建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外壁左官 補助胴縁
IMG_1622_R.jpg
外壁左官工事が始まりました。
まずは通気層に補助胴縁を入れていきます。
補助胴縁を入れることでラス網のたわみを防ぎ
通気層の確保とモルタルの塗り厚を均一にすることができます。

IMG_1616_R.jpg
コーナー部には防水紙を入れました。

IMG_1598_R.jpg
室内大工工事は1階の建具鴨居が施工されています。
天井と鴨居が絡むため建具から決まりをつけていきます。
スポンサーサイト
洗面カウンター・収納家具 軒樋取付
DSC07055_R.jpg

作り付け家具工事が始まりました。

DSC07046_R.jpg

洗面化粧台のカウンターです。
タモ積層版を使用し洗面器に使用する病院流しの開口を開けました。
流しは工事終盤に設備工事で設置します。
これから洗面カウンター脇の収納棚作成に入ります。

DSC07053_R.jpg

トイレ内収納棚作成に入りました。
無垢板を使い枠を組み、裏板は杉縁甲板を張ります。

DSC07038_R.jpg

外部は屋根工事、軒樋取付が終わりました。

居間
IMG_5489_R.jpg

居間から厨房方向を見たところです。
居間と厨房の仕切りはキッチンカウンター前の飾り棚兼本棚になります。
居間に座った時にキッチンが見えないような高さまで棚があり、見やすい高さの棚上部には家族の写真や思い出の品物などが並んでいます。
テーブルの周りからすぐ取り出せる位置も便利な棚になっています。

IMG_5495_R_20160830115533824.jpg

居間から食堂方向です。
居間に座った時と食堂に座った時の視線の高さが同じなので、分かれて座っていても一体感があります。

居間床に掘りごたつにした場合、床の高さと椅子の高さになり居間からは見上げるようになります。
また、居間空間を水回りへの通路として使用するため、座っているそばを動かれると落ち着いた場所でなくなります。
椅子の高さに腰かけていると、後ろを動かれてもそれほど気になりません。

IMG_5485_R.jpg

水回りへの通路方向から居間、玄関方向です。
玄関を通り過ぎて進むと親世帯居間・客間と寝室方向になります。
通路は、大家族の動線であることや将来の事を考え3尺幅より少し広くなっています。
家の中心にまっすぐな通路を取ることにより、動きやすく家事のしやすい動線になっています。

IMG_2202_R.jpg

居間上部は吹き抜けになっており、2階通路とつながっています。
畳コーナーの手前にある縦棒は畳から立ち上がる時の手摺代わりになります。
手摺だけではなく、お子さんが小さいときには登り棒となり2階との近道にもなります。



居間テーブル
IMG_5445_R.jpg

居間の中心は2.1m×1mの大きなテーブルです。
このテーブルは周囲に多くの人が座れるように2本脚で支え4隅に脚がありません。
4隅に脚がないと座った状態で移動できるため、畳の縁に腰かけてから移動できます。
年を取った時に腰かけのように使える掘りごたつ風のテーブルになります。

IMG_5496_R.jpg

ソファー代わりの畳に座って状態からテレビ方向です。
テレビの脇が玄関ホールになり、左奥方向は食堂になります。
この位置がテレビ正面の席で一番良い位置になります。
また、居間からは来客がアプローチするのも見えます。
来客からは玄関より奥になるため、居間の様子はわからなく落ち着いた場所になっています。

IMG_2322_R.jpg

夜間はテーブル上のペンダントが家族が集まりやすい雰囲気を作っています。
窓にロールカーテンが下がると一層落ち着いた場所になります。

ポーチ軒天
R0019360_R.jpg
来週からの外壁左官工事の開始を前に左官工事との取り合いになる
ポーチの軒天工事が進んでいます。

R0019363_R.jpg
外壁にポストを取り付けのため、左官工事の前に補強の下地を入れ、
建て主さんと高さの確認を行いました。

R0019368_R.jpg
室内は2階のトイレ、手洗いコーナーが進んでいます。

設備床下配管 電気室内配線
DSC07034_R.jpg

設備床下配管工事、電気床下および天井・壁配線を行っています。

DSC07020_R.jpg

給排水設備工事は床下配管工事を進めます。
床排水位置に排水管の立ち上げ工事になります。

DSC07023_R.jpg

電気床下配線です。
居間吹き抜けと階段室があり、床下が室内空間扱いのため床下の配線が多くなっています。

DSC07031_R.jpg

2階は天井裏の電気配線が進んでいます。
室内間仕切りが出来ると、壁の配線になります。
脱衣・トイレ壁張 造作工事
DSC07008_R.jpg

寝室押入れ壁と中棚工事が終わりました。
これから収納棚枠取付に入ります。

DSC07010_R.jpg

脱衣は腰壁板張りに入りました。
洗面化粧台、収納棚製作になります。

DSC07012_R.jpg

トイレは腰壁の杉板張りです。
杉板張りが終わると収納棚の製作になります。

DSC07016_R.jpg

外部は軽量モルタル下塗りが終わりました。
しばらくの間は養生期間になります。養生期間中に開口部周りや屋根取り合い部のコーコングを行います。
天井工事が進んでいます
DSC07002_R.jpg
天井、杉縁甲板の工事が進んでいます。
天井いっぱいにサッシを設けることで光の広がりを感じます。
また隣地からの視線が気になりづらくなります。

DSC06998_R.jpg
天井珪藻土仕上げの個所は野縁まで施工されています。
野縁にプラスターボードを止めつけ、珪藻土で仕上げます。

DSC06992_R.jpg
壁の杉板部分の工事が進んでいます。
給気口やコンセント、照明器具等の箇所について打合せを行いました。

室内電気配線
DSC06975_R.jpg

室内電気配線工事に入りました。

DSC06980_R.jpg

コンセントや照明器具などの配線を、天井裏や壁内、床下を通して分電盤位置まで配線します。

DSC06974_R.jpg

設備工事も床下配管を進めます。
給湯管や浴室の追い炊き配管工事が始まりました。
今週は電気配線、設備床下配管を進めます。

木工事は造作材の加工に入り、現場に入るのは9月になってからになります。
室内ボード張り 造作工事  外壁軽量モルタル下塗り
DSC06970_R.jpg

室内は珪藻土下地のボード張りと、内法や巾木などの造作工事が進んでいます。

DSC06964_R.jpg

寝室収納部の造作工事に入りました。
居間畳コーナーと収納を挟んで隣り合わせになるため、収納や床の間など背合わせで使用できるように仕切ります。
また押入れ下段は両方から使用できるようにするため、複雑な間仕切壁になります。

DSC06963_R.jpg

クローゼット壁張りになりました。
外壁に面する壁は化粧石膏ボード張りになります。室内部分は杉縁甲板張りです。

DSC06965_R.jpg

外部は左官工事、軽量モルタル塗りが進んでいます。
左官下塗りは明日までで、養生期間に入ります。