣地の小公園に面しているため、天井一杯まで上げ高い位置に設けました。
隣家と接している水回りの部屋などの開口部は、他の部屋との窓高さを揃えないで高めにつける場合もあります。

便器はタンクレスのアラウーノを採用しました。
タンクレスの場合、手洗いはどうするのか問題になります。
トイレ内に設ける場合と、外に手洗いを付ける場合があります。アンサンブルの家の場合、トイレの脇が洗面コーナーになるため、手洗いと兼用することにしました。

トイレ内の手洗いか、外に出てからの手洗いかは、建て主さんの希望によります。
住宅はトイレ内の手洗いが多いようですが、公衆のトイレはどこでもトイレブース(個室)を出てから手を洗いますので、どちらでも構わないような気がします。
屋根ルーフィング 木工事:床下地
DSC03083_R.jpg

屋根板金工事のゴムアスルーフィング葺きを行いました。
ルーフィング葺が終わると一安心です。
屋根寸法の採寸を行い屋根材の発注となります。

DSC03094_R.jpg

ポーチ屋根と母屋屋根の重なり部の狭い所もきちんとルーフィング立ち上げを行います。

DSC03079_R.jpg

外部水切り寸法を測っています。
工場で板金加工して現場取付となります。
水切りは木部塗装が終わったのちに取り付けます。

DSC03096_R.jpg

木工事は、室内床下地工事を進めています。
残っていた土台水切りが取り付いたので、しばらくは外部腰板工事を進めます。

外壁ラス網工事
DSC03327_R.jpg
外壁の左官下地工事のラス網の施工が始まりました。
サッシ周りやコーナー部分には補強の防水シートを貼りながら工事を進めます。

DSC03324_R.jpg
室内では床板工事と養生が進んでいます。

DSC03334_R.jpg
現場を離れて加工場でも打合せをしました。


洗面コーナー
IMG_3213_R.jpg

通路の一角に洗面コーナーを設けました。幅は140㎝奥行きは91㎝のスペースです。
床面積に多少でも余裕がある場合、洗面を脱衣室と一緒にするか別のスペースを設けるか打合せします。
洗濯機を脱衣室に置いた場合、洗面を一緒にすると水回りが一つになり、全体の床面積も小さくなります。
また、設備配管も少なくなるため工事費も少なくて済みます。
脱衣室と別に設けると床面積や工事費が少し増えますが、誰かが入浴中に手洗いや歯磨きなど遠慮しなくて済みます。
また、来客の手洗い場所がプライベート色の強い脱衣室に入らなくて済みますので、使う方も気が楽です。

建て主さんから洗面の水栓は2カ所欲しいと希望がありました。
洗面器も2つ付けますかとお聞きしたら、洗面器は多用途に使用できる病院流しが良いと言う事になり、水栓を2つ並べる事にしました。
朝の忙しい時に、洗面台を独占されずに二人並んで歯磨きや身づくろいが出来ます。
また、お子さんが年頃になった時に、面と向かい合って話をするよりか、並んで鏡の前で話す方がなんとなく話しやすい雰囲気になれるのではないかと思います。
通路
IMG_3186_R.jpg

居間食堂・厨房から階段及び収納を挟んで西側の通路です。
居間~厨房の動線と水回りの動線の2つが階段を挟んで回れるようになっています。
どちらかと言うと通路は裏動線になる訳ですが、居間食堂・厨房から見えないように、寝室から水回りの各部屋に行けるので来客時に気を遣わなくて済みます。

寝室方向から見ると右側に階段と収納があります。
左は手前からトイレ、洗面コーナー、脱衣になり、正面に音楽室入り口の防音扉が見えます。
階段側は壁ではなく木製面格子にしました。
これは、通路が壁に囲まれて閉鎖的にならないようにと、日中居間の明るさが通路まで届くようにしたためです。
明るさだけならば手摺壁とし上部を開放にした方が良いのですが、トイレ入り口が居間方向から見えてしまいます。
あまり見えないようにし、明るさと風通しは確保したかったため手間のかかる面格子としました。
夜は居間の明かりが面格子から抜けて通路床や壁に映ります。

IMG_3188_R.jpg

音楽室側から寝室方向です。
手前左は厨房へ続きます。左側は洋服掛けコーナーと収納になっています。
右側は手前から姿見、脱衣入り口、洗面コーナー、トイレ入り口と続き正面が寝室となっています。
衣類は気に入った物だけにする(溜め込まない)ため、普段使いの衣類は通路に洋服掛けを設け収納することにしました。
オープンの洋服掛けですが、居間の反対側にあるため来客時に気にすることはありません。
また、常に目に入るので整理整頓も出来ますし、仕舞い忘れのような事も無くなります。
場所も脱衣室と洗面コーナーの直ぐ傍にあるため日常の動線は便利です。

建て主さんの生活や考え方で衣類収納量は大きく変わってきます。
クローゼット等の衣類収納の部屋が必要では無いのではと割り切ると、その分の床面積をその他の部屋に回すことが出来ます。

ポーチ屋根
DSC03074_R.jpg

外部木工事はポーチ屋根が掛かりました。
ポーチは垂木表し化粧野地板のため、刻みは以前に終わっていたのですが、雨が続いていたため梅雨明けと共に工事が始まり今日仕上がりました。
来週は屋根ルーフィング工事に入ります。

DSC03061_R.jpg

室内は残っていた半分の床下断熱材、ネオマフォーム入れが進んでいます。

木工事は天候の良い時は外部腰板壁張を進めます。

床板施工 、 電気工事コンセントボックス
DSC03056_R.jpg
床板の施工が進んでいます。
1階は根太に床板を施工していきます。
床板の貼り分けや見切りについて現地にて打合せしました。

DSC03046_R.jpg
2階も並行して床板施工が進んでいます。
施工後には傷汚れ防止のため床養生をします。

DSC03051_R.jpg
電気工事では配線先にボックスが取りつきました。

畳コーナー
IMG_7414_R.jpg

居間の一角に一段上がった畳コーナーがあります。
広さは畳3畳と机スペースを合わせ約3.7畳の広さがります。
床の高さは居間床より36センチ上がり、低めの椅子の高さになっています。
畳コーナーは居間のソファー代わりに腰掛けたり、お子さんたちの遊ぶ場所になったり、時には洗濯物をたたむ場所になったりします。
天井の高さも低く3方壁に囲まれて奥まっている場所のため、なんとなく落ち着いた空間になっています。

IMG_3244A_R.jpg

夜間は窓にロールカーテンが下がり、電球色の照明が温かみのある室内を照らします。

IMG_3259_R.jpg

畳コーナーには奥行き約60㎝の机と上に本棚を設けました。
本棚にはインターネットの入り口、ルーター置き場を設けてあります。ここから必要な個所にLAN配管が伸びています。
机にはパソコンが置かれ書斎コーナーとして使われています。
お子さんたちもここで自由にパソコンに触れインターネットの世界を楽しんでいるようです。
今は、スマートホンでもタブレットでも、どこでも自由にインターネットを見る事が出来ますが、家族の集まる居間の一角にパソコンを置き誰でも使えるようにしておく事が、色々な意味で大切かなと思います。
ロフト床、サッシ上水切り
DSC03019_R.jpg
ロフトの床材が施工され、見切り部分の打合せを行いました。

DSC03028_R.jpg
1階では床板施工前に障子の敷居や框等の決まりをつけます。
和室には荒床が施工されています。

DSC03024_R.jpg
サッシ上に通気用の水切りをつけました。

DSC03027_R.jpg
換気扇ダクト周りの防水気密処理です。