建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

親世帯寝室
IMG_1841A_R.jpg

親世帯寝室は日当たりの良い南東の角にあり、7畳の洋間になります。
以前は畳の部屋にベットを置いていたので、新しい住まいでは板の間としました。
腰壁はベットボード代わりと将来手摺が取り付けやすいように杉板としました。

IMG_1842A_R.jpg

寝室北は直接出入りができるクローゼットがあります。
左側の引き戸が出入り口になります。通路に出ると直ぐに親世帯用のトイレになります。

IMG_1845_R.jpg

寝室の引違戸を開けると親世帯の居間につながります。
寝室へは日常の出入り口としての通路からと、居間からも出入りが出来ます。
また、南の掃き出し窓からも外部から出入りができるので、遠い将来介護という事になった時でも便利です。


スポンサーサイト
居間 収納棚
DSC07346_R.jpg
居間周りの収納棚工事が進んでいます。
造り方や納まりの打合せや確認をしながら進めていきます。

DSC07349_R_201609291435070ad.jpg
脱衣収納スペースです。階段の上部を利用しています。

DSC07353_R_201609291435089a7.jpg
階段側面の仕上げです。
木製格子が取りつきます。

DSC07357_R.jpg
1階の床板工事が始まりました。
床板の張り方向や切り替え位置の打合せを事前にしています。

二間続き和室兼親世帯居間
IMG_2147_R.jpg

二間続き和室のうち南側の部屋は、親世帯の居間として使用します。
この部屋は、風除室を兼ねた玄関土間から直接入ることが出来ます。
親世帯の友人が気軽に訪ねて来られるように、子世帯の生活空間に入らなくて済むような動線も確保されています。

IMG_2141A_R.jpg

親世帯居間の隣は寝室になっています。
引き戸を開けると寝室になり直接出入りもできます。

IMG_2305_R.jpg

親世帯居間から通路を通して客間用の和室方向です。
天井までの障子を取り外すと、14畳の二間続きの部屋となります。
通路側開口部を下がり壁を付けないで天井までの大きな障子としたのは、二間続きで使用するときに天井が平らに伸びていた方が一部屋になり広く感じられるからです。

IMG_2151_R.jpg

客間と親世帯居間の間にある通路です。
日常は親世帯居間や寝室、トイレへの通路になり、両方の障子を取り外すと通路を含めた二間続きの和室になります。

写真は親世帯寝室から居間方向です。
真っすぐ進むと突き当りが脱衣室になります。
親世帯寝室から出ると、曲がることなく脱衣浴室へ行けるのは日常の動きが楽と共に、将来歩行補助器具を使う事になった時でも便利です。

二間続き和室
IMG_2128_R_20160927133013f2d.jpg

来客用に二間続きの和室を希望されました。
二間都築の和室を作る場合、床の間のある奥の部屋は客間として使用することもありますが、手前の部屋は通路兼用になる事が多く、落ち着いた部屋として使用することはあまり無いように思います。
大勢の来客がある時のみ、二間続きの和室として利用するようになってしまいます。

やまの家では二間続きとして利用することもできますが、普段の生活でも使用できる部屋として計画しました。

北側の部屋は仏壇置き場や神棚の部屋兼用で客間とします。
正面に仏壇置き場と上部に神棚、隣は押入れになります。
左の開口部外は坪庭になっています。

IMG_2123_R.jpg

坪庭方向は引違の雪見障子が入っています。
障子を下げた時は外部の明かりがほんのりと室内を明るくし、障子を上げれば窓の外に坪庭が見えます。

IMG_2137_R.jpg

入口方向です。
4本引違の障子を開けると玄関から親世帯寝室へ通じる通路になります。

IMG_2303A_R.jpg

通路の向こうの障子を開けると親世帯居間に使用する和室になります。
一番奥の障子を開けると玄関から続いている土間になります。

1階床板張 2階間仕切り造作 
DSC07335_R.jpg

木工事1階はカバ桜縁甲板張りが進んでいます。

DSC07333_R.jpg

床張りが終わったところは養生シートを敷き、その上に養生ベニヤ敷を行います。
養生シートを撤去し床が見えるのは、竣工間際になります。

DSC07339_R.jpg

2階はカバ桜縁甲板の床張りがほぼ終わり、室内造作工事に入りました。

DSC07340_R.jpg

内部間柱と引き戸の鴨居や戸当たりの取り付けが始まりました。
これから室内の間仕切りが進み、部屋の形と広さが実感できるようになります。

2階は間仕切り造作が取り付けられると、壁ボード張りに進みます。
軽量ラスモルタル中塗り 珪藻土下地ボード処理
DSC07314_R.jpg

外壁は軽量モルタル下塗り時から十分な養生期間を経て中塗りが始まりました。

DSC07318_R.jpg

中塗りは前面にファイバーメッシュを伏せ込み、ひび割れを極力少なくします。
大きな壁面の北面は、朝から始め午後3時頃にようやく塗り上がりました。
今週中頃には中塗りが終わる予定です。

DSC07323_R.jpg

内部は珪藻土下地ボードのジョイントとビス頭の処理を進めています。

DSC07320_R.jpg

薪ストーブ裏面の防火壁はブロック積が終わりました。
防火壁と床は十和田石張りになります。

大工工事が進んでいます
IMG_1732_R.jpg
室内の大工工事は仕上げ工事、棚関係の積層板の割り付けを進めています。
建物内に限りがあるため、材の納入時期をずらしながら搬入の段取りを行っています。

IMG_1730_R.jpg
外壁仕上げ色のサンプルが届きましたので、実際に現場で当ててみて確認を行いました。
階段がかかりました
DSC07310_R.jpg
階段がかかりました。
階段下を利用する収納の工事も始まります。

DSC07309_R.jpg
階段の上がりま框が施工されたので、残しておいた2階床板工事も進みます。

棚や収納関係の工事も始まっていくため、高さや納まりについての打合せを行いました。
階段工事
DSC07252_R.jpg
階段工事が始まりました。
両側の壁に階段形状に加工したササラ板を設け、
それに対して段板、蹴込板を固定していきます。

DSC07284_R.jpg
室内の間仕切り壁工事の仕上げも進んでいます。

DSC07287_R.jpg
間仕切り壁工事の進捗に合わせて電気工事、設備工事を進めます。
室内物干し2
IMG_1984_R.jpg

室内物干しは脱衣室と洗濯機から近く家事動線が短く、暖かく乾燥しやすい場所が最適になります。
冬季は家全体に床下暖房が入っているので、洗濯室も暖かく乾燥が進みます。
梅雨や秋雨の時期でも天候の良い日は風を通したい部屋です。

南面は掃き出し窓と採風ドアから風を入れることが出来ますが、反対側に抜ける開口部が必要になります。
採風ドアは脱衣室から浴室窓へと真っすぐ抜けているため、風の通りは良さそうです。

室内物干しの掃き出し窓は通路側入り口から通路を抜け、食品庫や居間食堂方向へ抜けます。
通路側の引き戸を開放にしておくと、風の通りは良いのですが通路から洗濯物が丸見えになってしまいます。
通路は来客が手洗いやトイレまで来る可能性があるので、なるべくならば見えないような工夫が必要となります。
そこで、閉めていても風が通り、かつ視線を遮るように角度を付けた縦格子を入れた木製引き戸としました。
写真のように居間通路側から室内物干し室は見えにくいようになっています。

IMG_2360_R.jpg

室内物干し室は広くても物干し場所や物干し竿がどのくらい掛けられるかによって洗濯物の干す量が決まってきます。
これはロープを引くと天井から下がってくる物干し竿(ホシ姫様)です。
洗濯物を掛けるときは低い位置で、干すときは天井に近い位置で干すことが出来ます。
また、量の多いときは高い位置の固定の物干し竿と低い位置のままにした可動物干し竿で2段に干すこともできます。

IMG_2362_R.jpg

掃き出し窓そばの壁には収納式の竿受けを取り付けました。
窓際で干したい場合に、腕木を下げると竿受けになります。

その他、天井から下げる竿受けが3組あり、可動式と窓腕木を合わせると6本の竿がかかります。
大家族の洗濯物がこの部屋だけで済み、雨の日や冬季も心配なくよく乾き、洗濯家事が楽になったとのことです。