建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

軒天杉板、床下給排水工事
DSC02587_R.jpg
昨年10月から塗装を開始した軒天杉板材が施工されました。
塗装は建て主工事で行っていただきました。
軒先についているのは通気のための金物です。
塗装の様子はこちら

DSC02576_R.jpg
基礎断熱工事を水回りから優先して行いましたので、
床下の給排水配管工事を行いました。

DSC02580_R_20160229170535d81.jpg
天井断熱材は上屋根部分、下屋分部分共に終わり、
天候で屋外の工事が出来ない場合は天井板材の施工ができるように段取りをしてあります。
天井材も先行し蜜蝋ワックスを塗りました。
スポンサーサイト
左官工事:ラス網張 木工事:天井下地、桧床板
DSC02571_R.jpg

左官工事は住宅棟ラス網張が進んでいます。
住宅棟は外張断熱用の軽量モルタル専用のラス網張です。
仮留めをした後に専用スティープル留めに入ります。

DSC02570_R.jpg

ガレージ棟の天井下地野縁組が終わりました。

DSC02559_R.jpg

室内は桧床板張が進んでいます。
居間周りの板は、節の無い色が揃っている板を選びながら張っています。
上小板のため小さな節がある板も混ざっていますので、節のある板はなるべく収納の部屋や作り付けの食器棚の下に入るようにしてもらっています。

DSC02568_R.jpg

板金工事は土台笠木取付を行っています。
細かい所を丁寧な仕事をしてもらっています。
外観
IMG_1815A_R_2016022610503347d.jpg

南東方向、アプローチ側からの外観です。
手前平屋部が親世帯寝室とサブの居間、一段下がった屋根が玄関、奥にLDKと水回り、2階に寝室と子供部屋になります。

親世帯寝室がアプローチに近い東になります。
敷地の中でも一番日当たりの良い場所です。
以前増築した既存建物の場所になり、もったいないと既存を残した計画のまま進めたならば日当たりの良い場所が普段使わない建物になっていたと思います。

寝室がアプローチに近いため、計画当初は少しプライバシー間に欠けるかなと思ったのですが、既存からの庭がちょうど窓を隠してくれて、敷地に下っていくとそのまま玄関へと導かれます。

写真は晩秋、11月23日の午前11時ころです。
一年で一番日が短い冬至が12月22日前後ですから、1か月後の1月20頃の日差しと同じです。
この時期でも午前中から午後の早い時間帯はすべての部屋に日差しが入ります。

IMG_1912A_R.jpg

午後2時頃になると、南にある2階建ての高さの農作業倉庫の影が伸びてき、西側に少し掛かってきます。
居間の窓には日差しが入っています。
解体した既存建物の居間は農作業倉庫に近かったため日陰になるのが早く、午後は照明を付ける生活になっていました。

IMG_2112A_R.jpg

午後3時半すぎです。
太陽が西に傾くころには、農作業倉庫の陰が伸び居間の窓を覆うようになります。
冬至の12月末頃にはもう少し早い時間に日陰になると思われますが、居間吹き抜け上の窓には陽が差し込み居間や厨房・食堂を明るくしてくれます。
以前の建物から見ると照明を点灯する時間がだいぶ遅くなったと思います。

夏は太陽高度が高くなるため、日中の暑い時間帯は軒の出が深いため影になり直接窓に日が当たることはありません。
天井断熱材
DSC02516_R.jpg
天井の断熱材が施工されています。
垂木間に高性能グラスウールを充填後、ネオマフォームを張り上げ、
野縁を断熱材用のビスで止め付けていきます。
グラスウールは付属の防湿フィルムの耳を重ね、
ネオマフォームは継手に気密テープを施工し気密を高めていきます。

DSC02505_R_20160225170227b0a.jpg
基礎断熱工事が進んでいます。
設備配管工事も床下地工事前に行いたいため、水回りから優先して施工していただいてます。

DSC02499_R.jpg
外壁杉板仕上げの箇所はタイベックを増し貼りを行います。
左官工事:外壁下地 木工事:1階床桧床板張
DSC02458_R.jpg

左官工事、外壁軽量ラスモルタル塗のラス網張準備が始まりました。
ラス網張前に窓周りや土台水切り上、コーナー部に防水紙の増し張りを行います。
その後、通気胴縁間に補助胴縁を取付てラス網張に移ります。

DSC02463_R_20160224133026e81.jpg

左官工事ラス網張前に外壁水切りや板金見切りの取り付けを行います。
木工事ラス板張も残りわずかとなりました。

DSC02478_R.jpg

室内では1階床、桧厚板張りが始まりました。
床下の放熱器を設置する床下暖房のため、下地合板を用いず根太に直接床板張を行います。
床鳴りはする事もありますが、床下の暖められた空気が室内に回るので、無垢材だけの床下になっています。

DSC02474_R.jpg

2階は内法が入り間仕切り下地まで出来ました。

DSC02471_R.jpg

ユニットバスの組み立てが終わりました。
工事中の現場で浴室のみ先に完成です。
瑕疵保険中間検査、縦胴縁
DSC02431_R.jpg
本日は瑕疵保険中間検査を行いました。
構造や雨漏り等の項目について、適正に施工されているか、
図面との相違がないか等を目視や計測、聞き取り等で検査を行っていきます。
問題はなく検査は合格です。

DSC02454_R.jpg
大工工事は外壁下地工事、縦胴縁の施工が進んでいます。
外断熱の住宅ですので、胴縁は外断熱に対応したビス(パネリードビス)を使用しています。

DSC02447_R.jpg
基礎内断熱工事も進んでいます。配管周りの切込みには後で発泡ウレタン断熱材を施工予定です。
基本設計完了2
IMG_6876_R.jpg

基本設計完了時の模型、北西側からです。
北側に厨房食品庫からの勝手口が付きます。
勝手口外には下屋を回し、外に出た時に直ぐに雨に濡れないようになっています。
生ごみの一時ストック置き場として、特に雪の降り地方では軒下があると便利です。

IMG_6868_R.jpg

北側からです。
東の平屋と西の2階建の間には玄関が入ります。
くぼんだ所が坪庭になります。
坪庭は玄関入って正面になるため、坪庭を見せる開口部を計画します。
また、坪庭に面する食堂と客間からの開口部も、玄関正面の視線とは異なる視線で坪庭を見る事が出来るようにしました。

IMG_6864_R.jpg

北東側からです。
東側は親世帯寝室とクローゼットになるため開口部は少なくなっています。
土地が東に向かって上がっているため、隣地は一段高い所にあります。
上からの視線を避けるためもあり、開口部は少なくなっています。

IMG_6889a_R.jpg

基本設計模型は外観の検討だけではなく室内の検討が出来るように、屋根と2階床が取り外されるようになっています。
図面の平面では分かりにくかった、1階と2階のつながりや立体での検討が出来ます。
窓の位置や大きさ、各部屋のつながりなど分かるようになります。
また、外からだけではなく室内から見える景色など想像できるようになります。

基本設計が終わると実施設計図面の作成に入ります。
ガレージ棟ラス板張 サッシ枠・内法取付
DSC02420_R.jpg

ガレージ棟の外壁モルタル下地のラス板張が始まりました。
住宅棟の外張断熱の左官下地と異なり、ラス板の上に防水紙とラス網張になります。

DSC02421_R.jpg

ポーチ天井の杉縁甲板張が終わりました。

DSC02424_R.jpg

室内は2階から造作工事が始まり、サッシ枠取付を行っています。

DSC02423_R.jpg

2階内法工事も始まり、部屋の間仕切りが出来てきました。

来週は2/23にユニットバス組み立てになります。
2/24から左官工事外壁塗りの下地ラス網張に入ります。
基礎断熱工事、サッシ取り付け、棟・雨押え工事
DSC02390_R.jpg
今回は基礎断熱工事を建て主工事として区分しました。
丸ノコを使うのは今回が初めてとのことなので、
開始前に大工さんに段取りやガイド等の使い方を教えていただき
断熱材を必要寸法に切断していきます。
断熱材の厚さが10cmのため表と裏から丸ノコをあてていきます。

DSC02395_R.jpg
サッシが搬入取り付けされました。
2階からは赤城山を眺めることができます。

DSC02391_R.jpg
化粧の梁や柱、束は込み栓を打ちました。

DSC02382_R.jpg
軒先換気金物は屋根に合わせてブラウン色です。
屋根下の通気層は軒先から棟へ抜けるように計画しています。

DSC02404_R.jpg
屋根工事、棟包みと下屋の雨押えが施工されました。
壁の取り合いは防水紙を250mm以上、板金を120mm以上立ち上げ、雨水の進入を防ぎます。
地鎮祭 地縄検査 仮設電柱 仮設トイレ
DSC02350_R.jpg

今月から工事が始まる「高床の家」の地鎮祭を行いました。
天候も良く暖かい日差しの中で無事に地鎮祭の儀が済みました。

DSC02340_R.jpg

地鎮祭前に基礎工事業さんが地縄を張り建物位置を出しておきます。
隣地からの離れ寸法など確認しました。

DSC02372_R_20160219133258ac1.jpg

地鎮祭後仮設電気を引き込む鋼管柱を建てます。
本設の引き込み柱に使用するカラー鋼管柱を建てます。

DSC02377_R.jpg

仮設トイレも同時に設置が終わりました。

今月末から外部設備配管工事を先行して行います。
3月より基礎工事が始まり、盛土から行います。

木工事ではプレカット施工図の打合せも始まり、3/5に最終打ち合わせになります。