建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

食器棚製作 各収納可動棚
DSC04307_R.jpg

作り付け食器棚製作が進んでいます。
正面は木製建具の引き戸が入ります。

DSC04316_R_20160430173917df6.jpg

現場つくりのオーダーキッチンもほとんど仕上がりました。
ガスコンロや食洗機設置、流しの水栓や配管など接続は竣工間際の工事になります。

DSC04312_R.jpg

収納内の可動棚設置も進んでいます。

室内木工事は5/6で終わる予定です。
スポンサーサイト
野地板張 筋交い取付
DSC04277_R.jpg

屋根は野地板張が終わりました。
野地板葺きが終わると屋根上からの景色が眺められます。

DSC04285_R.jpg

野地板葺きが終わると、木工事で行うアスファルトルーフィング葺きになります。
屋根工事で再度ルーフィングを重ねて葺くので、下葺きは2重になります。

DSC04300_R_20160430173045cc5.jpg

屋根下では筋交いと間柱入れが始まり、引き抜き耐力金物も取付が行われています。
引き続き間柱入れを進め、開口部の窓台入れに進みます。
建て主塗装工事
2016-04-30.jpg
建て主塗装工事が始まりました。
使用するのはまだ先ですが連休を利用してまとめて
軒天杉縁甲板の外部塗料塗りと室内に使用する蜜蝋ワックス塗を行います。
外部塗料は乾燥が必要なため、塗装後に立て掛けていきます。
木工事:室内完了 左官工事:ジョリパット下塗り
DSC04265_R.jpg

木工事は室内造作・ボード張が済み、大工さんの道具の片づけや清掃が終わりました。

DSC04268_R_2016043011322763e.jpg

壁や天井に張ったボードが積まれていた寝室もすっかり片付けが終わりました。

DSC04263_R.jpg

2階階段手摺やトイレも仕上がり、これから手摺木部の塗装を行います。
木部塗装は建て主さんが大工さんの工程に合わせて、取り付いた部分から塗っています。
塗装工事も建て主さんの頑張りで、順調に進み残りわずかとなりました。

DSC04274_R.jpg

外部左官工事は仕上げのジョリパット塗が始まりました。
養生後下塗りの部分補修を行い、ジョリパット下塗りを行います。
仕上げ塗は連休明け後5/7予定になります。
立上りコンクリート打設
DSC04242_R_201604281656374b9.jpg
アンカーボルト、型枠検査を終えましたので立上りコンクリートの打設を行いました。
順序良く、コンクリートを型枠内へ充填させていきます。

DSC04235_R_20160428165636ac3.jpg
コンクリートが落ち着くと、コテで天端を押さえます。
高さ調整を容易とするため天端ビスを差し込みました。

連休明けに型枠解体を予定しています。
木工事:食器棚 階段 トイレ  建て主蜜蝋ワックス塗
DSC04184_R_20160428132557ce7.jpg

作り付け食器棚工事が進んでいます。
内部棚は大工さん工事、扉は木製建具業者さん工事になります。

DSC04196_R.jpg

階段が出来上がりました。
階段巾木などの取り付けを行っています。

DSC04191_R.jpg

トイレはカウンターが取り付けれました。
トイレは幅を広くしたので正面壁に開口部を設けるのではなく、脇に縦長のスリット開口部としました。
壁は珪藻土塗になるので、縦スリットからの光が壁を明るくします。

DSC04181_R.jpg

建て主さん工事は蜜蝋ワックス塗を頑張っています。
木工事で取付た部材や現しの柱や梁などを、蜜蝋ワックスがボードにつかないように慎重に塗っています。
アンカーボルト検査
写真 2016-04-27 17 31 04_R
立上りコンクリートの打設前にアンカーボルト、型枠の検査を行いました。

写真 2016-04-27 17 03 08_R
鉄筋の通りが良いか、型枠とのかぶり寸法に問題がないかを
目視や計測により確認します。

写真 2016-04-27 17 24 44_R
土台材と基礎コンクリートをつなぐアンカーボルトの位置の検査です。
型枠にアンカーボルトを固定してコンクリートへしっかりと定着するように計画します。
木工事:2階手摺、脱衣洗面棚 左官工事:仕上げ塗準備
DSC04167_R.jpg

木工事2階は手摺のボード張が終わるとほぼ終わりになります。

DSC04169_R.jpg

木工事1階は脱衣洗面の棚や姿見枠が取り付けられました。
白く見える木部は建て主さんが壁と同じように塗ります。

DSC04154_R_20160427164514e51.jpg

外部は左官工事が仕上げ塗前の養生を行っています。
今週末仕上げの下こすりを行い、5月の連休明けに仕上げ塗に入ります。
作り付けキッチン・食器棚造作
DSC04137_R.jpg

オーダーキッチンのカウンター下仕切壁造作を行っています。
仕切や収納などの造作工事が終わるとカウンター天板を載せます。

DSC04146_R.jpg

食器棚の製作も始まりました。
大きな箱をいくつも作り組み合わせます。

DSC04139_R.jpg

キッチン骨組み工事と並行して、電気配線や設備配管工事を進めます。
システムキッチンとは異なり現場つくりのキッチンは、下地骨組みが出来ないと電気配線工事が出来ません。
木工事と電気工事のタイミングを合わせて行います。

下屋軒先
DSC04135_R.jpg

玄関ポーチと外物置の下屋屋根の垂木取付が終わり屋根の形が出来てきました。

DSC04119_R.jpg

軒先は垂木先端につなぎ部材、その外側に破風板が取り付き、上に淀・登り淀が取り付けられます。
通気垂木を留め付けると野地板張になります。

DSC04128_R.jpg

主屋根は通気垂木が留め付けられ野地板張の準備が整っています。
野地板張は今週末になります。