建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

天井断熱材 板金水切り
IMG_0144_R.jpg

天井断熱材、ネオマフォーム張り上げが進んでいます。
小屋裏収納部の天井断熱材になります。

IMG_0146_R_20160629192921ef1.jpg

居間吹き抜け部の断熱材張りです。
ネオマフォーム張り上げ後は、継ぎ手に気密テープ貼りを行います。
手前の部分は垂木間にグラスウールを充填したところです。
この下にネオマフォームを張り上げます。

IMG_0142_R.jpg

居間吹き抜けはネオマフォーム押えと天井下地の野縁留付けを行います。

IMG_0156_R.jpg

外部は通気胴縁が取り付いたので、雨押えや片棟の板金工事を行っています。

木工事は天井断熱後、野縁留付けを行い吹き抜け部の天井板張りになります。


スポンサーサイト
屋根ルーフィング 筋交い間柱入れ 
DSC06137_R.jpg

木工事で行う屋根ルーフィング葺きが終わりました。
ルーフィング葺きが終わると雨でも一安心です。

IMG_0128_R_201606291914577f5.jpg

屋根上からの景色です。
市街化調整区域のため、周囲には緑が多く遠方まで見渡せます。

IMG_0124_R.jpg

筋交いと金物取付および間柱入れが進んでいます。
建て方後の柱と梁だったのが、間柱が入りだんだんと囲われ感が出てきました。

IMG_0119_R.jpg

2階南側は下屋がかかるため、一部断熱材を先行して張り付けます。
その後タイベックシルバー張りを行い通気胴縁後、垂木掛けを留付けます。
下屋屋根が出来ると屋根板金工事になります。

木工事は外部開口部窓台入れを進めます。
室内珪藻土塗り 勝手口床モルタル 
DSC06127_R.jpg

室内珪藻土塗りが進んでいます。
居間畳コーナー方向からテレビ台・食堂方向です。

DSC06133_R.jpg

テレビ台脇階段登り口から畳コーナーから厨房方向です。
ボード色の壁はこれから珪藻土塗りになります。

DSC06129_R.jpg

階段から居間吹き抜け方向です。
白い珪藻土塗りの壁に窓からの光が反射して明るい吹き抜け空間になっています。

DSC06134_R.jpg

勝手口土間モルタル下地を行っています。
モルタル塗り厚があるため下塗り後上塗りになります。

左官工事室内は今週末で終わり、来週初めから電気器具付けが始まり、後半には床養生撤去になります。
瑕疵保険検査、群馬県産材検査
DSC06098_R.png
瑕疵保険検査、群馬県産材の検査を受けました。
瑕疵保険検査は設計審査を合格した図面通りか、適切な材や結合方法か、
雨の納まり等の検査を目視や実測、ヒヤリング等で検査員の方が現場にて検査を行います。
指摘事項はなく合格となります。

DSC06082_R.png
構造材に用いた群馬県産材の検査です。
既定の寸法や含水率を満たしているかを検査員の方が現場検査を行います。

DSC06090_R.png
寸法は120mmと通り柱150mmを使用しています。

DSC06049_R.png
設備配管工事が進みました。
今回2階にキッチン、水回りを設けたため、排水管縦管が多くなります。

DSC06102_R.png
大工工事はサッシ入れが進んでいます。

DSC06063_R.png
タイベックシルバーが一部施工されました。
重ね合わせ部分やサッシや木部との取り合いを気密テープで貼り合わせていきます。
タイベックシルバーは遮熱効果の期待できる透湿防水シートです。

DSC06055_R.png
建て主さんの塗装工事を週末に行っていただきました。
サッシ上につく部材のため、取り付け後の塗装は困難になりそうでしたので
先行して加工し塗装する流れとしました。


完成見学会を行いました。 
DSC06026_R.jpg

先週の土曜日、建て主さんのご厚意により完成見学会を行いました。

午前中から蒸し暑い日でしたが、室内は朝の涼しさが残り玄関を入ると空気が違うように感じました。
見学会に訪れていただいた方も、外より室内は涼しいですねとの感想でした。

建て主さんから分離発注のことや建て主参加工事のことなど家づくりの思い出を話していただきました。
参加者の皆さんのこれからの家づくりの参考になったと思います。

DSC06043_R.jpg

見学会の後、カーテンとブラインド取り付け作業を行いました。



室内珪藻土塗り 床タイル貼
DSC06012_R.jpg

室内珪藻土塗りが進んでいます。
2階通路も仕上がり、2階の左官工事はほぼ終わりました。

DSC06001_R.jpg

厨房天井塗りも行いました。
厨房天井は、内装制限の特例を受けるにあたり、漆喰塗りとしました。
艶消しの漆喰塗りの天井も珪藻土天井と同じに良い表情に仕上がりました。

DSC06006_R.jpg

トイレ・脱衣の床タイル張りも進んでいます。
タイルは張り上がり、目地詰めを残すのみとなりました。

室内天井壁の珪藻土塗りは、来週末でほぼ塗り上がる予定です。
その後は玄関タイル張りと外部の工事に入ります。
屋根タイベックシルバー 通気垂木 野地合板張
DSC05980_R.jpg

垂木上に遮熱性能のある透湿防水シート、タイベックシルバーを張ります。
その上に通気垂木を留付けます。
この通気垂木の空間が屋根の通気と熱気の排出に役に立ちます。

DSC05992_R.jpg

通気垂木の上に野地合板張を行います。
野地合板は目地を3尺ずらし、壁構造合板と同じ釘、同じ間隔で通気垂木と垂木に留付けます。

DSC05994_R.jpg

室内から天井を見るとタイベックシルバーの室内面が見えます。
タイベックシルバー張りが終わったので、室内に雨が入らなくなりました。

木工事は野地板張りの上にルーフィング葺きを行います。
また、下屋屋根下地工事も引き続き行います。
床根太入れ 屋根断熱
DSC05971_R.jpg

床根太入れ工事が始まりました。
床下の材料、土台・大引き・根太は桧材を使います。床下地工事中の現場は桧材の良い香りが漂っています。

DSC05975_R.jpg

居間大引入れです。
薪ストーブ設置場所は大引間隔を通常の1/2にして床補強を行います。

DSC05970_R.jpg

屋根下では垂木間にグラスウール充填工事を行っています。
さらにグラスウール下にネオマフォームを張り上げます。

木工事は根太入れ・天井断熱工事の後は、吹き抜け部の天井板張りに進みます。
外断熱材工事、設備配管工事
DSC05956_R.png
庇部分は断熱材優先のため施工前にその面の外断熱工事を先行しています。
断熱材継ぎ手や木部との取り合い、サッシ周りに気密テープを貼っていきます。

DSC05942_R.png
室内では間仕切り壁の間柱工事が進んでいます。

DSC05945_R.png
設備配管工事です。2階の排水管は消音材を巻いた配管としました。
配管ルートや大工事との取り合い位置の打ち合わせを行いました
完成見学会のお知らせ
「縁の家」完成見学会、住宅相談会のお知らせ

日 時  2016年6月25日(土) 10:00~12:00 ,14:00~16:00
 駐車スペースに限りがあります。必ず事前予約をお願いします。
場 所  吾妻郡東吾妻町(参加を希望される方は案内図をお送りしますのでご連絡下さい。)

IMG_0698_R.jpg

玄関ポーチは5.5坪の広さがありスロープになっています。
正面ドアは勝手口のドアです。勝手口からは駐車場への近道があります。
玄関はスロープを上りきったところにあり、引き戸になっています。

IMG_0697_R.jpg

勝手口からポーチ入口方向です。
左手に玄関引き戸が見えます。
正面木製格子の向こうに、ご主人実家の手入れがされた庭が透けて見えます。

IMG_0694_R.jpg

玄関を入ったところです。

IMG_0692_R.jpg

玄関から格子戸を開けると居間空間に入ります。
縦格子の向こうはテレビ台になります。

IMG_0686_R.jpg

居間からトイレ・脱衣と寝室方向です。

IMG_0687_R.jpg

階段上部の窓からの明かりが、階段と暗くなりがちな1階通路を明るくしてくれます。

白く映っている天井や壁は珪藻土塗り仕上げになっています。
床は無垢板に自然塗料のふき取り仕上げです。
外部木部から室内木部、木製建具まで自然塗料のふき取り仕上げは全て建て主さんが行いました。

ここまで塗装を行っていると、建て主さんは塗装業者さん?と思われるかもしれませんが、工事が始まって初めて塗装を行いました。
工事が進むにつれ腕も上がり、最後の木製建具を塗るときは職人さんを思わせるほどになりました。
完成見学会当日は、建て主さんから直接参加工事の話を聞くことができます。