建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

建て方開始
DSC00956_R.jpg

今日から建て方が始まりました。
風もなく天候に恵まれ順調に進みました。

DSC00969_R.jpg

2階梁組が終わり、2階の柱と吹抜け部の束建てを行います。
柱材をまとめてクレーンで上げて、柱の番付を見て梁に差し込んでいきます。

DSC00971_R_20151130172706a34.jpg

2階柱が立った後に小屋梁を組みます。
小屋梁は一本毎にクレーンで吊上げ取付場所に運びます。
小屋梁が組み上がると柱の垂直を見て仮筋交いを打ちます。
その後束立て、母屋組になります。

明日は住宅棟の小屋組みを行った後にガレージ棟とポーチの建て方になります。

スポンサーサイト
土間コンクリート打設
DSC00911_R.jpg
土間コンクリート打設を行いました。
打設前に現地での強度試験を行います。

DSC00919_R.jpg
コンクリートはミキサー車から圧送車を経由して打設していきます。

DSC00946_R.jpg
振動機をかけながらコンクリートを打設、充填させていきます。
あらかじめ鉄筋にだした高さ基準に合わせて、
トンボで均す・高さ調整等を行いながら進めていきます。

DSC00952_R.jpg
タッピング後、水がひき始めたらコテで仕上げていきます。

DSC00944_R.jpg
コンクリートの圧で型枠が傾かない様に、支え(パイプサポート)を入れてあります。
「ちょうどイイ家」では周囲がやわらかい畑土のため木杭を打ち、そこから支えていました。
現場ごとに工夫をしながら工事は進みます。

立上りコンクリート型枠とアンカーボルト検査を行い、立上りコンクリートの打設へと進みます。
和室2
IMG_9700_R.jpg

和室南側は1間幅の引き込み木製掃出し窓が有ります。
ペアガラスで高さ2.3mあるため相当重い建具ですが、居間の引き分け建具と同じ特殊な機構で軽い動作で開け閉めが出来ます。
正面にはデッキの隅に植えられた姫シャラの株立ちが見えます。
葉が混んでくる季節には窓一面に緑が映り、秋には紅葉を楽しめます。

IMG_9706_R.jpg

壁の中に入っている障子を引き出して閉めると和の雰囲気が強くなります。
障子もガラス戸と同じ大きさで、一人では持てないほどの幅が有ります。
大きな障子は製作も現場での建込みや調整も大変ですが、建て込まれると白い障子紙の壁面に桟が映え綺麗に見えます。

IMG_9820_R.jpg

夜間和室の照明を消し、ダイニング側の照明の明かりが障子を照らしぼんやりとした明るさの中に入ると、包まれたような不思議な感覚になります。
家の中に忙しい日常のひと時から解放され何もせずぼんやりとした時間を過ごし、心身をリラックスさせる場所と時間が有っても良いと思います。

IMG_9819_R.jpg

デッキ側の障子を開けるとライトアップされた植栽が絵画や映像の様に窓に浮かびます。
照明を落としゆったりとくつろぐ場所として、また雰囲気を変えて食事の場所としても活用できそうです。

建て主さんから新しい家でのイメージとして、休日には楽しくお酒を飲める、落ち着いてお酒を楽しみたいとありました。
ダイニングやデッキでの食事とお酒の他に、落ち着いた和室も大人の雰囲気があり一味違う楽しみ方になると思います。
土台伏せ 建て方材搬入
DSC00845_R.jpg

大工さんが現場での作業の初めになる土台伏せが始まりました。
基礎立ち上がりに墨出しを行います。
この墨を基準にし土台をアンカーボルトにて基礎に取り付けます。

DSC00877_R.jpg

墨出しが終わると土台を使用する場所に振り分けます。
土台には通り番号が振ってあるので、始めて図面を見る大工さんでもスムーズに作業が進みます。

DSC00875_R.jpg

建て方に使用する木材の第2便が到着しました。
11/30より建て方になります。
和室
IMG_9685_R.jpg

和室はLDKのワンルームの隣にあり、障子で仕切られています。
日常は障子を開けてLDKの延長として、ごろんと横になったりお子さんの遊ぶ場所として使用します。
来客時には客間として利用し、お子さんが小さい時は2階に上がらず家族の寝室としても利用できます。
また、夏の暑い夜など涼しい場所で寝る時にも利用します。
客間として独立した部屋を希望されなければ、和室が居間空間にあると多用途に使う事が出来ます。

IMG_9710_R.jpg

食堂側から和室東方向を見たところです。
写真右の障子を開けるとデッキへの出入り口、左は押入れと和室出入り口が並びます。
広さは6畳あり縁なしの畳が敷き込んであります。

IMG_9581_R.jpg

和室側から食堂厨房方向です。
障子は開放した時に一体感が出るように下がり壁を付けないで、天井までとなっています。
また、同じ仕上げにするとより一層広く感じます。

IMG_9675_R.jpg

和室の引き込み障子と食堂の入隅フルオープンの障子を開放したところです。
1間幅の大きな障子を引き込むためには、同じ幅の壁面が必要になります。
別々の壁に引き込むならば2間幅の壁が必要になり、南に面する開口部が少なくなってしまいます。
そこで、中央の1間幅の壁面に両方の障子を引き込むことにしました。

1間幅の奥行きがあると、敷居すべりの施工や戸袋内の掃除、また将来取り換えが出来なくなります。
そこで、戸袋部分の巾木と壁見切りの間に板を差し込み、取り外しが出来るようにしました。
日常はほとんど動かないようにきつく入れてあるため、板部分が取り外されるようになっているとは思われません。

IMG_9676_R.jpg

障子を閉めるとしっとりと落ち着いた空間になります。
仮設足場工事
DSC00842_R.jpg
週末の土台伏せ工事を前に仮設足場工事が行われました。
工事前に打合せはしていますが再度現場で打合せを行いました。

DSC00831_R.jpg
仮設足場下にシートを建て主さんに敷いていただきました。
建物本体への泥はねや外部の清掃、移動の際の汚れ予防になります。
配筋検査
DSC00817_R.jpg
鉄筋工事が終わり配筋検査を行いました。
特に問題はありませんでした。

DSC00797a_R.jpg
鉄筋の種類や位置、高さ、ピッチ等を検査し写真に納めていきます。

DSC00820_R.jpg
設備配管です。配管径が太い箇所には補強筋を入れます。

DSC00830_R.jpg
敷地内への給水、下水マスの引込が先週行われました。

来週月曜日に土間コンクリートの打設予定です。
コンクリートへのガラス埋め、基礎出来高の検査
DSC00739_R.jpg
犬走りやポーチ、玄関土間等の箇所にコンクリートを打設し、
濡れ縁下のコンクリートに琉球ガラスを建て主さん家族みんなで埋めました。

DSC00769_R.jpg
ガラスの隙間に手形も押してみました。

DSC00778_R_20151121170501b3c.jpg
「最後の1個」を5回くらい繰り返しガラス埋め工事を終えました。

DSC00745_R.jpg
スロープポーチは曲線の外側のコンクリートを一段下げています。
仕上がりはお楽しみに。

DSC00722_R.jpg
型枠解体後の基礎の出来高検査も行いました。

来週からいよいよ大工さんの仕事が始まります。
居間3
IMG_4904_R.jpg

居間東方向です。
東側の開口部は高さ2.3m、幅約1間+1間の入隅引き分け木製サッシがデッキに向って開放になります。
ソファーは南のテレビ方向に向かって座りますが、西のベンチに座ると写真の様に見えます。

東隣地は現在近隣の方が借りている駐車場になってるため、日中の車の出入りはあまりありません。
将来住宅の計画があっても庭か駐車場になると思われるので、開放感はそのまま続きそうです。
また、デッキの東側に木製格子を付けているため、外からはあまり見えなくデッキまで含んだ室内空間となっています。

左奥に食堂、その奥の障子を開けると和室になります。
畳コーナーから食堂・厨房とつながり、南へ張り出した居間までワンルームになっています。
デッキ方向を開放すると居間や食堂からデッキを通して和室につながり、一回りする事が出来ます。l

IMG_4967_R.jpg

夜間は引き分け部分の壁の中から障子を引出し入隅で合わせると、連続した障子が室内の明かりに照らされて落ち着いた雰囲気になります。
障子紙は強化和紙を張っているため、小さなお子さんが居てもあまり破られる事は無く安心です。
ただ、よそのお宅へ行っていつもの調子で障子を扱うと、簡単に破れてしまう事があるので力の加減が難しいようです。

IMG_9810_R.jpg

夕闇が迫る頃、室内の照明を消してデッキに植えたシンボルツリーをライトアップしてみました。
日常の生活では夜間ガラス戸をフルオープンにする事は少ないとは思いますが、ガラス戸を閉めていても室内の照明を消すと同じような雰囲気を味わえます。

お気に入りのレコードを聞きながら、デッキに植えられたシンボルツリーをぼんやりと眺める、そんなひとときが生活の中にあるとほっとします。
居間2
IMG_4921_R.jpg

居間の西側です。
西側には収納を兼ねた作り付けベンチと上部にレコード収納の棚を設けました。
音楽鑑賞は家族の居る場所で気軽に聞きたいとの要望から、居間にレコードの収納場所を検討しました。
レコードだけではなくプレイヤーやアンプ、スピーカーの設置場所も考えなくてはなりません。

居間にはテレビやお子さんのおもちゃ収納場所など、壁面が必要な物が多くあります。
また、窓も他の部屋と比べたら大きく、収納に必要な壁面と開口部のバランスが難しい所です。
テレビはソファーとキッチンの関係から南の窓下に決まり、両脇にスピーカーの場も決まり、プレーヤーとアンプは西側ベンチ兼収納棚の一部に置くことにしました。

未だお子さんが小さいので、おもちゃの様に扱われる恐れがあり、ベンチ下の収納に入れる事にしました。
アンプは収納内で良いのですが、プレーヤーは収納内では操作が出来ません。
そこで、ベンチの板をプレイヤーの大きさで開口にし蓋を作りました。操作する時は蓋を開き上部から操作が出来ます。

無垢板のふたは重いのでお子さんが開けた場合に指を挟む恐れもあります。
鍵を付けるように色々な鍵を探しましたが、大きな鍵や鍵穴となりベンチの板に似合いません。
そこで、ベンチ下の収納戸に鍵を付け、収納内からプレーヤー上扉の鍵を操作する事にしました。
収納内になったので蓋を固定する金物は露出取付で簡単な金物にする事が出来ました。

IMG_9766_R.jpg

レコード収納棚上には間接照明を入れました。
居間の照明はこの間接照明とプレーヤー収納上のブラケット照明、東側壁のスポットライトだけです。
間接照明だけにしてレコードから流れる音楽を聞く時など心休まるひと時になると思います。

西方面の窓はベンチに座った時にちょうど良い視線の高さになります。
夏は窓一面にゴーヤの葉が生い茂り、西日を遮ると共に室内から見ると逆光に透けた葉が涼しさを演出してくれます。