建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

トイレ
IMG_5424_R.jpg

1階のトイレは階段下手洗いの奥にあります。
食堂からも割に近く1間半の距離になりますが、出入り口は手洗いの袖壁に隠れて見えないため、居間食堂からはトイレがどこにあるのかは直ぐに分かりません。

トイレの仕上げは床はタイル張、腰壁は杉板、壁珪藻土塗、天井は杉板になっています。
床をタイル張にするかは設計の初め頃に決めてもらっています。タイル張の場合、下地の仕様や高さが異なるため、根太の高さから変える必要がある場合が多いからです。
また、使用するタイルの大きさによって奥行きをタイル割付に合わせておくと、幅の狭いタイルを張る必要が無く見た目も綺麗に仕上がりまし、無理のない施工が出来ます。

トイレ紙巻器は建て主さんが直接購入しました。
2連の紙巻器を希望され探した所、室内の雰囲気に合うあまり良いものが無く、木工作家が作っている紙巻器を2つ並べる事にしました。

便器奥の凹んでいる腰壁部分は、トイレットペーパー入れと掃除具置き場になっています。
1間の長さのトイレの場合、便器奥の腰壁をふかして一部を凹ますことにより、収納場所を確保しています。
スポンサーサイト
通路手洗いコーナー
IMG_5429_R.jpg

居間食堂から通路に向ってすぐの所に手洗いコーナーを設けました。
天井が斜めになっているのは、階段下の場所を使用したからです。階段下をスペースをどのように使用するかは、間取りによって大きく異なります。
収納になる事が多いのですが、階段方向によってはこのように一部を手洗いコーナーにする事も出来ます。

居間食堂近くに手洗いを設けたのは、トイレが直ぐそばにあるからです。
トイレの手洗いをどのようにするかは、建て主さんと打合せを行い決めるのですが、トイレ内で手を洗いたい場合とトイレを出て直ぐの所にあれば良い場合があります。
トイレ内ではなく近くに手洗いを設ける場合は、日常の手洗いと兼用になり便利な点のあります。
お友達やそのお子さんが手を洗いたい場合、プライベート色の高い脱衣洗面や厨房に入れることなく(見られることなく)済ませられます。
また、帰宅時や食事の前の手洗いなど玄関や食堂に近い場所で出来る利点もあります。


通路・手洗い
IMG_5627_R.jpg

居間食堂から脱衣洗面や室内物干しへの通路は両側に部屋がある中廊下になっています。
室内物干しへは書斎南の通路を通り出入りも出来るため、一回りできる家事動線となっています。

写真は居間食堂から脱衣へ向うところです。右側手前から厨房入り口、次が書斎入口になっています。
この二つの出入り口は建具を設けない事にしました。コストの事もあったのですが、建具を入れたとしてもほとんど開放になり閉めている時は無いだろう思ったからです。
冷房暖房は部屋毎ではなく家全体で気密断熱性能が高いため、建具を閉めない方が室内の空気が良く回り温度差の少ない家になります。

左側奥から階段、手前は階段下収納になっています。
階段下収納は、階段を挟んでクローゼット側と半分ずつ使用しています。奥行きは押入れの半分で階段なりに三角になっていますが、厨房からも近く使いやすい収納になっています。

IMG_5626_R.jpg

正面の建具を開けると脱衣洗面の化粧台が見えます。
脱衣の建具も使用する時だけ閉めておくような状態と思われるので、日中は脱衣の窓から明かりが取れます。

中廊下の場合両側に部屋があるため、どうしても暗くなりがちです。
南の部屋の建具が無ければそのまま南からの明かりが回ります。
また、階段があるので階段上からの明かりも期待できます。
脱衣の建具を閉めていても、両方からの明かりが入るため明るい中廊下になっています。

書斎2
IMG_5559_R.jpg

階段前通路側から書斎を見たところです。
正面突き当りを右側に進むと厨房から居間へ、左に進むと室内物干しになります。
書斎の広さは1間幅奥行き2間の4畳のスペースがありますが、南側は通路になっているため1間半の長さにテーブルと背合わせに本棚が並びます。

IMG_5608_R.jpg

南通路側から書斎方向です。
奥に見えるのは居間から水回りへの通路と階段です。
書斎には特に建具を設けませんでした。
建て主さんとも打合せを行い、個室としての書斎よりも誰でも自由に使える場所として、またいつでも気軽に行ける場所としての書斎としました。
かと言って居間・食堂に対してすべてオープンではなく直接見えないので、集中して研究や学習をする事も出来ます。
また、厨房のすぐ隣にあるため奥様の書斎や家事コーナーとしての使い方も出来ます。
居間から2階の子供室へ、反対に居間へ行く時に必ず書斎の隣を通ります。
建具が無くいつでもオープンのため、ご両親が机に向っている姿がいつでも見えます。
お子さんが興味のある事ならば一緒に机を並べる事も出来ます。

IMG_5611_R.jpg

1間半の長さ、天井までの高さの本棚です。棚は可動になっているため、本やその他の収納に合わせて調整できます。
厨房に近い所は料理の本が並び、通路に近い所はお子さんの絵本が並ぶと思います。
本だけではなく家の中で使用するこまごまとした物の収納などにも役立ちそうです。

IMG_5614_R.jpg

1間半の長さの机です。
手前正面にはコルク板を張り掲示板としました。
学校の行事やご家族のスケジュールを書き込んだカレンダーなど、家族皆が見やすい場所で、かつ来客からは見えにくい場所に掲示板があると便利です。
書斎
IMG_5617_R.jpg

書斎へは厨房南の通路と居間食堂から水回りの部屋と階段への通路の両方から行けます。
写真は厨房側から南の通路を進むと書斎コーナーに入りさらに進むと室内物干しになります。
南側は居間の西から室内物干し室がある東の端まで通路が確保されています。
居間や食堂から、また厨房での作業中でも南の通路を通り書斎から室内物干し、そして濡れ縁の外物干し場まで最短距離で動くことが出来ます。

IMG_5605_R.jpg

室内物干し側から書斎コーナーを見たところです。
書斎コーナーを過ぎると厨房から居間へとつながります。
南の掃出し窓に面して12.74m(7間)の長さの通路が確保されています。通路と言っても単に通過する場所ではなく、書斎コーナーのスペースの場所として、厨房の場所としてそれぞれ使われている空間になります。
南側に間仕切り壁が無く、どの部屋へ行くにも窓から庭が見えるのは気持ちの良いものです。
食器・家電棚
IMG_5621_R.jpg

食器と調理家電はキッチンを使用しない時は扉内に隠れています。
居間や食堂から見ると天井までの引き戸のため壁のようにも見えるし、建具と思っていも向こうに何があるのかわかりません。

建具左は冷蔵庫置き場となります。
冷蔵庫はキッチンコンロ前の壁に隠れるため、食堂から全てが見える訳でなく扉を開けても中が見える事はあまりありません。
冷蔵庫の位置は建て主さんの生活スタイルとと考え方によって、食堂から見えにくい所に置く場合もありますし、近い所に置く場合もあります。
見えにくい所に置く場合は食堂から少し動線が長くなりますが、来客時に中を見られることは少なくなります。
食堂に近い所に置く場合、食堂からの飲み物や氷など直ぐに取りに行けて日常の生活は便利になりますが、扉を開けた時に内部が見える事が多くなります。

建具の右は居間食堂から続いて厨房脇を通り書斎への通路となります。
書斎への通路は厨房からだけではなく階段前の通路からも入る事が出来ます。

食器や家電をあまり見せたくなり、使わない時は隠したいとの希望から、収納内部に棚を設ける計画で進みました。
当初は引違や3本引きで計画していたのですが、使用する時はフルオープンに出来ないかと検討した所、書斎への通路方向に2本引き込戸を開くようにしました。

IMG_5620_R.jpg

2本引き戸を開けたところです。
引き戸を開けると居間食堂から書斎への通路は無くなりますが、その時は階段前の通路から出入りも出来ますし、食器棚フルオープン時に同時に使う事もあまりなさそうです。

左側が調理家電置き場です。
オーブンレンジがちょうど使いやすい高さに設置出来ます。その下が炊飯器置き場になります。
その他の棚は可動棚になりますので、食品収納に使用しています。
右側上が食器棚になります。ここも可動棚になっていますので食器に合わせて棚の高さを変える事が出来ます。

下の右側は分別ごみのごみ入置き場になります。システムキッチンの場合ごみ箱をどこに置くか検討事項になります。
流し周辺が使いやすいのですが、ほとんどのシステムキッチンは流し下は収納になっていてごみ箱を置くスペースがありません。
また住んでいる地域の分別の種類によってごみ箱の数が異なりますし、生活スタイルでもごみの量が異なります。
ごみ箱を収納する場合、建て主さんが購入予定のごみ箱の大きさが分かれば、寸法に合わせて収納棚を区切る事が出来ます。
キッチン
IMG_5541_R.jpg

キッチンは居間食堂に対して対面式になっています。
キッチン前のカウンターの向こうにダイニングテーブルが置かれます。
右側は奥から冷蔵庫置き場、手前引き戸を開けると食器棚と調理家電置き場となっています。
正面は居間食堂から水回りの各部屋及び階段への通路に出られます。
通路から食堂へキッチン周りを一回り回れるキッチンとなり、アイランドキッチンのような動線と使い方になっています。

IMG_5555_R.jpg

通路側からキッチンを通して南方向です。
南掃出し窓から入る明かりが暗くなりがちなキッチンを明るくしてくれます。
反対にキチン作業中にも庭や公園の緑、季節には花々が楽しめます。
食器や家電棚は押入れのような天井までの建具の内に入っているため、キッチン作業を行わない時は居間側から見えません。

IMG_0383_R.jpg

調理台前に立った時です。
窓のカーテンを開けていれば、南側の大きな掃出し窓から庭や公園の木々が見えます。
カーテンを閉めた時でも正面の小窓から窓一面に緑の葉が見えます。
公園は桜の木が多いのですが、銀杏の木が一本だけありそれが小窓正面になりました。
新緑の緑も綺麗ですが、秋鮮やかな黄色に輝いた銀杏の葉が窓一面を覆い尽くすような景色は、キッチンに立った時に
みえる特別な場所になっています。
以前お住まいは、LDKのワンルームに置かれたキッチンが壁側を向いていたため、調理中は景色も見えず家族の会話にも入れずでしたが、新しいキッチンからは南と西からは植栽が見え、室内の家族の様子が良くわかり気持ちの良い場所になりました。

洋室(客間)
IMG_5439_R.jpg

居間食堂と続き間の洋室です。広さは6畳あり2本引き込み戸を開けると居間食堂につながります。
建て主さんの当初の希望で、1階に客間用で和室が欲しいとありました。
客間の使い方をお聞きすると、将来親の介護のためと自分たちが高齢になり2階の寝室へ上がるのが大変になった時のためと言う事でした。
客間=和室で布団と言うよりは、介護のためならばベットの方がやり易いでしょうし、高齢になった時の寝室用ならば板の間でベットになりますので、畳の和室よりも板も間の方が使い勝手が良いのではと提案しました。
板の間であれば、居間の延長として多用途に使用できます。現在はお子さんの学習机が並びお子さんの場所に活用しています。
客間として使用する時は板の間に布団になりますが、開口部に障子を入れ客間=和室の雰囲気も出してあります。
客間としての使用頻度は少ないため押入れは設けませんでした。
布団の収納はと言うと、小屋裏収納に入れ使用する時だけ持ってきます。子供室にお友達が泊まると言う事もありますので、2階の小屋裏収納の方が布団をしまう場所として便利な事もあります。

IMG_5495_R.jpg

洋室から居間方向を見たところです。
竣工時の写真のため板塀や植栽がありませんが、南の解放感が伝わってきます。

居間と続き間
IMG_0356_R.jpg

居間食堂に隣接して6畳の洋間を設けました。
ダイニングテーブル奥の引き戸を開けると洋間になります。

IMG_0351_R.jpg

2本引き込み戸を開けたところです。
日常はほとんど開放している事が多く、居間の延長として使っています。
現在はお子さんの学習机を置きお子さんの学習の場として、遊びの場所として使われています。
お子さんが個室で学習したい年頃になるまでは、家族の居る場所で過ごせる場所があるとお互い安心です。
居間食堂は14畳の広さですが、6畳の洋間が居間の一角として使われるため20畳の広さになっています。
来客時はさっと片づけて2本引き込みとを閉めれば居間に物があふれていることも無くなります。

IMG_5454_R.jpg

竣工時家具が何も入っていない居間食堂と洋間のつながりの写真です。
引き込み戸は吊戸としているため床板がそのまま伸びています。
また建具も洋間天井までの高さとしているため、居間と同じ空間にあるコーナーに感じます。
食堂から居間方向
IMG_0389_R.jpg

食堂側から居間方向です。
建て主さんの希望の中に、家の中で公園の桜を楽しみたいとありました。
敷地西に道路を挟んで公園があります。ここの住宅団地を分譲した時からある公園で植えられた桜も年月がたち大木になっています。
以前住まれていた住宅は西側にもう一軒住宅があったため、公園側に開放的ではなく室内からは見えませんでした。
新しい住まいは、居間や食堂、厨房から公園が一望できます。
桜の季節は家の中でお花見が出来る幸せを感じながら生活できます。

IMG_0373_R.jpg

食卓テーブルの窓側に座った時に見える方向です。
右側2本引き込み戸を開けると居間と続き間の洋室になります。
その次は玄関への片引き戸になります。こちらの席に座っても少し振り向けば掃出し窓から公園の桜を楽しむことが出来ます。